« 静岡旅行 | トップページ | CHRISTMAS お楽しみ会 2010 »

2010年12月10日 (金)

NASCAR SPRINT CUP Rd.36 CARL EDWARDS WINS FORD 400

2010年 NASCAR Sprint Cup Rd.36 Ford 400の決勝レースはフロリダ州で11月21日にHomestead-Miami Speedwayで開催されました。
Homestead_miami_speedway_logo
Ford40088rmxx7zk5ml
2009年は出場さえすればJimmie Johnsonのチャンピオンが決定するという面白くない第36戦でしたが、今年はレースが終わるまで確定しないので新チャンピオンに期待が高まります。
ナショナルアンセムは、Bret Michaels
グランドマーシャルも、Bret Michaels。
フロントローは、#83 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)と#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)。
OPENING LAPは、いいスタートを切った#83 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が獲得。
LAP-3に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)をパスして4位浮上。
LAP-5に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#83 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をリードチェンジ。
LAP-10にに#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)は#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Insignia HDTV / Best Buy)をパスして3位浮上。
LAP-18に#00 David Reutimann(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)がウォールにヒットでコーション。
LAP-23に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#83 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)の順でリスタート。
LAP-24に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)と接触して弾かれた形の#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)がスピンでコーション。
せっかく追い上げていただけに勿体無いですね。
LAP-28に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Insignia HDTV / Best Buy)の順でリスタート。
ラップダウンこそ免れたものの同一LAPの最後尾からリスタートの#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)。
LAP-48、そんな#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)が19位まで上げて来た。
LAP-67に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)が少し早めのアンダーグリーンでピットイン。
LAP-71にリーダーの#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)もピットイン。
ここで#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がリードラップの5ポイントを手堅く獲得。
LAP-74にはリーダーは、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)です。
LAP-86には#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)が#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)のすぐ後ろの8位まで上がって来ています。
LAP-98にデブリーでコーション。
ここでのピットで+2ポジションを上げた#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)に対して#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)とのコンタクトを避けた為に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)は無念の−3。
LAP-103に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の順でリスタート。
リスタート直後に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。
LAP-105に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)が#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)をパスして2位浮上。
現地CM中に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をリードチェンジした模様です。
Completed : 1995
Distance : 1.5 miles
Shape : Oval
Banking : 18-20° turns
4° straights
Frontstretch : 1,760 feet
Backstretch : 1,760 feet
Seating : 65,000
Homestead_miami_speedway
Ford_400_spin_471
LAP-135に#47 Marcos Ambrose(JTG Daugherty Racing/Toyota/Clorox / Kleenex)の単独スピンでコーションに。
ここで#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)はエアスプリッターのリペアをして終盤に万全を期して望みます。
LAP-140に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の順でリスタート。
Ford_400_crash_204
リスタート直後に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)等とコンタクトした#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)がウォールにクラッシュでコーション。
LAP-144に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の順でリスタート。
リスタート直後に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。
LAP-147に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がリードチェンジ。
LAP-164に#7 Kevin Conway(Robby Gordon Motorsports/Toyota/Extenze)が単独スピンでコーション。
ここで#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)は-3のポジションダウン。
対する#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)は、12秒6のFINE PITを決める。
LAP-169に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)の順でリスタート。
LAP-184に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)がウォールにブラッシュしてピットに向かいますが、フラフラと姿勢制御が効かない様です。
LAP-185に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)をパスして6位浮上。
LAP-187にコーション。
Ford_400_pit_load1
ここでのピットで#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)が+2のポジションアップでトップでピットアウトですが、#83 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)のクルーと接触があった模様です。
Ford_400_penalty_291
その上、何とピットロードスピードオーバーでペナルティ。
LAP-193に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の順でリスタート。
LAP-194に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。
LAP-195に#38 Dave Blaney(Front Row Motorsports/Ford/A&W All American Food)がウォールにヒットでコーション。
LAP-199に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)の順でリスタート。
LAP-202に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)がエンジンブローでコーション。
LAP-206に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)の順でリスタート。
LAP-239に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)は早めのピットイン。
LAP-240に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)も入ります。
LAP-244に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Shell / Pennzoil)とコンタクトした#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)がインサイドのウォールにクラッシュでコーション。
Ford_400_fire_181
マシンは漏れたガソリンに引火して炎に包まれます。
LAP-251に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)の順でリスタート。
対する#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)はbad luckで後方に沈みます。
残り少ないラップではもう逆転は無理でしょう。
Ford_400_win_99_3
結果、1、2位の順位は変わらず#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がRd.35 Phoenixに続く2連勝。
Ford_400_win_99_1
Time of Race: 3 Hours, 9 Minutes, 50 Seconds.
Average Speed:126.585 Mph
Margin of Victory:1.608 second(s)
Caution Flags: 10 cautions for 41 laps. [Beneficiary in Brackets] 19-22 (Car #00 Accident Turn 4 [None]); 25-27 (Car #11, 16 Accident Backstretch [None]); 99-102 (Debris Backstretch [14]); 136-139 (Car #47 Spin Turn 4 [31]); 141-143 (Car #20, 42 Accident Backstretch [82]); 165-168 (Car #7 Spin Turn 4 [13]); 188-192 (Debris Frontstretch [88]); 196-198 (Car #38 Accident Turn 4 [47]); 202-205 (Oil On The Track [34]); 244-250 (Car #18, 29 Accident Frontstretch [14]).
Lap Leaders: 22 lead changes among 8 drivers. Kahne 1-4, Edwards 5-19, Yeley 20, Edwards 21-69, Burton 70, Johnson 71, Stewart 72, Truex Jr 73-98, Edwards 99, Truex Jr 100-102, Edwards 103-127, Truex Jr 128-135, Edwards 136, Truex Jr 137-139, Edwards 140-146, Truex Jr 147-164, Edwards 165-188, Truex Jr 189-192, Edwards 193-206, Kenseth 207, Edwards 208-240, Kahne 241-246, Edwards 247-267.
Ford_400
18364dc6923a461faaebf296bfdbc874ash
Ford 400で冠スポンサーのFordのマシンが優勝で有終の美を飾ったEdwardsは、恒例のバックフリップを決めたあとスタンドに突入してファンと歓びを分かち合います。
その後のインタビューでも「バックフリップで脚を痛めたけど、Aflacの保険があるから大丈夫だね」とトークの方も絶好調。
F3bfd4df179949f7a889845993d9d916ash
一方、最多勝を挙げながらも惜しくもチャンピオンに-39と僅かに届かずランキング2位のHamlinですが、今年のチャレンジが2011年に実を結ぶことでしょう。
A2a65f7090804b30855b28784651a857ash
そして、ランキング3位で念願のタイトルには手が届かなかったHarvickですが、2011年は慣れ親しんだShell / Pennzoilカラーに別れを告げ2011年からは、Budweiserカラーで心機一転の活躍に期待しましょう。
Ford_400_48_champion_5
これでJ・Jの前人未到、空前絶後の大偉業Sprint Cup 5連覇が確定しました。
チェッカーを受けた瞬間、いつも冷静なJ・Jが「アンビリーバボー‼」と歓喜の雄叫びを上げる。
Congratulations. J・J。
1122johnson_edwards_homestead1
Ford_400_48_champion_18
Ford_400_48_champion_13_2
Ford_400_48_champion_15_2
Sprint_cup_champion_2010

|

« 静岡旅行 | トップページ | CHRISTMAS お楽しみ会 2010 »

NASCAR 2010」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 静岡旅行 | トップページ | CHRISTMAS お楽しみ会 2010 »