« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月22日 (水)

NASCAR SPRINT CUP Rd.19 KASEY KAHNE WINS LENOX INDUSTRIAL TOOLS301

2012年 NASCAR Sprint cup Rd.19 Lenox Industrial Tools 301の決勝レースはニューハンプシャー州New Hampshire Motor Speedwayで7月15日に開催されました。
New_hampshire_motor_speedway_logo4
ここまで1勝しながらも、チェイス進出は流動的なKyle Buschのインタビューです。
ー チェイスまで残り8戦でスタンディングはトップ10圏外です、チェイスまで どうアプローチしていきますか?
Ky.Busch : 今シーズンここまでと変わらないよ、レーストラックに出て ベストを尽くきていくだけさ。マシンは最高に速いんだ、レースが楽しみだよ。勝てれば一番いいけど、しっかりアジャストしていって 上位フィニッシュでも十分さ。それを繰り返していけば、スタンディングも10位以内に浮上するはずだよ。
Lenox_industrial_tools_301_pole_181
そんなKyle Buschが今日のポールシッターです。
続いて2011年の覇者Ryan Newmanです。
ー 昨シーズンのこのレースでは スチュアートハース初の1、2フィニッシュを決めました。今年はどうでしょうか?
Newman : 今年も 昨年同様いい状態さ、右リアタイヤが新しくなったぶん 違いはあるけどね。しっかり適応できていると思うよ、予選は6番手だったし マシンはいい。ピットボックスもいい位置を確保できたし、昨年勝てて 今年勝てない理由はないね。
ー 昨年は左タイヤを1回しか 替えませんでした、今年も同じ作戦でいきますか?
Newman : イエローのタイミングやその時の状況によるよ。ここはトラックポジジョンが本当に大事になってくるんだ、今日もそこは変わらないんじゃないかな。
ー 昨年のレースでは119周をリードしました。今年も同じように 他を圧倒していきますか、それとも序盤は静かにいきますか?
Newman : 出来る事なら 昨年と同じがいいね、でも 他を圧倒しながらもタイヤやマシンをケアしていかないといけない。ここは本当にタフなトラックだからね、どうなるかは お楽しみさ。
現在、1勝は挙げているもののスタンディングは15位ですからもう1勝欲しいですね。
次は現在スタンディング7位のDenny Hamlinのインタビューです。
ー クルーチーフのダリアン・グラブが第2子誕生により金曜日から昨日まで ノースカロライナに緊急帰宅していました。チェイスまで残り8戦となりましたが、現状について聞かせて下さい。
Hamlin : レースエンジニアのマイク・ウィーラーとは ルーキーイヤーからずっと一緒に仕事をしているんだ。自分がどんなアジャストを好むか知り尽くしているから、クルーチーフの不在も問題なかったね。まだスタンディング上位ではないけど、今日のマシンはアジャストも決まっていて 速いんだ。プラクティスより暖かいので コンディションの変化に気を付けていけば、今日はずっと上位を走れるはずさ。
ー マシンがいいだけに 攻めていけばチェイス争いには裏目と出る可能性もありますが・・・?
Hamlin : ここまでのところは うまくいっている、2勝をマークして チェイスは いけると思っているよ。でも まだ11位からは44ポイントしか離れていない、油断は出来ないよね。だから もう1勝を狙って リスクを冒すのは間違いではないと思っている。今日はチャンスのある一日だと思っているよ。
Hamlinももう1勝してチェイス進出を確実なものにしたいですね。
ナショナルアンセムは、Emma Joanisさん。
グランドマーシャルは、Darrell Bates。
フロントローは、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)と#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)。
いつもの様に好スタートの#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)が楽々ORENING LAPを獲得。good
LAP-9に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)が#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)をパスして2位浮上。up
LAP-28に#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)が#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)をパスして2位浮上。up
LA-35に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)をパスして5位浮上。up
LAP-38に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard 'An American Salute' / Diet Mountain Dew)が#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)をパスして6位浮上。up
レースはノーコーションですので、アンダー・グリーン・ピットが行われますが、ここでアクシデント発生。
右リアタイヤのナットを落とすケアレスミスで焦った#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)がピットスピードオーバーのペナルティを受けて21位まで後退。down
あ~勿体無い。sad
これでリーダーは#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)です。
LAP-89にデブリーでコーション。impact
ここでストラテジーが分かれて#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)がステイアウト。
LAP-94に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)の順でリスタート。
#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)がリスタートをしくじった#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)をリードチェンジ。up
LAP-98に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)をパスして3位浮上。up
Jeff Gordonの紹介VTRのあと#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)をパスして2位浮上。up
LAP-148に早めのスケジュールピットが始まっている様です。wrench
Completed: 1990
Distance: 1.058 miles
Shape: Oval
Banking: 9° / 7° turns (variable), 1° straights
Frontstretch: 1,500 feet
Backstretch: 1,500 feet
Seating: 93,521
New_hampshire_motor_speedway4
LAP-154にリーダーの#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)がピットイン。wrench
LAP169に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)をパスして3位浮上。up
LAP-190にデブリーでコーション。impact
ここでのピット、2タイヤのチームが多い中で#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)は4タイヤチェンジをチョイス。
#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)はステイアウトです。
LAP-197に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)の順でリスタート。
リスタート直後に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)がリードチェンジ。up
LAP-198に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard 'An American Salute' / Diet Mountain Dew)とコンタクトした#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がポジションを下げると#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser Folds of Honor)、#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara
ge.com
/ Aaron's)がグイっと前に出ます。
LAP-201に#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)が#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして8位浮上。up
#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)もこれに続いて9位浮上。up
LAP-231に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がピットイン。wrench
Lenox_industrial_tools_301_pit_in_1
ここでのピットでも#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)がピットボックスをはみ出して痛いタイムロス。wobbly
LAP-233に#10 David Reutimann(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/CarportEmpire
.com
/ TMone.com Call Centers in America)のエンジンブローでコーションが出ます。impact
ここでのピット、2タイヤのチームが多い中で#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)は4タイヤチェンジをチョイスで出遅れた。bearing
これで13位までポジションを落としてしまいます。down
替わってトップでピットアウトしたのは、#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)。
LAP240-に#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard 'An American Salute' / Diet Mountain Dew)の順でリスタート。
リスタート直後に#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)が#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard 'An American Salute' / Diet Mountain Dew)をパスして2位浮上。up
LAP-243に#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Aspen Dental)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser Folds of Honor)をパスして4位浮上。up
LAP-244に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)が#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/NESN)をパスして11位浮上。up
LAP-245に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)が#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Batteries)をパスして10位浮上。up
LAP-257に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)が#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford /3M)をパスして5位浮上。up
LAP-271には炎の追い上げで4位まで上がって来た#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)。
LAP-272、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard 'An American Salute' / Diet Mountain Dew)をあっさりパスして#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)が3位浮上。up
LAP-280に、とうとう2位まで上がって来た#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)。up
LAP-297、ついに#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)の直ぐ後ろまで迫って来た#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)。up
さあ、残り5周の一騎打ちです。
FINAL LAPを前に鬼気迫る走りの#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)でしたが、追い上げもここまで。
Lenox_industrial_tools_301_win_55
トップに立ってからというもの危な気無い走りで最後まで走り切り#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)が今シーズン2勝目です。goodmotorsportsshine
Lenox_industrial_tools_301_win_55_2
Race Statistics
Time of Race: 02 hour, 44 minutes, 24 seconds.
Average Speed: 116.226 mph.
Margin of Victory: 2.738 seconds.
Caution Flags: 3 for 15 laps
Lead Changes: 16 among 8 drivers
Lap Leaders: Kyle Busch 1-66; D. Hamlin 67; J. Gordon 68; J. Johnson 69; Kurt Busch 70-71; D. Hamlin 72-89; J. Gordon 90-93; D. Hamlin 94-153;
J. Johnson 154; B. Keselowski 155-156; Kyle Busch 157; D. Hamlin 158-190; B. Keselowski 191; Kyle Busch 192-196; D. Hamlin 197-234; C. Bowyer 235;
K. Kahne 236-301.
Lenox_industrial_tools_3012
ー トラックポジションが大事なキーになったレースでしたが、どうやって順位を上げてきたのでしょうか?
Kahne : ケニー・フランシスを始めとするチームのみんなが素晴らしい仕事をしてくれた。トップ5圏内を走り続けられたけど、ハムリンのマシンが一番速かったね。とにかくマシンが最高だったよ、レースを通して バトルに競り負けることがなかった。ピットストラテジーも決まって、ポジションを上げられたおかげで 勝てたよ。
ー ハムリンの追い上げが ミラーで見えたと思いますが、どんな心境だったのでしょうか?
Kahne : 目の前の周回遅れのマシンに集中していたんだ、素早くパスしようと思っていたら ターンでルースになってしまったんだ。そこでハムリンに一気に迫られたけど、そこから 彼のポジションをケアしていくようにしたよ。リードが大きかったので 楽だったけどね。メインスポンサーのファーマーズ インシュアランスに初勝利をプレゼントできたのは良かったよ。速いマシンを用意してくれた、全てのスポンサーに感謝している。
Lenox_industrial_tools_301_win_513
ー これで2勝目です チェイスも見えて来ました、力強いチームになってきましたね?
Kahne : 今シーズンはずっと強かったと思っているよ、最後の詰めがよくなかったことが多かったね。この勝利を境にトップ10、トップ5を連発していきたい、まだチェイスを確定させた訳じゃないけど 有利になったのは確かさ。これからのレースが待ち遠しいね。
これでようやく名実ともにHendrickの一員と胸を張って言えますね。happy01
Lenox_industrial_tools_301_win_511
ピット戦略が明暗を分けながらも、炎の追い上げで見事2位FINISHのDenny Hamlinです。
ー 最後は13位から2位に上がる激走を見せました、ピットロードで順位を落としたのが痛かったですね?
Hamlin : ミスコミュニケーションが原因さ、ダリアン・グラブには“必要なのはタイヤさ”と伝えていたんだけどね。4タイヤが必要だったんだ、完全なミスコミュニケーションだよ。それでも勝てるチャンスがあったなんてね、前のマシンを素早くパスしきれなかった。あと少しだったけど チームの努力を誇りに思う、ロードンでの 今までのベストマシンだった。9月のレースで頑張るよ。
ー フラットな1マイルトラックは9月のロードンだけでなく フェニックスもあります、今シーズンは このタイプのトラックで成績が上がりましたね。
Hamlin : 今シーズンは無駄なクラッシュをしていないからね、それだけは 僕からチームに対して誇れることかな。今シーズンは 全てがうまくいっているね、マシンもどんどんよくなっているし ここまでの出来には満足しているよ。
惜しくも逆転優勝はなりませんでしたが、明日に繋がるいい走りを見せましたね。confident

| | コメント (1)

2012年8月 8日 (水)

NASCAR SPRINT CUP Rd.18 TONY STEWART WINS COKE ZERO 400 POWERED BY COCA-COLA

2012年 NASCAR Sprint cup Rd.18 Coke Zero 400 powered by Coca-Colaの決勝レースはフロリダ州Daytona International Speedwayで7月7日に開催されました。
Daytona_international_speedway_logo
NASCARからA.J Allmendingerがドーピング検査で陽性反応が出て出場停止という衝撃ニュースが発表されました。coldsweats02
Coke_zero_400_setting1
そんな訳で急遽代替ドライバーとしてSam Hornish Jr.が乗車するのに合わせて大急ぎでシートのセッティングをやっとります。coldsweats01
今日はデイトナなので、リストリクタープレートレースと相性のいいDale Earnhardt Jr.のインタビューです。
ー ポイントスタンディング2位のデイル・アーンハートJr.です。リストリスタープレートレースではキャリア7勝しています。前回 このレースで勝利した時は13番グリッドスタートでした、今日は24番グリッドからですが 何をしなくてはいけませんか?
Earnhardt Jr. : 少しの運と いい動きが必要だね、うまく動いていけば 勝つチャンスだってあるだろう。ドラフティングがどう作用するかや マシンにもよるけど、賢く動いて ファイナルラップまでにトップ3にいたいね。そしてターン④を出てのラストランで勝負だよ。
Coke_zero_400_pole_174
続いてDaytona 500のWinnerでもあり、今日のポールシッターでもあるMatt Kensethです。
ープレートレースの予選では エンジンやその馬力が重要になります、今日のあの速いマシンなら前向きに臨めますね。
Kenseth : そうだね。今シーズンは チームスタッフが素晴らしい仕事をしてくれている。ダグ・イエイツとエンジンショップのみんなもマシンを速くするために テストを重ねてくれた。今日のマシンには期待しているんだ。今シーズンのプレートレースはここまで2レース 勝利と3位さ。その上 今日はポールポジションからスタートする、レースが始まれば チームがどれだけやってくれたか お見せするよ。
ー我々はパックレースを期待していますが、最後数周は どうなると予想しますか?
Kenseth : まずレース序盤は ビッフルと二人でうまく走っていきたい、上位をキープして 多くのラップをリードしたいね。とにかくトラブルには巻き込まれないようにするよ。
さあ、春夏スイープなりますかどうか?confident
ナショナルアンセムは、キャスターのRobin Meadeさん。
グランドマーシャルは、Bobby Bpwden。
フロントローは、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)と#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Aspen Dental)。
ここで#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)のクルーチーフJimmy Fennigのインタビューです。
ー 先ほどケンゼスは“上位をキープし続ける”と言っていました、なぜ常にキープなんでしょうか?
Fennig : ここには勝ちにきたからさ。ケンゼスも自分も 上位をキープし続けることで一致している、全ラップリードすれば 勝利決定だろう。
そりゃまあ、そうですけど。coldsweats01
まず、OPENING LAPは、予想通り#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)のサポートを受けた#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)が獲得。good
LAP-27を過ぎても依然としてレースに動きはありません。
LAP-41に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)が早めのピットイン。wrench
LAP-43にはリーダーの#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)も入ります。
#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)、#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Subway)の順でピットアウト。
現在のリーダーは#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Batteries)。
LAP-45にシングルファイルから#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)が離脱。
その前にRoush Fenwayの3台が出ます。
そして、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)の後ろには#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)も来ました。
Roush & Hendrick連合軍がリーダーに迫ります。dashdash
LAP-49に#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)のサポートで#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)がリードチェンジ。up
ここに#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Subway)は続けません。despair
LAP-53に#55 Michael Waltrip(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)の前に出て、#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Subway)が外されます。
LAP-55、今度は#55 Michael Waltrip(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)が外されます。
Completed: 1959
Distance: 2.5 miles
Shape: Tri-oval
Banking: 31° turns, 3° straights, 18° tri-oval
Frontstretch: 3,800 feet
Backstretch: 3,000 feet
Seating: 147,000
Daytona_international_speedway1
Coke_zero_400_spin_221
LAP-81に#22 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil-AAA)のスピンでファーストコーション。impact
ここでのピットでアクシデントが発生。impactcoldsweats01
Coke_zero_400_pit_accident_392
Coke_zero_400_pit_accident_393
#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)とコンタクトした#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Aspen Dental)が#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)とも接触してくるりと回ってしまいます。wobbly
この時、ピットボックスにいた#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が貰い事故。crying
でも、ここでオフィシャルとクルーが見事なフットワークでケガ人は無し。good
LAP-85に#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)、#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)の順でリスタート。
#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Subway)に押されて勢いよくスタートする#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)。
しかし、#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Subway)のスピードが伸びません。catface
仕方なくアウトサイドの#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)の前に出る#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)。
LAP-86に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)が#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)をパスして2位浮上。up
そこに#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)も続きます。impact
LAP-88、42番手スタートの#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)が16位まで上がって来ました。up
LAP-89には13位に上がる#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)。up
LAP-91、アグレッシブに動く#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction Services)。
#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)と#43 Aric Almirola(Richard Petty Motorsports/Ford/U.S. Air Force)の隙間に入ろうとして両者の間でピンボールの様に弾かれた#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction Services)がウォールにヒットしてコーションに。impact
Coke_zero_400_spin_475
後方では#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)、#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Kingsford)も煽りを受けて派手にスピンしている様です。
ここでのピットで#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)がボンネットフードを開けてトラブルでしょうか?
LAP-95に#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)の順でリスタート。
先ずは、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)が前に出ましたが、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)がブレた隙をついて#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)、#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)のペアがリードチェンジ。up
LAP-103にはアウトラインの3番手、8位まで上がって来ています。up
LAP-104にアウトラインの先頭#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Subway)がボトムラインに下りました。
LAP-107、#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)のバンプドラフトで#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard 'An American Salute' / Diet Mountain Dew)が猛烈に上がって来ました。up
Coke_zero_400_crash_484
Coke_zero_400_crash_483
Coke_zero_400_crash_24_20_78_503
Coke_zero_400_crash_24_20_78_502
LAP-124に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Batteries)とコンタクトした#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がインサイドのウォールにクラッシュでコーション。impact
これでチェーンリアクションになり、#50 Bill Elliott(Turner Motorsports/Chevrolet/Walmart)、#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)、#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row / Farm American)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Pepsi Max)、#55 Michael Waltrip(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)か巻き込まれた様です。coldsweats01
また、避けたついでにピット作業をした#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)でしたが、ピットクローズ中だったということでペナルティを受けることになり最後尾に下がります。down
そしてペナルティこそうけなかったものの#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)もリーダーを明け渡します。
これで何とリーダーは#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)ですよ。ハハハ.
coldsweats02
あれ程完璧と思われたレース運びだったのに好事魔多し、本当に何が起きるかわかりませんねぇ。think
LAP-131に#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)の順でリスタート。
ここで、リタイアのJ.Jのインタビューが入ります。
ー ケアセンターから出て後 カナウスと話をしたジョンソンです、ハードヒットでしたが 大丈夫ですか?
Johnson : 自分の立場からみたら そうでもなかったよ、セーファーバリアも効いている。実際にヒットするまで、衝撃に耐える時間もあったし 大丈夫さ。マシンは壊れてしまったけど ここは 自分にとって、ツキがあるトラックじゃないからね 仕方ないよ。
ー ピットロードへ行こうとしたのでしょうか?
Johnson : そうだよ。バックストレートで手を出して サインは出したんだ。ターン③から④にかけて ピットに向かっていてブレーキをかけた瞬間 後ろから当たったんだよ。
まあ、ケガがなくて良かったですよ。think
と、その間に#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)はボトムラインに下りていい感じで走っとります。catface
LAP-139、レースは最早このまま終わってしまうのか?と思っていたら#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)、#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)ペアが3-wideの大外から復活して来ました。dash
これで俄然レースは面白くなって来ましたね。happy01
LAP141、バンプドラフトの2台はグングン伸びて#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)に並びます。dashdash
LAP-145に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)の単独スピンでコーション。impact
LAP-149に#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)の順でリスタート。
さぁ、もう一波乱あるのでしょうか?coldsweats01
LAP-151、再び上がって来たあの2台。dash
そしてついに#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)が#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)を捕らえてリードチェンジ。up
Coke_zero_400_big114
Coke_zero_400_big112
Coke_zero_400_big111
Coke_zero_400_big120
LAP-152に#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)とコンタクトした#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)がスピン。impact
これに、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)、#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)、#93 Travis Kvapil(BK Racing/Toyota/Burger King)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Batteries)、#10 David Reutimann(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/CarportEmpire.com / TMone.com Call Centers in America)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)、#13 Casey Mears(Germain Racing/Ford/GEICO)等が巻き込まれるBIG-1が発生。impactimpact
LAP-159に#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)、#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)の順でリスタート。
#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Zest)は#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)、#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)は#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)のバンプドラフトを受けて両者一歩も譲りません。punch
FINAL LAPに入りバランスを崩した#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Wheaties)にコンタクトされる#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/HendrickCars.com)。
しかし、1台になっても一瞬の隙をついて#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)がリードチェンジ。up
Coke_zero_400_big1210
Coke_zero_400_big129
Coke_zero_400_big1213
Coke_zero_400_big128
そして、ターン③からターン④に向かうところで#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser Folds of Honor)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard 'An American Salute' / Diet Mountain Dew)、#43 Aric Almirola(Richard Petty Motorsports/Ford/U.S. Air Force)等15台を巻き込むBIG-1が発生でコーションが出ます。impactimpact
Coke_zero_400_win_142
時同じくして#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1)は、FINISH LINEを通過していたので見事な差しきりで3勝目を手にしました。
Coke_zero_400_win_1415
Race Statistics
Time of Race: 02 hour, 32 minutes, 14 seconds.
Average Speed: 157.653 mph.
Margin of Victory: Caution
Caution Flags: 6 for 23 laps
Lead Changes: 12 among 9 drivers
Lap Leaders: M. Kenseth 1-41; D. Ragan 42; J. Wise 43-45; M. Truex Jr. 46-47; G. Biffle 48-82; C. Mears 83; M. Kenseth 84-123; Kyle Busch
124-126; D. Gilliland 127; Kyle Busch 128-130; T. Stewart 131-151; M. Kenseth 152-159; T. Stewart 160;
Coke_zero_400_2012
ー 思い起こせば バドワイザーシュートアウトでは、惜しい走りを披露しながら カイル・ブッシュに敗れました。ここでの勝利はいつも特別でしょうが、混乱のファイナルラップについて聞かせて下さい。
Stewart : 何が起きたか よく覚えてないんだ。ビッフルとケンゼスの2台を引き離すようにしていた、そうすればアウトサイドにスペースができるからね。Mobil1のオイルの性能をお見せできたかな、リスタートが素晴らしかった。それにしても 不思議な一日だったよ、未だにどんなレースだったか思い出そうとしている状態さ。
Coke_zero_400_win_1419
ー 38番グリッドスタートから、このイベント4勝目となる勝利です、今夜の勝利は どんな意味があるのでしょうか?
Stewart : デイトナでの勝利はいつもスペシャルさ、シボレーもヘンドリックエンジンの馬力も素晴らしかった。チームのみんなは素晴らしい仕事をしてくれた、誇りに思う。予選での2番手のタイムが認められなかったけど、落ち込むことなく 勝てるマシンを仕上げてくれたね。チームと共にMobil1やコカコーラを始めとする全てのスポンサーに感謝している。それとジーン・ハースとハース アニメーションのみんなにもね、全ての人に感謝さ。
Coke_zero_400_win_1425
ー リック・ヘンドリック氏は何と言っていましたか?
Stewart : 何も言わないんだ。ただ“グッド ジョブ”とだけ言っていたよ。7月のこの暑い中 観に来てくれたファンにも感謝している。ここ2、3日の天気はキツかったと思うけど、NASCARファンはみんな世界一元気だね。
今日勝てたのはケイシー・ケインのお陰と言っても過言ではないはず。think
レースの大半を支配しながら惜しくも3位FINISHのMatt Kensethです。
ー 3位ですが 今夜は明らかに一番速いマシンでした、スチュアートをパスするには アウトしかなかったでしょうか?
Kenseth : 残念だよ。ビッフルと二人でベストなマシンに乗れていただけにね。タラデガ同様 正しい動きだったと思うけど、ビッフルとパックを続けるには 難しくなってしまった。ターン②のアウトで離れてしまい スチュアートの下についてからは とにかくフィニッシュするのに精一杯になってしまった。ビッフルはずっとサポートを続けてくれていたので、最後まで彼を救いに行こうとしたんだけどね。2人で走ってしたら 前のスチュアートがスローダウンして、アウトに避けたら 後ろでクラッシュが始まったんだと思うよ。
ー 自分のミスだとおもいますか?
Kenseth : なんとも言えないね、そういうレースだったってことさ。後からは何とでも言えるよ。自分としては不運なコーションから よく順位を回復できたと思っている。2、3列後ろで何が起きているかなんてわからないしね。ベストを尽くしたけど あと少しだった、チームが素晴らしいマシンを用意してくれて嬉しかったよ。
最多リードラップの89LAPも走り、パーペキなレース運びと思われたのに、こんなこともあるんですね。
Coke_zero_400_win_1427
尚、どさくさに紛れてJeff Burtonが久しぶりの2位FINISHしてましたね。happy01


|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »