« Italian Job 2012 vol.2 | トップページ | NASCAR SPRINT CUP EXHIBITION DALE EARNHARDT JR. WINS SPRINT SHOWDOWN »

2012年6月 2日 (土)

NASCAR SPRINT CUP Rd.11 JIMMIE JOHNSON WINS BOJANGLES' SOUTHERN 500

2012年 NASCAR Sprint cup Rd.11 Bojangles' Southern 500の決勝レースはサウスカロライナ州Darlington Racewayで5月12日に開催されました。
Darlington_too_tough_to_tomo
Daytona 500以来2戦目となるDanica Patrickですが、2周目でクラッシュした悪夢を払拭する走りが披露出来ますでしょうか?
そんはDanica Patrickのインタビューです。
ー ダニカ・パトリックにお越し頂いています。今夜のレースに期待することは何でしょうか?
Patrick : 落ちついて行くことね、もちろんいい走りがしたいけどすごく難しいのは分かっているわ。昨夜のネイションワイドでは満足できたけどカップシリーズは全く新しい世界だわ。他のドライバーは皆速いし、マシンの難しさのレベルもネイションワイドとは違う。どちらを優先させるかは議論してもらってかまわないけど、思っていることは二つあるわ。一つ目は今まで通りリスペクトを失わずにスピードを出して攻めて行くということ、二つ目はフィニッシュすることね。とにかく私はいい走りがしたいの、最後まで走り切ってカップカーでのフルディスタンスを体験したいわ。
ー 昨日はダーリントンストライプをつけていましたが、その後のネイションワイドのレースを見る限り自信を持っていいのでは?
Patrick : ありがとう、昨日のレースを終えて実際少し気分は軽くなったわ。プラクティスに比べてレースでは少しペースが落ちてマシンをケアしながら走ることができた。ウォールにヒットもしたけど、タイヤの事もより理解できたのも大きいわ。一度ターン③④をいい感じパワースライドできたのに直後のターン①②ではルースになってしまった。順位を落としてタイヤをクールダウンさせたけど、こういった努力が基本だと感じているわ。カップカーは馬力も違うし、ターン侵入速度も速くてより難しいけどやりきっていい結果を出したいわ。
ー あなたは昨日、カップカーとネイションワイドのマシンの中で都合8時間過ごしました。今夜はこれから4時間です、どんな準備をしてきて今どんな気分ですか?
Patrick : 5時間かかると思っていたから4時間なら嬉しいわ。昨日の8時間は少し大げさだけど昨夜のレースは通常より短くて、今夜のレースは通常より長いわね。だからやっぱり違うわ、長いレースは何回やったかしら・・・?インディ500が7回とデイトナ500が1回、デイトナは走りきれなかったけどね、500ラップのレースはあまり経験が無いけど長いレースは長いレースで楽しめているわ。2週間後のコカコーラ600を考えても今夜の経験は素晴らしいものになるはずよ。
ー 最後の質問です、来シーズンはフル参戦ですか?
Patrick : お望みならね。というのは冗談だけど、フル参戦は私の一つのゴールだわ。全てうまくいって欲しいし、ダーリントンのような難しいコースでのレースは将来につながるはずよ。
頼もしいコメントですが、現実はまだまだ厳しいようですよ。
Bojangles_southern_500_jack_roush1
本日は、セレモニーの前に木曜日に亡くなったCarrol Shelbyの黙祷が行なわれます。
Bojangles_southern_500_cale_yarboro
今日のDenny HamlinのマシンのカラーリングはCale Yarboroughに縁のスペシャルカラーです。
ナショナルアンセムは、Casey Weston
グランドマーシャルは、母の日ということでSprint Cup Momsの皆さん。
フロントローは、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)と#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)。
#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)が好スタートでOPENING LAPを獲得。
LAP-28に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)が#10 Danica Patrick(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/GoDaddy.com)をラップバック。
LAP-47に#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Rockwell Tools)が#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)をパスして2位浮上。
ここで#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が少し早めのピットインでスケジュールピットがスタート。
LAP-51に#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Rockwell Tools)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がピットイン。
現地CM明けのLAP-73にはリーダーは#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)に変わっていますが、リードチェンジきれて3位後退。
LAP-81に#10 Danica Patrick(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/GoDaddy.com)は2LAPダウンに。
2回目のスケジュールピットの間に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。
あと1勝に迫りながらも足踏み状態のHendrick Motorsportsの通算200勝を飾るのはJ.Jなのでしょうか?
LAP-145に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)が3回目のスケジュールピットに入ります。
LAP-148にはリーダーの#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)もピットイン。
LAP-172にデブリーでコーション。
LAP-180に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)の順でリスタート。
#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)が好スタートでリードチェンジ。
Completed: 1950
Distance: 1.366 miles
Shape: Oval
Banking: 25° turns 1-2, 23° turns 3-4, 6° frontstretch, 6° backstretch
Frontstretch: 1,229 feet
Backstretch: 1,229 feet
Seating: 63,000
Darlington_raceway
LAP-189に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。
LAP-192に#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction Services)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger / AARP)をパスして8位浮上。
LAP-193に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger / AARP)の左リアタイヤがフラットタイヤでスローダウンで緊急ピットイン。
ここでコーションが出されます。
ここでのピットを#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Rockwell Tools)が2タイヤチェンジをチョイスでトップでピットアウト。
LAP-200にステイアウトの#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/Sport Clips)、#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Rockwell Tools)の順でリスタート。
#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Rockwell Tools)が好スタートでリードチェンジ。
LAP-205に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger / AARP)にまたまたトラブル発生。
LAP-221に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger / AARP)のマシンはとうとうガレージへ。
LAP-230にデブリーでコーション。
#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/Sport Clips)がトップでピットアウト。
LAP-236に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/Sport Clips)、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)の順でリスタート。
#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)をパスして2位浮上。
LAP-237に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)をパスして3位浮上。
LAP-244に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)は#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)にもパスされ5位後退。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)にもパスされた#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)は6位後退。
ズルズル落としていきますねぇ。
現地CM中に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)をパスして4位浮上。
LAP-258#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)をパスして6位浮上
LAP-280にはスケジュールピットが始まっています。
ピット入口でコーンを飛ばしてしまい#10 Danica Patrick(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/GoDaddy.com)がピットスルーペナルティ。
ピット出口では#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/Sport Clips)が僅かに前でしたが、#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Scott Products)が邪魔になってしまい#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がリードチェンジ。
LAP-291に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)をパスして3位浮上。
LAP-295に28LAPダウンで#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger / AARP)がようやくコース復帰。
LAP-297に#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Rockwell Tools)が#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)をパスして8位浮上。
LAP-298に#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Scott Products)がスピンでコーション。
ここでのピットで#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がクラッチトラブルで手痛いタイムロス。
LAP-304に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)の順でリスタート。
リスタート直後に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)をパスして2位浮上。
LAP-307に#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row / CSX "Play it Safe")のスピンでコーション。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)はステイアウトを選択。
燃料計算にミステイクはないのでしょうか?
LAP-312に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)の順でリスタート。
LAP-313に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)がリードチェンジ。
Bojangles_southern_500_spin_22_11
LAP-316に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Allstate)にコンタクトされた#22 AJ Allmendinger(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が仲良くスピンでコーションに。
ここでも上位陣はステイアウトを選択。
LAP-320に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)の順でリスタート。
LAP-321に#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M / OH / ES)をパスして4位浮上。
LAP-325に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。
LAP-331に#32 Reed Sorenson(FAS Lane Racing/Ford/Southern Pride Trucking)がスピンでコーション。
ここで#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)がピットインするのかと思わせるフェイクを見せます。
LAP-335に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Allstate)の順でリスタート。
リスタート直後に#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)をパスして2位浮上。
Bojangles_southern_500_spin_51_392
LAP-361、ここまで炎の走りで上位をキープしていた#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction Services)でしたが、度々ブラッシュしていたせいかスピンでコーションに。
これを避けようとした#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Wix Filters)もスピンしてインサイドのウォールにヒット。
このコーションはステイアウトしている上位陣には恵みのコーションラップになりますね。
しかし、デブリーがあるということで1LAP増えてGREEN-WHITE-CHECKERDになります。
ここでChad KanausとRick Hendrickのマジかよってな感じの映像が入ります。
残り2周を#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が好スタート。
#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/Sport Clips)が#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)をパスして2位浮上。
しかし、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が2位以下をグングン引き離します。
Bojangles_southern_500_win_4810
そのまま余裕で逃げ切った#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が今シーズン初優勝でHendrick Mortorsportsに記念すべき通算200勝目をプレゼントしました。
Bojangles_southern_500_win_4831
Time of Race: 3 hour, 45 minutes, 25 seconds.
Average Speed: 133.802 mph.
Margin of Victory: 0.781 seconds.
Caution Flags: 8 for 38 laps
Lead Changes: 22 among 8 drivers
Lap Leaders: G. Biffle 1-48; K. Kahne 49; J. Johnson 50; L. Cassill 51; Kyle Busch 52-72; G. Biffle 73-98; D. Hamlin 99-100; J. Johnson 101-172;
Kyle Busch 173; J. Johnson 174-179; Kyle Busch 180-188; J. Johnson 189-194; Kyle Busch 195; D. Hamlin 196-199; K. Kahne 200-231; D. Hamlin
232-280; D. Earnhardt Jr. 281; M. Truex Jr. 282-298; D. Hamlin 299; M. Truex Jr. 300-307; J. Johnson 308-312; Kyle Busch 313-324; J. Johnson 325-368.
Bojangles_southern_500
Bojangles_southern_500_win_4830
ー 長い道のりでしたが、ここダーリントンで通算200勝達成です。
Hendrick : 今日は、入院中の親友を病院に残して来たんだ。今頃、医者から聞いて喜んでくれているだろう。全てのドライバーとクルーチーフに感謝したい、君やDW、ジェフリー・ボダインを始めとする皆にもね。200勝したなんて信じられないし、199勝から本当に時間がかかったよ。亡くなった人もいるけど皆の事を思い出している、皆の力で勝ち取った200勝さ。盛大にパーティするよ。
ー チェッカーを間近にピットボックスから去って行きましたが、感傷的になっていたのでしょうか?
Hendrick : あの場に居たたまれなくなって出るしかなかったんだ。皆“燃料は持つ”って言っていたけど、信じられなかったからさ。いい走りをしながら最後にツキに見放されることも多かったしね。サポートを続けてくれるファンにも感謝しているよ、チームにとって本当に大きな事を達成できた。妻のリンダはさっきここを去ってしまったんだ、この場に一緒にいれなくて残念だね。痺れたけど終わってくれて嬉しいよ、これであと何勝かはすぐ勝てるだろう。長い間ジョンソンのサポートしてくれているロウズを始め全てのスポンサーにも感謝してる。話過ぎてるかい?
ー 大丈夫ですが・・・
Hendrick : 亡くなった全ての関係者を想い出していたよ、クリフの事を想っていたんだ。チーム関係者に対してと同様に彼にも敬意を払っていたよ。
本当におめでとうございます。
通算100勝目はJeff Gordogが勝ち、200勝目はJimmie Johonsonが勝った。
次の目標は、Richard Petty Motorsportsの記録ですね。
Bojangles_southern_500_win_4821
ー ヘンドリックの通算100勝目は2001年6月ブルックリンでJ・ゴードンが父の日の週末に成し遂げました。通算200勝を達成した記念の瞬間です、伝統のサザン500は最高の舞台でした。特別な勝利になりましたね。
Johnson : 間違いないね、リックは面白いよ。“200勝もいいけど、次は250勝だ”ってさ。彼がすでにどこを向いているか分かるよね、好きだよ。マシンは本当に速かったね、チャドを始めとするチームのみんなが素晴らしいマシンを仕上げてくれた。レース中にピットサイクルを下げたけど、素晴らしいマシンのおかげで勝てたよ。
ー 同じヘンドリックエンジンのチャンピオン、スチュアートと並んでのリスタートがありました。その後の燃費の件など終盤は色々なドラマが起こりましたね。
Johnson : まさにさ、燃費レースではスチュアートにかなわないからね。だから細心の注意は払っていたよ、ミラーで彼の動きを確認してペースを合わせていたんだ。十分な燃料をセーブしていることを願っていたけどいい仕事ができたね。スチュアートやカイルなど多くのいいドライバーがこのレースを勝ちたがっている。自分にとっても本当に特別なレースなんだ、素晴らしいレーストラックだしね。自分の母や妻、義理の母はもちろん全ての母親に“Happy Mothers day”と送りたいね。明日、ゆっくり勝利に浸るよ。
ようやく今シーズンの初勝利を決めたJ.Jですが、まだまだ片目が開いただけです。
でも、昨シーズン取りそこねたチャンピオンを取り戻す土俵に上がったばかりともいえますね。
Bojangles_southern_500_shakehand1
Tony Stewartも祝福に来ていましたね。
そんな、ビクトリーレーンの華やかな雰囲気とはかけ離れ、ピットロードではRyan Newmanのガスマンが殴りこむ“場外乱闘”があったようです。
6172x
Bojangles_southern_500_angry_512
6171x
Bojangles_southern_500_angry_511
NASCARらしいですけど、新たな火種に発展するのでしょうか?


|

« Italian Job 2012 vol.2 | トップページ | NASCAR SPRINT CUP EXHIBITION DALE EARNHARDT JR. WINS SPRINT SHOWDOWN »

NASCAR 2012」カテゴリの記事