« NASCAR SPRINT CUP KASEY KAHNE WINS GATORADE DUEL 2 | トップページ | NASCAR SPRINT CUP Rd.2 JIMMIE JOHNSON WINS AUTO CLUB 500 »

2010年3月10日 (水)

NASCAR SPRINT CUP Rd.1 JAMIE MCMURRAY WINS DAYTONA 500

2010年 NASCAR Sprint cup Rd.1 Daytona 500の決勝レースはフロリダ州Daytona International Speedwayで2月14日に開催されました。
Daytona_international_speedway_logo
#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Amp Energy / National Guard)の順でスタート。
LAP-5にインサイドから#9 Kasey Kahne(Richard Petty Motorsports/Ford/Budweiser / Team USA)が並びかけるが#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)も簡単には譲らない。
LAP-8に#12 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Penske Racing)が単独スピンでアウトサイドのウォールにお尻をブラッシュ。
そのまま、バンクを駆け下りて来たもんだからそこへ走って来た#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row Companies)と#77 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Mobil 1)はたまったものではありませんねぇ。coldsweats01
これで、ファーストコーションに。impact
ここでのピットで4タイヤチェンジの#9 Kasey Kahne(Richard Petty Motorsports/Ford/Budweiser / Team USA)は大きくポジションダウン。down
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)はトップでピットアウトしますが、#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Amp Energy / National Guard)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)の3台がここではステイアウトなのでリーダーは穫れず。
LAP-13に#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Amp Energy / National Guard)の順でリスタート。
しかし、リスタート直後に3位リスタートの#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)が抜け出しリードチェンジ。
すると今度は#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Amp Energy / National Guard)がインサイドに駆け下りて一気にリードチェンジ。
スタンドからは黄色い歓声が上がります。lovely
LAP-15にドラフティングから外されてしまった#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)が一気にポジションを落とします。down
LAP-18に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)が#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Amp Energy / National Guard)をリードチェンジ。
LAP-27に# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が#19 Elliott Sadler(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)をパスして2位浮上。up
LAP-32には# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)もパスしてリードチェンジ。good
しかし、LAP-34に# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)は#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)、#19 Elliott Sadler(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)と続けてパスされて3位後退。down
LAP-35に# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)は再びリードチェンジ。
#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)も4位まで上がって来ています。
LAP-43には#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)をパスして2位浮上。up
LAP-45についに#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)が# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をリードチェンジ。
LAP-48には# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)と#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)が入れ替りリーダーに。
LAP-50に先頭集団はアンダー・グリーン・ピットに入ります。
ここで暫定トップになった#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)が5ポイントゲット。
しかし、この後のピットで21.5秒と手痛いタイムロス。
LAP-66に#87 Joe Nemechek(/Toyota/England Stove Works / DAB Constructors / FrontRowJoe.com)が単独スピンでクラッシュしてセカンドコーション。
LAP-70に# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)、#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)の順でリスタート。
LAP-71に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)が# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をリードチェンジ。
LAP-73に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)が#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)をリードチェンジ。
LAP-74には#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)が抜き返す。
Daytona_500_36_crash1
このあと、#36 Mike Bliss(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Wave Energy Drink)が単独スピンでクラッシュしてコーション。
ここで# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)と#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)がスプラッシュ。
#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)なんて25もポジションを上げてます。
#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)も2タイヤチェンジで12ポジションを上げる。
LAP-82に# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)の順でリスタート。
しかし、リスタート直後に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)がリードチェンジ。
LAP-84には#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が# 2 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして2位浮上。
LAP-95に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)をリードチェンジ。
続いて#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)も#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)をパスして2位浮上。
LAP-98にその#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)が遂にリードチェンジ。
#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)は#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)にもパスされて3位後退。
LAP-100には#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)は#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)もパスしてリーダーに。
Completed : 1959
Distance : 2.5 miles
Shape : Tri-oval
Banking : 31° turns
3° straights
Frontstretch : 3,800 feet
Backstretch : 3,000 feet
Seating : 168,000
Daytona_international_speedway1
現地コマーシャル明けには#34 John Andretti(Front Row Motorsports/Ford/Window World Cares)の右フロントタイヤバーストでコーション。
Daytona_500_2
LAP-123にはトラックの表面に溝が出来るトラブル発生でレッドフラッグになります。
リペアは続きますが舗装し直してすぐに走れるんでしょうか。sign02
バーナーでリペアした箇所を焼いている映像が入ります。
約1時間40分の間隔を挟んでようやくイエローフラッグに。
LAP-125に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)、#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS)の順でリスタート。
LAP-127に#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS)が#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)をリードチェンジ。
#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)は#19 Elliott Sadler(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)にパスされて3位後退。down
LAP-130には#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)が再びリーダーに。
LAP-135に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)との合体走行で#19 Elliott Sadler(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が一気にリードチェンジ。
LAP-136にはドラフティングから外された#19 Elliott Sadler(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)は一気に後退。
LAP-137には#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)と#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)の同門による息詰るトップ争いが。
LAP-142に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)がスピンでコーション。
ここでのピットで#19 Elliott Sadler(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が2タイヤチェンジでポジションを10上げてトップでピットアウト。
LAP-146に#19 Elliott Sadler(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)の順でリスタート。
LAP-148には#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がリードチェンジ。
LAP-151に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)がリードチェンジ。
LAP-159に6度目のコーション。
どうやらリペアしたトラックのアスファルトが剥がれて来たみたいですね。
Daytona_500_red_flag1
当然、レッドフラッグ。
時間かかるでしょうからドライバー達はマシンを降ります。
長い中断の後、LAP-162からイエローフラッグになります。
LAP-165にもう一度ピットインしてタイヤチェンジと給油を行います。
ここで#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)が強引に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)の前へ出ます。
危うくニアミスになるところでしたね。
しかし、#82 Scott Speed(Red Bull Racing/Toyota/Red Bull)がステイアウトしていたのでリーダーにはなれず。
LAP-169には早くも#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)がリードチェンジ。
LAP-175に#82 Scott Speed(Red Bull Racing/Toyota/Red Bull)が意地を見せて再びリードチェンジ。
LAP-184には#82 Scott Speed(Red Bull Racing/Toyota/Red Bull)は#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)にパスされて3位後退。down
LAP-185、ドラフティングから外れた#82 Scott Speed(Red Bull Racing/Toyota/Red Bull)は一気にポジションを落とす。down
LAP-186には#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)をリードチェンジ。
LAP-194にまず#19 Elliott Sadler(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)に当たり#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)は頭からウオールにクラッシュ。impact
それを避ける為にグラスに突っ込んだ#37 Travis Kvapil(Front Row Motorsports/Ford/Extenze)も制御を失いお尻からウォールに軽くコンタクトしてコーション。
LAP-198に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)をリードチェンジ。
しかし、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)がリードチェンジした直後のLAP-199に#21 Bill Elliott(Motorcraft Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)が#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)をウォールに押し付ける形になり、その後#21 Bill Elliott(Motorcraft Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)はスピン。
そこへ#26 Boris Said(Latitude 43 Motorsports/Ford/Window World Cares)が突っ込んでコーション。impact
#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)は#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)にパスされているので3位後退。down
そんな訳でグリーン・ホワイト・チェッカーで決することに。
LAP-199に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)の順でリスタート。
しかし、リスタート直後に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がリードチェンジ。
続く#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)にもパスされた#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)は3位後退。down
その#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)と接触してフラついた#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)は失速した。
同じ様に接触した#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)もアウトサイドへ膨らむ。
その隙に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)はリードチェンジし、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)も後に続く。
その時、後方で減速した#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS)に#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)、#9 Kasey Kahne(Richard Petty Motorsports/Ford/Budweiser / Team USA)と追突してピンボールの様に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)、#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Old Spice)と当たった#9 Kasey Kahne(Richard Petty Motorsports/Ford/Budweiser / Team USA)はスピン。
そこへ#38 Robert Richardson Jr.(Robert Richardson Motorsports/Ford/Mahindra Tractors)が突っ込んでコーション。impact
LAP-199に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)の順でリスタート。
さあ、泣いても笑ってもあと2LAP。
しかし、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)との合体走行で#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)があっさりリードチェンジ。
ここに来て#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)がまさかのリーダーに。
眠れる獅子がついに目を覚ます。
FAINAL LAP、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)と#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)のデッドヒートに実況の「come on Jr. !! come on !!」の絶叫に応える様に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Amp Energy / National Guard)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)と#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)の間にマシンを捩じ込んで2位浮上。up
そのまま#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)を追撃する姿にスタンドからは黄色い歓声が上がる。happy02lovely
Daytona_500_1_win_6
しかし、僅かに及ばず#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)が逃げ切りを果たす。
まさに『ファンタスティック・フィニッシュ』
Daytona_500_1_win_12
Average Speed: 137.284 mph
Margin of Victory: 0.119
Time of Race: 03:47:16
Lead Changes: 52
Cautions: 9-12, 67-70, 79-81, 118-125, 144-146, 161-168, 195-198, 200-202, 204-206
Daytona_500_52st
すぐさま元チームメイトの#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が激励のソフトタッチ。
#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)は歓喜の雄叫びを上げてドーナツターン。
Daytona_500_24_spin1
その後方では、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)が#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Toyota/Monster Energy)を巻き込むスピンでポジションを落としていた。
ヴィクトリーレーンに同じく元チームメイトのBiffleが「いいところを持っていきやがって」みたいな感じで祝福に来ています。
このあと感極まった McMurrayは思わず泣いちゃいます。crying
解説のMike Joyさんももらい泣き。weep
誰もが欲してもなかなか穫れないDaytona 500の栄冠に輝いたMcMurray。
Roush Fenway Racingから出ることになってどうなることやらとMcKEN-Gも心配しましたが、移籍後のシーズン第1戦のDaytonaで勝ったんですからJamie McMurray此処に有りを証明して見せたことになりますよねぇ。
"Congratulations. McMurray"shinegood
チームもスポンサーも一新された今後の活躍に期待したいものです。
2位でフィニッシュしたDale Jr.にも今年に賭ける執念をみた気がします。punch
中盤を支配しながら惜しくも4位フィニッシュのBowyerも「精一杯やったから仕方ないさ」といった感じでサバサバしてますね。

|

« NASCAR SPRINT CUP KASEY KAHNE WINS GATORADE DUEL 2 | トップページ | NASCAR SPRINT CUP Rd.2 JIMMIE JOHNSON WINS AUTO CLUB 500 »

NASCAR 2010」カテゴリの記事

コメント

おこんばんわ。
さっそく見に来たぞー。
では、またね。

投稿: ミモパワーOM-1 | 2010年3月13日 (土) 22時54分

ようお越し、岩おこし、また来てなー。

投稿: McKEN-G | 2010年3月21日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« NASCAR SPRINT CUP KASEY KAHNE WINS GATORADE DUEL 2 | トップページ | NASCAR SPRINT CUP Rd.2 JIMMIE JOHNSON WINS AUTO CLUB 500 »