« NASCAR SPRINT CUP Rd.1 JAMIE MCMURRAY WINS DAYTONA 500 | トップページ | Alfa Romeo Brera Italia Independent Special Event »

2010年3月21日 (日)

NASCAR SPRINT CUP Rd.2 JIMMIE JOHNSON WINS AUTO CLUB 500

2010年 NASCAR Sprint cup Rd.2 Auto Club 500の決勝レースはカリフォルニア州Auto Club Speedwayで2月21日に開催されました。
Auto_club_speedway_logo
Auto_club_500_andy_garcia
本日のGrand Marshalは、オーシャンズ11等で有名な俳優のAndy Garcia。
ポールポジションはDaytona 500の覇者#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)。
フロントローは、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)とEarnhardt Ganassi Racingの2台です。
しかし、スタートから飛び出したのは、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)で、リードチェンジされた#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)は、4位後退。
LAP-15にはリーダーの#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)は変わらないが、2位には#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が上がって来て#9 Kasey Kahne(Richard Petty Motorsports/Ford/Budweiser / Team USA)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)と続く。
一方、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)は、11位と沈んでいます。
LAP-25には、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)が少し下げて#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)が5位につける。
LAP-29にここまで独走て来た#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がインサイドから並び掛ける。
LAP-30には、遂にリードチェンジ。
LAP-37に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)と#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS)が入ったのを皮切りにアンダー・グリーン・ピットが始まります。
LAP-38には、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)もピットイン。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)もピットインしたことで#83 Brian Vickers(Red Bull Racing/Toyota/Red Bull)が暫定トップで5ポイントゲット。
LAP-39には、その#83 Brian Vickers(Red Bull Racing/Toyota/Red Bull)もピットイン。
これでリーダーは#66 Dave Blaney(Prism Motorsports/Toyota/Prism Motorsports)で5ポイントゲット。
LAP-43には#66 Dave Blaney(Prism Motorsports/Toyota/Prism Motorsports)を#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。
LAP-58にデブリーでコーション。
せっかくリードチェンジしてトップてピットインしたものの僅差で2番手でピットアウトの#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)。
LAP-62に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)の順でリスタート。
LAP-63に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)がリードチェンジ。
LAP-65には、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がバッテリーのトラブルでスローダウン。
LAP-79に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)のインタビュー映像が入りますが、無事にピットまで辿り着いた様ですね。
どうやらエンジンのトラブルです。
LAP-82に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)と#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)の抜きつ抜かれつの鍔迫り合いが続きます。
LAP-93に#9 Kasey Kahne(Richard Petty Motorsports/Ford/Budweiser / Team USA)の単独スピンでコーション。
Auto_club_500_pit_in_92
#9 Kasey Kahne(Richard Petty Motorsports/Ford/Budweiser / Team USA)はピットインしますが、クルーは刈り取ったグラスを取り除くのに一苦労しています。
ここでのピットでちょっとしたアクシデントが。
一番前のピットボックスの#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)のクルーが外したタイヤを取りに行こうとした所へ直ぐ後ろのピットボックスから#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)が出て来たので危うくひかれそうに。
しかし、クルーは軽快なフットワークで“ジャンプ一閃”ボンネットフードに駆け上がって事なきを得る。
いや~Good Job!!
この一件で#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)は、少しタイムロス。
とにかく無事で良かったよ。
しかし、ここでスピードオーバーと判断された#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)は、何とペナルティで最後尾に。
勿体無いですな。
尚、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)もタイヤのコントロールミスでペナルティだそうです。
LAP-98に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)の順でリスタート。
リスタート直後に#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)がリードチェンジ。
LAP-102に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。
Completed : 1997
Distance : 2 miles
Shape : D-shaped oval
Banking : 14° turns
11° frontstretch
3° backstretch
Frontstretch : 3,100 feet
Backstretch : 2,500 feet
Seating : 92,000
Auto_club_speedway_fontana
LAP-133にアンダー・グリーン・ピットが始まる。
LAP-134には#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#5もピットイン。
これでリーダーは#2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)で5ポイントゲット。
LAP-141に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)がエンジンブローでコーション。
LAP-146にステイアウトの#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)、#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)の順でリスタート。
LAP-148に#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)がエンジンブローでコーション。
LAP-154に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)、#77 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Auto Club)の順でリスタート。
しかし、直後に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)をリードチェンジ。
#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)は#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)にもパスされて3位後退。
LAP-155にはそのまま#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)が#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)をリードチェンジ。
その抜き方に怒っている様子の#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)。
LAP167には#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)が怒りの走りで#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)をリードチェンジ。
LAP-179に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)がアンダー・グリーン・ピット。
LAP-182には#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)もピットイン。
LAP-194に雨が振り出しコーションに。
LAP-201に331、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)の順でリスタート。
リスタート直後に後方で接触が有った模様でフロントスプリッターで左リアタイヤをカットされた#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Freight)がスピンしてピットインするみたいです。
LAP-209に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)をパスして#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)が2位浮上。
LAP-212にその#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)がボンネットフードから白煙を上げながらピットインします。
原因はゴミでした。
LAP-220には#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)が#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)をパスして2位浮上、
LAP-223には最後になるであろうピットインが始まる。
LAP-224に#12 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/AAA Insurance)が単独スピンでコーションに。
ここでイエローフラッグ前にピットインしたマシンの命運が分かれる。
#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)の前にコントロールラインを通過した#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)は同一ラップの最後尾になるが、それに間に合わなかった#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)はラップダウンになってしまう。
このあと、リードラップカーがピットインすることで#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)はラッキードッグパスを獲得して同一ラップの最後尾にになりますが。
ここでステイアウトの#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)はリーダーになります。
この差はえらい違いですよね。
しかし、本当に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)は強運の持ち主ですねぇ。
LAP-231に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)の順でリスタート。
LAP-235に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が引き離しに掛かります。
今日の#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)のマシンの状態からは想像出来ない仕上がりです。
Chad Knaus恐るべし。
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)と#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)の同門対決が激しさを増しながらあれほど開いていた#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)との間隔を詰めて来ます。
LAP-247には#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)は力尽きた感じですが、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)は#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)のすぐ後ろまで追い上げる。
しかし、タイヤを温存していた#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)は残り3ラップになったらグングン#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)を引き離し始める。
Auto_club_500_win_4813
残り1ラップをそのまま逃げ切った#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が地元で嬉しい今季初勝利。
このサーキットで初勝利を挙げてこれでカーナンバーと同じ48勝目だとか。
Auto_club_500_win_487
Average Speed: 141.911 mph
Margin of Victory: 1.523
Time of Race: 03:31:24
Lead Changes: 26
Cautions: 59-61, 94-97, 141-145, 149-153, 194-200, 225-230
Auto_club_500
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)はピットロードのペナルティで一時は最後尾に下げられながらも2位フィニッシュ。
レースの大半を支配して来た#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)は3位フィニッシュ。
去年までは今ひとつだったRCRが今年は台風の目になるか。

|

« NASCAR SPRINT CUP Rd.1 JAMIE MCMURRAY WINS DAYTONA 500 | トップページ | Alfa Romeo Brera Italia Independent Special Event »

NASCAR 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NASCAR SPRINT CUP Rd.1 JAMIE MCMURRAY WINS DAYTONA 500 | トップページ | Alfa Romeo Brera Italia Independent Special Event »