« Alfa Romeo Brera Italia Independent Special Event | トップページ | NASCAR SPRINT CUP Rd.4 KURT BUSCH WINS KOBALT TOOLS 500 »

2010年3月28日 (日)

NASCAR SPRINT CUP Rd.3 JIMMIE JOHNSON WINS SHELBY AMERICAN

2010年 NASCAR Sprint cup Rd.3 Shelby Americanの決勝レースはネバダ州Las Vegas Motor Speedwayで2月28日に開催されました。
Las_vegas_motor_speedway_logo1_2
本日のGrand Marshalは、Carroll Shelbyと女優のKim KardaShian
でも、Carrol Shelbyしかマイク持っていませんが。
National AnthemはTerry Fatorですが、今日の空の様に澄みきったクリアな歌声に清々しさを感じるのはMcKEN-Gだけでは無いでしょう。
ポールポジションは、ここLas Vegasが地元の#2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)です。
フロントローは、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)。
ファーストラップは、フィニッシュライン直前でリードチェンジした#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)が獲得。
LAP-2に#37 Kevin Conway(ExtenZe Racing/Ford/Extenze)がスピンしてウォールにブラッシュでコーション。
LAP-6に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)、#2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)の順でリスタート。
LAP-29に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が兄貴の#2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして2位浮上。
LAP-42には#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)の直ぐ後ろにまで#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)が迫る。
その横では、#71 Bobby Labonte(TRG Motorsports/Chevrolet/TaxSlayer.com)がスローダウンでピットへ向かいます。
LAP-44にはポールスタートの#2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac / Kellogg's)にパスされて5位後退。
LAP-46には、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Amp Energy)にもパスされた#2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)は、6位後退。
ここで、#36 Mike Bliss(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/KimKardashian / Fragrance / Sephora.com)がウォールにブラッシュしてそのまま止まってしまいます。
ドライバーもマシンを降りちゃってますし。
折角のKim Kardashianのスペシャルカラーも台無しですなぁ。
当然、フルコースコーション。
このコーションは、#2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)にとっては願ったり叶ったりでしょう。
ピットでは、クルーが頑張った#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)が2番手でピットアウト。
#36 Mike Bliss(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/KimKardashian / Fragrance / Sephora.com)のマシンはレッカーでガレージへ向かいます。
ここで石見さんも言っていた様に衝撃映像が入ります。
コンクリートサーフェスの路面にコーラを撒いていますが、本当に効果あるんでしょうか?
まぁ、まじない程度でしょうけどね。
LAP-53に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)の順でリスタート。
しかし、飛び出したのはインサイドの#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)。
LAP-54にコーションランプの故障という摩訶不思議なコーション。
LAP-57に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)なの順でリスタート。
今度は、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)が飛び出しリードチェンジ。
そこへ#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)も続くが#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)も粘ります。
LAP-61に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)をパスして3位浮上。
LAP-67には早くも#48 mmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)をパスして4位浮上。
LAP-89に#77 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Mobil 1)の単独スピンでコーション。
ここで、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac / Kellogg's)のラウシュ勢がポジションを上げて来た。
LAP-93に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac / Kellogg's)の順でリスタート。
しかし、同一ラップ中に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)の右フロントとアウトサイドの#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)がコンタクトしてスピン。
Shelby_american_crash_21
そこに#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)と#2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が突っ込んでコーション。
LAP-98に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)の順でリスタート。
いいスタートをきったのは、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)ですが#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)も食い下がる。
LAPには、また例のコーションランプのこしょうでコーション。
ここでのピットで#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)がピットボックスをはみ出してタイムロス。
#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)もピットアウト時にピットインの#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Valvoline)と危うくニアミスになるところでタイムロス。
LAP-114に#82 Scott Speed(Red Bull Racing/Toyota/Red Bull)、#48 mmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)の順でリスタート。
ちなみに、#82 Scott Speed(Red Bull Racing/Toyota/Red Bull)はステイアウトです。
しかし、本日リスタートキングの#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)が飛び出しリードチェンジ。
LAP-123には、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)との2位争いに競り勝った#48 mmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリーダーの#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)に迫ります。
Completed : 1996
Distance : 1.5 miles
Shape : D-shaped oval
Banking : 20° turns
9° frontstretch
9° backstretch
Frontstretch : 2,275 feet
Backstretch : 1,572 feet
Seating : 142,000
Las_vegas_motor_speedway1
LAP-147にどうも調子が悪そうな#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が、アンダー・グリーン・ピット。
LAP-162には#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)がルーティーンピット。
LAP-200には#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がルーティーンピット。
LAP-214に#48 mmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がピットイン。
その後に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)も入って来ました。
ここでのピットでスピードオーバーの為に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)がピットスルーペナルティを受けてます。
もったいないなぁ。
LAP-229にコーション。
ここでの戦術がこの後の展開を大きく左右します。
LAP-234に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)の順でリスタート。
しかし、直後に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)がリードチェンジ。
#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)は#48 mmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)にもパスされて3位後退。
現地CM明けのLAP-242には#48 mmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)をリードチェンジ。
4タイヤと2タイヤの差が出たので#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)は道を譲った様な感じですねぇ。
LAP-264には#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Pennzoil Ultra)にもパスされた#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max / DuPont)は3位後退。
同じ2タイヤチェンジ組でもコンディションは様々ですな。
Shelby_american_win_489
結局レース前のオッズ通りに#48 mmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が逃げ切って早くも2勝目を連勝で飾りました。
Shelby_american_win_485
Average Speed: 141.45 mph
Margin of Victory: 1.874
Time of Race: 02:49:53
Lead Changes: 18
Cautions: 3-5, 47-52, 54-56, 89-92, 94-97, 109-113, 230-233
Shelby_american
218ラップもリードラップを走りレースの大半を支配したGordonでしたが、最後のピットインが明暗を分けました。
結果としてChad Knausの勝利の方程式とJ・Jの走りがガッチリ噛み合った鉄板レースとなりました。

|

« Alfa Romeo Brera Italia Independent Special Event | トップページ | NASCAR SPRINT CUP Rd.4 KURT BUSCH WINS KOBALT TOOLS 500 »

NASCAR 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Alfa Romeo Brera Italia Independent Special Event | トップページ | NASCAR SPRINT CUP Rd.4 KURT BUSCH WINS KOBALT TOOLS 500 »