« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月29日 (月)

NASCAR SPRINT CUP Rd.24 DENNY HAMLIN WINS IRWIN NIGHT RACE

2012年 NASCAR Sprint cup Rd.24 Irwin Tools Night Raceの決勝レースはテネシー州Bristol Motor Speedwayで8月25日に開催されました。 Bristol_motor_speedway_logo1

雨の為にクオリファイが中止ということで、ファーストプラクティスの順位を元にスタートとなります。

そんな訳でポールポジションは、#13 Casey Mears(Germain Racing/Ford/GEICO)です。

久しぶりに#10 Danica Patrick(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/GoDaddy.com)も出場している様です。

ここで、24戦目にして未だ勝利がないCarl Edwardsのインタビューです。

ー このレースで勝てればチェイス圏内に入ります、今夜のレースのポイントはどこでしょうか?

Edwards : チェッカーまでのラストランと、ストラテジーがどう機能するかがポイントだね。ここでのナイトレースは2回勝っている、チャド・ノリスを始めとするチームのみんなも頑張ってくれた。ピットボックスが後ろの方なので、ストラテジーにどう影響するかだけ 気になるけどね。でも調子はいいので 勝てると思うよ、まだ得意なトラックでのレースも残っているしね。 失うものは無いので ビクトリーレーンを狙っていくよ。

ー 今日はレースレポーターよろしくお願いします。

Edwards : そうだ 忘れていたよ、よろしくね。

喉から手が出るほど欲しい1勝の何と遠いことでしょうか。coldsweats01

こちらももう後が無いKyle Buschです。

ー 勝利すれば一気にチェイスインの可能性が高まります、今日のマシンはどうでしょうか?

Ky.Busch : マシンはいいので 楽しみだよ、チームはハードワークをしてくれた。プラクティスではいいマシンに仕上がっていたので、今日の順位を上げていけるだろう。ここの春のレースでは いいマシンだったのに、25周目で クラッシュしてしまった。ここはブリストルさ、なんでも起こり得るけど 勝利目指して走るのみさ。

余り機嫌がいいとはいえなさそうですね、まあ当然か。think

もっと大変な人がいました、Jeff Gordonです。 

ー この人も勝利が必要ですが ここでは5回も勝っています、6勝目を目指し アグレッシブに行くつもりですね?

J.Gordon : もちろんさ、失うものはないからね。マシンはいいので 楽しみなんだ、勝利を目指して 頑張るだけさ。ここからの3戦は 自分の得意なトラックさ、勝ってチェイスに出場するチャンスは十分ある。今夜は 賢くかつ我慢強くいくけど、ラストはアグレッシブにいくよ。

もう、勝つしかありませんものね。gawk

Irwin_tools_night_race_michael_buff

有名なリングアナウンサーのMichael Buffer、さすがに盛り上げ上手です。

ナショナルアンセムは、Motor Racing Outreach Cilldrenのみなさん。

グランドマーシャルは、Irwin Toolsの社員のみなさん。

フロントローは、#13 Casey Mears(Germain Racing/Ford/GEICO)と#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)。

今日の#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)は懐かしいRusty Wallaceのカラーリングですね。

OPENING LAPは#13 Casey Mears(Germain Racing/Ford/GEICO)が獲得。good

LAP-4に#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)が#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして2位浮上。up

LAP-5に#43 Aric Almirola(Richard Petty Motorsports/Ford/Smithfield)が#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして3位浮上。up

Irwin_tools_night_race_crash_322

LAP-10に#49 Jason Leffler(Humphrey Smith Racing/Toyota/Robinson-Blak- eney Racing)にコンタクトされた#32 Ken Schrader(FAS Lane Racing/Ford/Federated Auto Parts)がクラッシュでコーション。impact

LAP-18に#13 Casey Mears(Germain Racing/Ford/GEICO)、#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)の順でリスタート。

LAP-27に#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)がリードチェンジ。up

カーチーフの紹介VTRの間に#13 Casey Mears(Germain Racing/Ford/GEICO)は#43 Aric Almirola(Richard Petty Motorsports/Ford/Smithfield)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)にパスされて4位へ後退。downdown

LAP-44に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)が#43 Aric Almirola(Richard Petty Motorsports/Ford/Smithfield)をパスして2位浮上。up

Irwin_tools_night_race_crash_221

LAP-82に#22 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がブラッシュでコーション。impact

ここでのピットでピットアウトしようとした#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)に#83 Landon Cassill(BK Racing/Toyota/Burger King)がぶつかるアクシデントが。coldsweats02

LAP-90に#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)、#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Quaker State)の順でリスタート。

LAP-108に#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Quaker State)がリードチェンジ。up

LAP-123に#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction)、#22 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)、#34 David Ragan(Front Row Motorsports/Ford/Taco Bell)が絡むクラッシュでコーション。impact

LAP-130に#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Quaker State)、#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)の順でリスタート。

Irwin_tools_night_race_crash_341

LAP-148に#34 David Ragan(Front Row Motorsports/Ford/Taco Bell)がクラッシュでコーション。impact

ここでJoey LoganoのクルーチーフJason Ratcliffにインタビューです。 

ー ステイアウトの指示の後に ピットインの指示でした、ストラテジーは大丈夫でしょうか?

Ratcliff : ステイアウトは正しかったよ、今はトラックポジションのアップが必要だったからね。マシンはタイトなので これから修正する予定さ、ステイアウトのマシンが多かったので ステイアウトしたんだ。これで良かったと思うよ、ロガーノも頑張っているので この調子でいきたいね。

Nationwideで優勝している 勢いを生かせるかな。confident

LAP-159に#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)、#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)の順でリスタート。

LAP-160に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)が#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)をパスして2位浮上。up

LAP-184には2番手は#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)に変わっています。

Irwin_tools_night_race_crash_394

LAP-191に#43 Aric Almirola(Richard Petty Motorsports/Ford/Smithfield)にコンタクトされた#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Quicken Loans)がクラッシュでコーション。impact

ここに#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)も突っ込みます。impact

これで#39 Ryan Newman(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Quicken Loans)のワイルドカードはほぼ消えたか?coldsweats01

今日は久しぶりに調子の良かったのにクラッシュに巻き込まれたJeff Burtonです。

ー いい走りを披露していたところですが、何があったのでしょうか?

Burton : ニューマンのトラブルは見えていたんだ。スピンして ウォールにヒットして、下がってきたところを 避けきれなかった。マシンは速くて よかっただけに残念だよ、いい走りが必要だったんだけどね。いい走りができるマシンだったから 悔しいけど、今シーズンは ずっとこんな感じさ。現状を変えるには、俺が もっとタフな男にならないとダメだってことかな。

正に泣きっ面に蜂って感じでしょうか。bearing

LAP-200に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew / National Guard)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)の順でリスタート。

リスタート直後に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)にパスされた#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)は4位後退。down

LAP-201に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして2位浮上。up

LAP-202に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)をパスして3位浮上。up

LAP-203に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)は#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)もパスして2位浮上。up

LAP-206には#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)がリードチェンジ。up

Irwin_tools_night_race_crash_433

LAP-224に#43 Aric Almirola(Richard Petty Motorsports/Ford/Smithfield)と#38 David Gilliland(Front Row Motorsports/Ford/Mossy Oak / Pursuit Channel)が絡むクラッシュでコーションです。impact

LAP-231に#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M / Owens & Minor)、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Valvoline NextGen)の順でリスタート。

LAP-243にRyan NewmanのクルーチーフTony Gibsonにインタビューです。

ー ニューマンには“レースに戻る予定”と言っていましたが、実際は戻れるのでしょうか?

Gibson : 今トライ中さ。パーツを外して エンジンの周りを組みなおしているところさ。修正てきるというレベルてはないけど、復帰にむけてやっているよ。

ー 42番について ニューマンは何か言っていましたか?

Gibson : あの1周前に誰かが左リアに当たったとは言っていたよ、それでタイヤをカットしたようだ。それでルースになっていたところ 次の周回であのアクシデントさ、42番については 何も言ってなかったよ。スピンは左リアのタイヤカットが原因なんだ、42番じゃないね。いいスポンサーもついていたのに 恥ずかしいよ、ポジションアップは順調にいっていたんだけどね。ツイてないよ、14番が頑張ってくれるだろう。

あの状態からレース復帰を目指すとは恐れ入ります。think

Completed : 1961 Distance : .533 miles Shape : Oval Banking : 36° turns 16° straights Frontstretch : 650 feet Backstretch : 650 feet Seating : 160,000 Bristol_motor_speedway1

LAP-252に#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)が#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot /Mobil 1)をパスして9位浮上。up

Greg Biffleの紹介VTRの間に#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Valvoline NextGen)がリードチェンジした模様です。

#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M / Owens & Minor)は5位まで後退しています。down

LAP-271に#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Bush's Baked Beans)にプッシュされた#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)のスピンでコーション。impact

ここでのピットをステイアウトした#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がリーダーに。

LAP-277に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)の順でリスタート。

LAP-291には懸命にリペアを行う#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)のガレージの映像が入ります。

Rusty Wallaceのスペシャルカラーですからレース復帰して欲しいですね。

Irwin_tools_night_race_crash_781

LAP-322に#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction)と#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row / Farm American)のクラッシュによりコーションが出たようですね。impact

LAP-329に#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Valvoline NextGen)、#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。

LAP-332に#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up

しかし、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Valvoline NextGen)も簡単には譲りません。

Irwin_tools_night_race_14_vs_174

競り合う2台は、まさかのスピンで2台共クラッシュしてコーションに。impact

何やっているんでしょうか。coldsweats01

Irwin_tools_night_race_14_vs_178

怒り爆発の#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Valvoline NextGen)のマシンにヘルメットを投げつけて見事に命中。

こりゃ、当分語り草になりそうですね。catface

LAP-340に#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Dollar General)、#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Mac Tools)の順でリスタート。

LAP-345にTony Stewartのインタビューが入ります。

ー マシンが素晴らしかっただけに、フラストレーションでしょうね?

Stewart : 素晴らしいマシンとはいえなかったけど、あのリスタートでは ケンゼスより速かったんだ。当てないように2回もチェックして、気を使っていたのに いい勉強になったよ。今シーズン チャンスというチャンスは、全部 ぶつけてやるよ。 ー ヘルメットが戻ってきましたね。

Stewar: どうでもいいよ、ただのヘルメットだろ。annoy

破棄すてる様に言う目は笑っていません。coldsweats01

LAP-346に#36 Dave Blaney(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Tommy Baldwin Racing)のエンジンブローでコーションです。impact

LAP-353に#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M / Owens & Minor)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)の順でリスタート。

LAP-355に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)をパスして2位浮上。up

LAP-361に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)をパスして2位浮上。up

LAP-362に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)は#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)にもパスされて4位後退。down

LAP-365に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がリードチェンジ。up

#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M / Owens & Minor)は#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)にもパスされて3位後退。down

LAP-408に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)がリードチェンジ。up

LAP-414に#13 Casey Mears(Germain Racing/Ford/GEICO)がブラッシュでコーション。impact

LAP-420にステイアウトの#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)、#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)の順でリスタート。

LAP-423にデブリーでコーション。impact

LAP-430に#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)、#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)の順でリスタート。

LAP-435に#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row / Farm American)にコンタクトされた#10 Danica Patrick(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/GoDaddy.com)がクラッシュでコーション。impact

Irwin_tools_night_race_crash_102_2 Irwin_tools_night_race_1

目が怖い#10 Danica Patrick(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/GoDaddy.com)はヘルメットを投げこそはしませんが、指をさして#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row / Farm American)に抗議します。

LAP-444に#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)、#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)の順でリスタート。

LAP-447に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)が#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)をパスして2位浮上。up

ここでDanica Patrickのインタビューが入ります。

ー リーガンとは何があったのですか?

Patrick : まだリプレイは見てないので、まずリプレイが見たいわ。ここはブリストルよ。ハードにレースをして、お客さんはそれを喜んでくれる。キレて怒る姿がメディアには都合がいいのもわかっているわ。今日のマシンは良かったので リードラップでトップ20フィニッシュは狙えたのよ。チームはよくやってくれて 全てスムーズにいっていたのに恥ずかしいわ。でもブリストルは誰がフェアなドライバーか わかるところね。

ご機嫌ななめは尾を引きそうですね。poutannoy

LAP-454に#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)が並びかけますが、#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)も死力を尽くして踏ん張ります。punch

この後、バランスを崩した#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)は5位まで後退します。down

これで自動的に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)が繰り上がりで2位浮上。up

LAP-462に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)がリードチェンジ。up

その後、#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)もプッシュしてアタックしますが、力及ばず。sad

それどころか、直ぐ後ろに#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)も迫ります。dash

LAP-467に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)をパスして2位浮上。up

LAP-468に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)にパスされて#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)は4位後退。down

LAP-469には#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)は#55 Brian Vickers(Michael Waltrip Racing/Toyota/MyClassicGara ge.com)にもパスされて5位後退。down

遂に力尽きた感じです。weep

LAP-497に#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Fastenal)が無念のガス欠で緊急ピットイン。wobbly

Irwin_tools_night_race_win_116

リードチェンジ後は、余裕の走りで#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)が今シーズン3勝目です。

Irwin_tools_night_race_win_1110

Race Statistics Time of Race: 03 hour, 09 minutes, 327 seconds. Average Speed: 84.402 mph. Margin of Victory: 1.103 seconds Caution Flags: 13 for 87 laps Lead Changes: 22 among 13 drivers Lap Leaders: C. Mears 1-26; J. Logano 27-84; D. Hamlin 85; J. Logano 86-107; K. Kahne 108-149; J. Logano 150-192; D. Earnhardt Jr. 193-205; D. Hamlin 206-226; G. Biffle 227-253; M. Kenseth 254-272; J. Johnson 273-324; D. Hamlin 325; M. Kenseth 326-331; T. Stewart 332; J. Logano 333-348; M. Ambrose 349; G. Biffle 350-363; M. Truex Jr. 364-407; D. Hamlin 408-415; C. Edwards 416-443; B. Vickers 444; C. Edwards 445-461; D. Hamlin 462-500. Irwin_tools_naight_race_11

ブリストル初勝利のDenny HamlinのクルーチーフDarian Grubbのインタビューです。

ー 左タイヤのコールが 勝利に結びつきましたね。

Grubb : グッドイヤーが素晴らしいタイヤを持ってきてくれたからね、戦術のオプションが広がったよ。ハムリンやチームにとって素晴らしい夜になった、ピットクルーもよくやってくれたし チーム全体の勝利さ。

ー これで今シーズン3勝目です、チームにとって どんな意味を持つでしょうか? Grubb : シーズン序盤に2勝していたけど、この時期の勝利は いいモーメンタムでチェイスにいけるよ。

してやったりという感じでしょうかね。confident

Irwin_tools_night_race_win_116_2

最後はコンサバに2位FINISHのJ.Jです。

ー 激しいファイトの末 2位、レースを振り返って いかがですか?

J.J : あとひとつ上だったら よかったけど、素晴らしい夜になったね。チームの努力のおかげさ。プラクティスでミスして 後方からのスタートに加え、ピットボックスも悪かった。けど マシンは速かったし ストラテジーが機能してくれたね、チームを誇りに思うし このキャップも誇りに思う。毎年チェイスに出場できて うれしいよ、この調子を維持したいね。

チェイス進出を確定させてゆとりのコメントでした。confident

ー 今シーズン3勝目はブリストルのナイトレースです、あなたにとって どんな意味をもつのでしょうか?

Hamlin : キャリアの中でも大きな意味さ、最高の気分だよ。ダリアンのセットアップは 自分には新しいものだったけど、レース中ずっと 速かったね。ブリストルで力を発揮できたのは 久しぶりだよ、フェデックスを始め みんなに感謝している。今日は親戚が来ているんだ、彼らの前で勝利できたのも 久しぶりだね。それとファンにも感謝している、見たこともないほどの 大勢のファンが観にきてくれた。ジョーダンブランドやコカコーラ それとスプリントやトヨタには感謝しきれないね。本当に大きな1勝だよ。ブリストルのナイトレースさ、言葉では言い表せないね。

Irwin_tools_night_race_win_1112

ーこれで現状ではチェイスNo.1シードです、勢いをつける上でも いい時期の勝利ですね。

Hamlin : まだ何も勝ち取ってないよ、レースはまだあるんだ。

ー ブリストルらしく ぶつかり合いながらパスした、あのエドワーズをパスしたシーンについて聞かせて下さい。

Hamlin : あれしか方法がなかったからね。色々変わってきたけど、ここはやっぱりブリストルさ。ラインが1本しかないので パスするには、とうしてもコンタクトしてしまうね。自分のマシンはボトムラインですごくよかったので、ほとんどのマシンはコンタクトなしでパスできたんだけどね。早くリーダーに立ちたかったんだ、コーションが多かったので リスタートをリーダーで迎えたかった。大きな一日になったし 大きな1勝さ、トヨタのプログラムに感謝している。

ブリストルらしい激しい鍔迫り合いに興奮しましたね。

|

2012年10月14日 (日)

NASCAR SPRINT CUP Rd.23 GREG BIFFLE WINS PURE MICHIGAN 400

2012年 NASCAR Sprint cup Rd.23 Pure Michigan 400の決勝レースはミシガン州Michigan International Speedwayで8月19日に開催されました。 Michigan_international_speedway_log

チェイスまであと4戦となり、いよいよ後がなくなってきたKyle Buschです。

ー 残念な結果に終わった先週のレースから数日経ちました、あのファイナルラップについて聞かせてください。

Ky.Busch : もう関係ないことさ、今日の方が大事だね。今日するべきことに集中して 勝利を狙っていくよ、2勝目を挙げて ワイルドカード圏内に入いりたいね。

ー チェイスまで残り4つのトラックでは過去11勝しています、チェイスへも自信があるのでは?

Ky.Busch : これまでは マシンがよかったけど、状況は常に変化しているから わからないよ。でも 昨年はここで 素晴らしい一日を過ごすことができた、マシンもそれまでで最高のものだった。最多リードラップを獲得したうえ、チェッカーフラッグを最初に受けることが出来たね。昨年からは改修もされたし 多くのことが変わっているけど、自分達も ここ最近はどんどんよくなっている。残り4戦楽しみだね、ブリストルやリッチモンドは 自分にとってベストなトラックたなんだ。春のリッチモンドでは スチュアートとエドワーズがよかったね、彼らには今年も苦しめられそうだよ。

ワトキンスグレンの不満をふちまけることもせず、静かに闘志を燃やしている。にしてはしゃべりすぎでしょうか。coldsweats01

こちらも崖っぷちのJeff Gordonです。 

ー 先週 ワイルドカード圏外となってしまいましたが、残り4戦 どんな気持ちでしょうか?

J.Gordon : 毎週 ハードにポジションを争っていくだけさ、勝利が大事なのは明らかなので 狙っていくよ。シーズン開幕からやってきたことと変わりないことだね。最近 流れは変わってきたし 何より、パフォーマンスはずっと悪くなかった。大事なことだよ。ミスをしないで いいパフォーマンスを見せて、レースをフィニッシュしたいね。先週は本当に残念だった。今週はここまで、素晴らしい出来とは言えないけど ここは好きなトラックさ。それに 自分のチームに自信があるんだ、勝つチャンスはあると思っているよ。

何だか、コメントにも力がないような気がするのは、McKEN-Gだけでしょうか?think こちらも黄色信号が、点灯しているCarl Edwardsです。

ー ここでは2勝を挙げているエドワーズです、残り4戦でチェイス圏外ですが 危機感はありますか?

Edwards : これ以上できないほど 頑張っているよ。J.ゴードンはポコノで1勝し チェイス圏内まで近づいたけど、自分達に必要なのは まさにそれなんだ。今日のマシンは速いし 今ここには、テクニカル面をサポートしてくれるランスも来てくれている。美しいマシンのデザインを担当しているライアンは、西海岸の自宅にいるけどね。今日はフォードのマシン全てが速いんだ、ここで勝てれば 大きいよ。

って言うか、勝たんと後が有りませんぜ。think

続いて、昨年の雪辱に燃えてポイントリーダーのJimmie Johnsonです。 

ー スポッターのあの“ニューリーダー48”が聞こえてきそうです。ポイントリーダーとなりましたが チェイスに入ればリセットされます、その点はモチベーションに影響しますか? 

J.J : いつだろうと シリーズをリードするのは名誉なことさ、だから自分とチームにいいプレッシャーを保つようにしている。もちろんチャンピオンを狙っているからね。現時点でリーダーに立てたのは 自分とチームには大きな意味がある。今日のレースでポイント差を広げたいね。後方からのスタートだけど マシンはいいので楽しみだよ。

ー 予選では3番手タイムでしたが 後方に回ります、どうしたのか説明をお願いします。

Pure_michigan_400_garege_482

J.J : 昨日のファイナルプラクティスで、残念ながらエンジントラブルが発生したんだ。でも 早いうちだったので エンジンを交換して数周走ることができた、チャーシーの調整をして うまく仕上がっているよ。 何だかんだで、そつなく仕上げてくるんだよな~。catface

次は、春のミシガンで4年ぶりに勝利したDale Earnhardt Jr.です。

ー 6月のレースでは 一時はテイルエンドまでさがりながらも勝利しました。後方スタートの今日 前回を再現する自信のほどは?

Earnhardt Jr. : スタートのポジションは心配していないんだ、このマシンであまり走ってないことが気になっている。ここでテストもして 色々メモもあるので、バックアップカーでも 助かっているけどね。プラクティスで少し走って 自信を付けたかったけど、時間がなかったんだ。ぶっつけ本番だよ。

ー 序盤のランでは何周 走れそうですか?

Earnhardt Jr. : それがわからないから トラブルなんだよ。でも 自分の素晴らしいチームとクルーが徹夜で勉強して多くのメモを取っていた。だから自信はあるんだ。

さあ、スイープといけますでしょうか?confident

Pure_michigan_400_mark_martin1

本日のポールシッターMark Martinは、えらくリラックスしてますなあ。

グランドマーシャルは、Kid Rock

フロントローは、#55 Mark Martin(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)と#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Geek Squad)。

Pure_michigan_400_start1

まずは、好スタートで飛び出した#55 Mark Martin(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)がOPENING LAPを獲得、。good

2番手には、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Fifth Third Bank)が上がり、#99 Carl Edwards(Roush-Fenway Racing/Ford/Geek Squad)は5位に下がっています。down

LAP-6に#43 Aric Almirola(Richard Petty Motorsports/Ford/Eckrich)にコンタクトされた#38 David Gilliland(Front Row Motorsports/Ford/Taco Bell)がスピンでコーション。impact

#22 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)は間一髪切り抜けます。coldsweats01

LAP-10に#55 Mark Martin(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Fifth Third Bank)の順でリスタート。

LAP-16には最後尾スタートの#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がもう23位まで上がって来ています。upup

LAP-34に#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)がピットに入ってルーティーンピットがスタート。wrench

LAP-36にはリーダーの#55 Mark Martin(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)も入ります。wrench

LAP-39にりーのボーナスポイントを獲得した#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がピットインします。wrench

LAP-46にはリーダーが#55 Mark Martin(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)に戻ってますね。

Pure_michigan_400_spin_471

LAP-64に#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Clorox)のスピンに巻き込まれ、#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Farmers Insurance)にコンタクトされた#55 Mark Martin(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)がグラスを横切りそのままピットロードのウォールに激突でコーションになります。impact

Pure_michigan_400_crash_552

Pure_michigan_400_garege_554 快調に走行していたのに、突然のアクシデントに見舞われたMark Martinです。

ー リプレイを見て ため息をついたマーティンです、どうしたのでしょうか?Pure_michigan_400_garege_551

Pure_michigan_400_michael_waltrip1 Martin : わからないよ。47番のスピンに始まって、自分や5番も巻き込まれたって感じさ。ファンには感謝している、彼らなしでは 自分にチャンスはないからね。ほかにもスポンサーや トヨタ、MWRなど 多くのサポートがあるから素晴らしいマシンでレースに出られているんだ。最高の環境にいるのに こんな結果になって残念だね、ハードなクラッシュだったよ。トヨタのサポートを受け 素晴らしいクルーチーフのR・チルダースとレースができる。これ以上のことはないよ。

ー 大丈夫そうでよかったです。

Martin : 自分でも大丈夫でうれしいね。いいフィニッシュがしたかったけど、素晴らしいマシンに乗るチャンスがあったことに感謝さ。

身体が無事でなによりですね。coldsweats01

LAP-71、ガレージでリペアが続く#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)。weep

LAP-74に#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Fifth Third Bank)の順でリスタート。

Pure_michigan_400_crash_781

LAP-76に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)にコンタクトされた#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row / Farm American)がクラッシュでコーション。impact

マシンはそのままガレージへ向かいます。weep

LAP-81に#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Fifth Third Bank)の順でリスタート

LAP-82に#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)が#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)をパスして7位浮上。up

LAP-83には、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスした#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)#22 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がパスして6位浮上。up

LAP-84、#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)が再び6位浮上。up

LAP-88に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)コンタクトされた#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)がウォールにクラッシュ。impact

LAP-89にもう一度ウォールにブラッシュでコーションが出ます。impact

ここでのピットでリーダーの#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)はピットインしますね。wrench

LAP-93に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Fifth Third Bank)の順でリスタート。

#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Fifth Third Bank)をパスして2位浮上。up

LAP-95に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger / AARP)がバルブトラブルでスローダウン。sad

Completed : 1968 Distance : 2 miles Shape : D-shaped oval Banking : 18° turns 12° frontstretch 5° backstretch Frontstretch : 3,600 feet Backstretch : 2,242 feet Seating : 137,243 Michigan_international_speedway1

LAP-101にはリペアの為、ガレージでマシンから降りる#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger / AARP)bearing

Pure_michigan_400_garege_241

LAP-106にはリーダーの#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)。

LAP-111にリーダーの#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)がルーティーンピットに入ります。wrench

LAP-116にJeff Gordonのインタビューが入ります。 

ー エンジンを覗き込んでいましたが、どうなのでしょうか?

J.Gordon : 14番と同じ、バルブスプリングのトラブルさ。ここみたいな速いトラックでは、RPMに一番気を付けなくてはいけないんだけどね。厳しい週末になってしまったよ。思ったようなハンドリングの感触がずっと得られなかった。トラックポジションが重要なのはわかっていたよ、順位を上げていくところだったんだけどね。まだ多くの周回が残っているのにレースに戻れないのは 残念だよ。今シーズンはいつもこうさ、ブリストルで頑張るよ。

ー 現在Jr.がレースをリードしていますが、先ほど そのJr.と何かあったようですね?

J.Gordon : 4ワイドになったのは珍しいことじゃないけど、ターン②の出口でスライドしてきたんだ。大クラッシュになるところだった、あまりスマートな動きとはいえないと思うね。チームメイトならなおさらだけど、彼の判断に対して 対処したという事さ。相手がだれかとかではなく アクションに対して、自分の気持ちを言っているまでだよ。あれは危険だったけど まあいいさ、今 彼がいい走りをしているのは うれしいよ。今シーズンのここでの彼は 速いね。

さすがはMr.NASCAR、コメントもさすがです。think

そんな#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Diet Mountain Dew)が現在のリーダーです。

LAP-124にその#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Diet Mountain Dew)がルーティーンピットに入ります。wrench

LAP-136に#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/HendrickCars.com)がウォールにクラッシュでコーション。impact

LAP-141に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Diet Mountain Dew)、#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)の順でリスタート。

LAP-143に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)の左フロントタイヤがバーストでコーションに。impact

LAP-148に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Diet Mountain Dew)、#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)の順でリスタート。

#17 Matt Kenseth(Roush-Fenway Racing/Ford/Fifth Third Bank)がスローダウンで緊急ピットイン。wrench

LAP-154に#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)がリードチェンジ。up

39番グリッドからスタートして遂にリーダーまで上り詰めました。good

LAP-163に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Diet Mountain Dew)がルーティーンピットに入ります。wrench

LAP-167にはリーダーの#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)も入ります。

Pure_michigan_400_burst_211

LAP-182に#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)が左フロントタイヤのバーストでウォールにクラッシュでコーション。impact

ここで#22 Sam Hornish Jr.(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がタイヤバイブレーションの為、緊急ピットインします。wrench

LAP-187に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)の順でリスタート。

#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)が3位浮上。up

LAP-191に#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)がリードチェンジ。up

これを見てクルーチーフのChad Knausはガッツポーズ。good

このまま、独走体制をキープでしょうか?catface

LAP-192には#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして2位浮上。up

LAP-195、#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)のマシンに異変が起こり突然のスローダウン。wobbly

これで#16 が難なくリードチェンジ。up

#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)にもパスされた#48 Jimmie Johnson(Jimmie Johnson Chevrolet Lowe's/Chevrolet/Lowe's)は白煙を上げてコーションに。impact

これで2周を残してGREEN/WHITE/CHECKERDで雌雄を決することに。catface

ここで、Greg BiffleのクルーチーフMatt Picciaのインタビューです。 

ー J・ラウシュの地元での勝利まであと少しですね。

Piccia : そうだね。ピットストラテジーで48番や88番の後ろになることはあったけど マシンはよかった。あとはクリーンにスタートをきって2番を振り切るだけだね。

棚ぼたとも言えるこのチャンス、ものにしたいですよね。happy01

つづいてBrad KeselowskiのクルーチーフPaul Wolfeです。

ー 勝利のチャンスです。ケセロウスキーには今 何と伝えましたか?

Wolfe : 彼は何をすべきかわかっているし ベストを尽くすさ、チーム全員が素晴らしい仕事をしてくれているよ。48番や16番ほどの速さはないけど、我々にはハードワークを厭わないスタッフがいる。今言えるのは、“この調子で頑張ってくれ”だけだね。

こちらも、こうなったら負けられないよね。coldsweats01

さあ、残り2周をかけて#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)の順でリスタート。

#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がいいスタートをきりますが、延びがありません。despair

Pure_michigan_400_win_163

FINAL LAPにトップで入った#16 Greg Biffle(Roush-Fenway Racing/Ford/3M)が今シーズン2勝目。goodmotorsportsshine

Pure_michigan_400_win_1612

Race Statistics Time of Race: 02 hour, 46 minutes, 44 seconds. Average Speed: 144.662 mph. Margin of Victory: 0.416 seconds Caution Flags: 8 for 35 laps Lead Changes: 26 among 13 drivers Lap Leaders: M. Martin 1-35; B. Keselowski 36-38; J. Johnson 39-42; S. Hornish Jr.(i) 43-45; M. Martin 46-64; M. Kenseth 65-69; M. Truex Jr. 70; C. Bowyer 71-89; M. Truex Jr. 90-100; G. Biffle 101-110; S. Hornish Jr.(i) 111-112; P. Menard 113; D. Earnhardt Jr. 114-123; J. Johnson 124-125; B. Keselowski 126-128; G. Biffle 129-137; D. Earnhardt Jr. 138-152; J. Johnson 153-165; B. Keselowski 166-168; C. Edwards 169; S. Hornish Jr.(i) 170-173; D. Hamlin 174; P. Menard 175-181; L. Cassill 182; B. Keselowski 183-190; J. Johnson 191-194; G. Biffle 195-201.

Pure_michigan_400

ー この勝利の意味を聞かせて下さい。

Piccia : 今は わからないよ。ビッフル そしてこのチームのために 仕事がてきて嬉しいね。金曜日はよくなかったけど そこからミーティングを重ね ハードワークを続けた結果が出たよ。ストラテジーの違いで48番や88番の後ろになってしまった、あれは自分のミスだったけど ビッフルが勝ってくれた。2位じゃ意味ないからね、よくやったよ。 

ー これで ポイントリーダーです。

これで、いよいよ3冠も真実味を増して来ました。think

Pure_michigan_400_win_1611

ー あなたやJ・ラウシュ それにフォードにとって、とても大事なブルックリンでの勝利です。

biffle : 重要な勝利になった。ヘンドリックのマシンに勝って、再びここに立つために ハードワークをしてきたからね。ほんの少しの差だったね。48番に競り勝てるかは 本当にわからなかったんだ。クリーンにレースをして勝ちたかったんだけど、その通りのことが出来た。3Mを始めとする 全てのスポンサーやフォード、スプリントそれにファンに感謝している。シリーズを楽しめているよ。本気でタイトルを狙っているんだ。今は注目されていないけど、ラスベガスのセレモニーでスポットライトを浴びるつもりさ。 

ー これで2位と20ポイント差のポイントリーダーです。

Biffle : 今 リーダーでも関係ないけど、やっぱり気分はいいね。個人的にも チームとしても、リーダーにたてたことは大きな意味があると思っているよ。ワトキンスグレンではオイルでスリップしてしまった。順位を落として申し訳なく思っていたけど これで関係なくなったね。 

ー 無線では“48番の次は2番が相手だな”と言っていましたが、あの時点から自信はあったのですね。

Biffle : ターン②はローラインを走って、ターン③④ではハイラインに上がっていったんだ。ターン②ではケセロウスキーに勝てたのに、ターン③④に入ると彼の方が 速かったんだ。たからターン②を出てからの加速を活かすことにしたんた。残り8周でケセロウスキーのバンパーまで近づいたけど、パスできるかはわかやなかった。勝つ為に必要なら、バンパーをプッシュしていたよ。

Pure_michigan_400_win_1614

棚ぼたでも勝ちは勝ち。confident

3戦連続の2位FINISHのBrad Keselowskiです。

ー 地元でのレースで惜しくも2位、最後のリスタートについて 聞かせて下さい。 Keselowski : ビッフルと2人で飛び出したけど、最後はビッフルがいい仕事をしたよ。パスできなかったね。今日は自分とジョンソンとビッフル、それにマーティンを加えた4台が別格だったと思う。チームは素晴らしい仕事をしてくれた、ピット作業もストラテジーも全てうまくいったよ。ビッフルに勝つには あと少しのスピードが必要だったね、でも地元でいいレースができて よかったよ。チェイスが近づいて守りに入るマシンが多い中、ジョンソンやビッフルとハードにバトルができたのは嬉しいね。今日のような走りを続ければ タイトルも手が届くと思う、それを誇りに思うよ。

何だかコメントにも風格が出てきたようによ思いますね。confident

3位FINISHのKasey Kahneです。 

ー レース前から皆が“今日は5番に注目”と言っていました、最後のリスタートについて聞かせて下さい。

Kahne : 最後はいいリスタートがきれたね、素晴らしいエンジンで マシンは一日ずっと速かった。リーダーまで届かなかったのが 残念だよ、やっぱりリスタートがポイントだったね。パスするなら あそこだったよ。

ヘンドリックエンジン大丈夫でよかったですね。happy01

|

2012年10月 8日 (月)

NASCAR SPRINT CUP Rd.22 MARCOS AMBROSE WINS FINGER LAKES 355 AT THE GLEN

2012年 NASCAR Sprint cup Rd.22 Finger Lakes 355 at The Glenの決勝レースはニューヨーク州Watkins Glen Internationalで8月12日に開催されました。

Watkins_glen_international_speedw_3“アルメンディンガーがNASCARのドラッグポリシーに反し無期限の出場停止”とペンスキーレーシングが発表しました。coldsweats02

ードラッグテストでポジティブと聞いた時は、最初にどう思いましたか?
Allmendinger : 正直 ショックだったよ、最初に思ったのは“やってない”だったね。アンフェタミンなんて何だかすら知らなかった、“そんなに悪いものか”って思ったくらいさ。
ー NASCARシリーズの出場停止を聞いた時はどうでしたか?
Allmendinger : 人生で一番辛い瞬間だったよ、今まで頑張ってきたこと全てがクラッシュしてしまったんだからね。しかも、理由が自分でわからないのにさ。NASCARから聞かされた時は、膝から落ちそうになったし 涙が出て取り乱してしまった。すぐにトラックを離れて、ノースカロライナの自宅に向かったけど 長いドライブだったよ。
ー 実態のところ、何が陽性の反応となったのですか?
Allmendinger : 自分でもよくわからないんだけど、“Adderall”というものらしい そんなもの使わないよ。
ー “どうして体内に入ったか、わからない”と言うのですね?
allmendinger : 今、思い出しているところさ。
ー どうやって体内へ入ったのですか?
Allmendinger : 恐らく、ケンタッキーで 友達の家を訪ねた時だと思う、とにかく落ち込んでいて 塞ぎ込んでいたんだ。そしたら友達の友達が、“俺も使用中のいいエネルギーサプリがあるぞと言ったんだ。エネルギーサプリなら 以前使った時に問題なかったんだ。一生後悔するミスは、その誘いに“OK”と言ってしまったことだね、以前 問題なかったからさ。
ー では、その友人から貰ったたった1回の1錠が、あなたのキャリアを狂わせたのですね?
Allmendinger : そうだね、毎日 心が痛いよ。でも 自覚しなくてはいけないのは、ナイーブだったとか 彼を信じたとか、理由は何であれ 自分の判断だったっていうことさ。あの夜の自分の判断は間違っていたよ。迷惑をかけたNASCARと、自分についての質問に追われている友人のドライバー達には申し訳なく思う。それと失望させてしまった両親にもね、毎日 心が痛むんだ。それと一番申し訳なく思っているのは、R・ペンスキー氏に対してさ。彼だけは失望させたくなかったんだけどね。彼のチームで働く事が夢で、それを実現できていたのに・・・自分はレースをつづけたいんだ、僕の全てだからね。
ー この問題において、あなたの次のステップは何なのでしょうか?
Allmendinger : まずはNASCARの矯正プログラムを受ける事さ、そして出場停止を解いて NASCARに復帰したい。そこで どこが雇ってくれるかだね、実現するかはわからないけどね。時間が経てば 夢のように思えるのかもしれない、長い視点で人として見るなら よりいい人間になれているだろう。キャリアとしてはとうなるかわからないけどね。でも人としては 絶対に以前より成長しているはずさ、それが 自分にとって一番大事なことなんだ。
順調にいっている時こそ、気をつけないと何処に落とし穴があるかわからないものなんてすね。think

Finger_lakes_355_at_the_glen_cere_2
ロードコースならこの人、Malcos Ambroseです。
ー 昨年のウィナー アンブローズです、ここでは3位以内しかありませんが 今年のレースは今までと何が違いますか?
Ambrose : マシンがどんどん速くなっているので、バランスが違ってきている。これまでのレースは うまくアジャストされたマシンに乗れていたけど、今年はアジャストに大忙しさ。現状のマシンは 敏感に反応しすぎているね、少し滑るのも問題さ。
ー 勝利を狙う上で、どのように違いを生み出していきますか?
Ambrose : バトルなしで、トップをクルージングしたいんだけどね。みんな色々なストラテジーでくるだろう、どのストラテジーが当たるかだろうね。
ロードコースは、やはりこの人が有利なんでしょうね。happy01
次は、ソノマ覇者Clint Bowyerです。
ー 1シーズンでロードコースのスウィープが実現すれば、1989年以来 6人目となります。しかし、ここはソノマとは全然違うトラックです、どうレースにアプローチしますか?
Bowyer : ロードコースのスウィープドライバーのリストになんてすごいね、でも自分がロードコースドライバーとは思ってないんだ。ソノマの後ロードコースドライバー達の仲間入りと扱われて嬉しかったよ。マシンには自信がある、クルーチーフのブライアン・パティもここでは多くの経験があるんだ。シーズンもこの段階にくると、ミスをしないことが とても大になってくる。ブライアンのストラテジーにそって いい走りをして、自分の仕事をしたいね。全てうまくいけば 勝てるとおもうよ、マシンはスピードがあるし ドライバーはきちんと理解できている。あとは自分がうまくやれば、勝てるはずさ。
ー あなたが言ったようにブライアン・パティは経験があります、2010年 モントーヤがここで勝った時のクルーチーフでした。今日のストラテジーについて、何が話をしていますか?
Bowyer : モントーヤの勝利の立役者として、今日 自分にどうしてくれるかはわからないね。色々なストラテジーがあるけど、自分はまだわからないんだ。恐らく状況に応じてだと思う、他のマシンの状況や コーションのタイミングなどさ。コーションが終盤に発生したら 全てのストラテジーは ほとんど関係なくなってしまう、たから少しの運も必要だよ。
ロードコーススウィープとなりますかどうか?think
続いてポイントスタンディングで、Jeff Gordonと並ぶRyan Newmanです。
ー 昨日の予選では6番手でした。ロングランについては昨日話していましたが 一夜開けて、昨日のマシンは今シーズン2勝目を狙えるでしょうか?
Newman : 1回で30周は走らないといけないので、どのチームもロングランは一番関心のあるところだろう。インフィネオンでもグリーンフラッグランが続いたしね、ここではみんな あまりプラクティスができていないんだ。そこが今日のポイントになると思うよ、ストラテジーよりもね。タイヤをコントロールしながら うまく走って、かつ 熱くならないようにすることだね。
ここは何としてもJ.Gordonより前でFINISHしたいですね。happy01

つぎは、どうもツキに見放された感じのKyle Buschです。
ー この9戦以前は素晴らしい成績でした、今週は再び速いマシンに仕上がっています。ここでのレースはコントロールできないことが多いですが、タイヤや燃料など ここで勝つのは何が一番大事でしょうか?
Ky.Busch : アスファルト内を走ることさ、多分 そこが一番速い場所だね。自分達のマシンは早いよ、チームのみんなには感謝しきれないね。デイブを始めとするチームのみんなは、素晴らしい仕事をしてくれた。しばらくツキに見放されていたけど、今日は違うと願いたいね。よりよい走りをして 2勝目だけでなく、3勝目、4勝目といければいいよね。トロフィーと共にチェイス圏内を狙っていくよ。
ー カイルはどうしてここでは こんなにいいのかと、デイブ・ロジャースに聞きました。“ここはアタックが必要なトラックで カイルは、アタックがうまいからさ”と言っていましたが それでいいですか?
Ky.Busch : そのとおりだね。COTになってから 多くのトラックでは、速く走るためにマシンをアンダードライブにしないといけない。それは まあ新しいものを取り入れていくという姿勢からは、逆行していることだけどね。ここでは 自分がハードにドライブした分だけ スピードは出せる、速く走れるかは まさに自分次第なのさ。
さすがは、ファイナルプラクティスでトップだけのことはあり説得力がありますね。confident
続きまして、Martin Truex Jr.のインタビュー。
ー 昨年のここでのレースは自己ベストの4位でした、今日はどうでしょうか?
Truex Jr. : よりよくなっているといいね、マシンはこの週末ずっといい。予選では自分がミスをしてしまったけど、トップグリッドを狙えたマシンだったんだ。いいレースプランがあるし マシンもいい、色々起こると思うけど 楽しみだね。チャンスを確実に活かして上位を狙っていくよ。
いいところは走っていると思うんですが、中々結果に結びつきはせんねぇ。gawk
ポコノで勝利の勢いを繋ぎたいJeff Gordonです。
ー ワトキンスグレン4勝のJ・ゴードンです、チェイス圏内に浮上しましたが まだギリギリです。今日はアグレッシブにいくのでしょうか?
J.Gordon : プレッシャーがかかってくる状況になってきたよ、アグレッシブにいくしかないね。ポイントではなくて勝利が必要なんだ。先週は幸運に恵まれて勝利し チェイス圏内に浮上できた。ヘンドリックの4台全てがチェイスに進出できれば、大きな意味があるのはわかっているよ。道はまだまだ始まったばかりと思っているんだ、勝てるということがわかったたけでも先週はよかったね。その調子をキープすることが大事になってくる、先週のようにいいポジションをキープして勝ちたいね。2勝目を狙っていくよ。
ようやく片目が開いた我らがJeff Gordon、これからが正念場ですね。think
ポールポジションは、ポコノにつづき、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)。
ナショナルアンセムは、Marlee Scott
グランドマーシャルは、Kirt Manwaring。

Finger_lakes_355_at_the_glen_start1 フロントローは、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)と#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)。

ターン②で#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)がリードチェンジ。up

OPENING LAPは#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が獲得。good

Jeff Gordonの紹介VTRの間に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's Cortez Silver)をパスして4位浮上。up

Finger_lakes_355_at_the_glen_spin_3
LAP-9に#34 David Ragan (Front Row Motorsports/Ford/Scorpion Coatings / Al's Liners)にコンタクトされた#32 Boris Said(FAS Lane Racing/Ford/HendrickCars.com)がスピンしていますが、ノーコーション。impact
LAP-18に#49 Jason Leffler(America Israel Racing/Toyota/America Israel Racing)がコースアウト。wobbly
LAP-23あたりからルーティーンピットが始まります。wrench

Finger_lakes_355_at_the_glen_cras_2
LAP-26に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)のクラッシュでコーション。impact
コーションラップ中に#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction Services)の左リアタイヤが外れるアクシデント。impact
ここでのピットを#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)がトップでピットアウト。

ここで#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がガス缶が抜けきる前にスタートしたことでペナルティになり、テールエンドに下がることに。down
LAP-30に先にピットを済ませておりステイアウトした#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)、#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)の順でリスタート。

LAP-31に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)をパスして6位浮上。up

続く#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)にもパスされた#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)は8位後退。down

ここでKurt Buschのインタビューが入ります。
ー あなたのようなロードコースを得意とするドライバーが、こんな序盤にどうしたのですか?
Ku.Busch : いま原因を究明中さ、トラック上に落ちているものもあるので時間がかかっている。ソノマの時同様トラックトラックバーが壊れたのかと思ったけど、違うようだ。とにかく今 全力で究明中さ。その後レースに戻って出来る限りのことはするつもりだよ。チームのみんなはハードワークをしてくれたけど、こういうメカニカルなことは 時々起きてしまうことさ。チームやシボレーには感謝している。ストラテジーも機能して 上位に上がっていたのに、ピットに2回入っただけで ソノマのような結果になってしまったよ。
吐き出すようにコメントしていますね。

Finger_lakes_355_at_the_glen_repare
LAP-33、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)もトラブルを抱えてガレージへと向かいます。

ここでJoey Loganoのインタビューが入ります。
ー どうしたのでしょうか?
Logano : コーションの出る10周くらい前から、リアから音が聞こえていたんだ。
結局 チャーシー横のショック マウントが、やられてしまったよ。まだまだらるべきことがあるので、レースには戻るつもりさ。残念だよ。あと2回ほどアジャストして いいポジションにいくチャンスはあったのに そこまでたどり着けなかった。レースには復帰して出来る限りのことはするつもりさ。シーズンも自分達にとっては、もうポイントではなく 勝利が必要なじきに来ている。ミシガンで頑張るよ。
LAP-34に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)をパスして5位浮上。up

LAP-39に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)がリードチェンジ。up

ここでガレージのJuan Pablo Montoyaにインタビューです。
ー ガナッシのマシンは2台とも、マシンの左フロントのトラブルですが 具体的には何なのですか?
Montoya : チームのみんなは素晴らしい仕事をしてくれている、ポールを獲得できたし 今日も勝てるマシンだった。スタートですカイルとはコンタクトしそうになったけど、彼の後ろを走り ピットストップで前に出ることがてきた。全てがプラン通りにいっていたのに ターンでマシンがタイトになり始めて 自分から離れていく感じになったね。
ー レースに戻る予定ですか?
Montoya : そのつもりでハードワークしているのさ。タフなシーズンになっているよ。
予選はいいんですよ、予選はね。クオリファイでもコースレコードを叩き出す程なのに、レースになると今ひとつなんだよなぁ。coldsweats01
リードチェンジしてからというもの徐々に差を開いていく#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)。

#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がついて行けませんね。
LAP-44に9LAPダウンで#51 Kurt Busch(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction Services)がようやくコース復帰。
しゃかりきに攻める訳でもないのに普通に速い#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をドンドン引き離していきます。dashdash

Completed: 1948
Distance: 2.45 miles
Shape: Road course
Turns: 7
Seating: Grandstand and General Admission
Watkins_glen_international_speedw_5
LAP-47にリーダーの#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)がルーティーンピットに入ります。wrench

LAP-52には、一旦テールエンドに下がった#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が5位まで上がって来ています。up

LAP-58にはリーダーの#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がルーティーンピットに入ります。wrench

ここで#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Freight)がエンジンブローで白煙を上げてコーションになり、3年連続のリタイアということに。wobbly
ガス欠の#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が緊急ピットインをしていますが、ピットクローズ中ということになり、テールエンドに回されます。downcoldsweats01
これで、リードラップカーがピットに入ります。wrench
こうなると、直前に入った#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)等は俄然有利になりますね。think

ここで、BradKeselowskiのクルーチーフPaul Wolfeにインタビューです。
ー スピードはタイヤ次第と話していた そのタイヤで、2周ほど 他のドライバーより不利です、大丈夫でしょうか?
Wolfe : OKさ。マシンは一日ずっといい、ここからはダッヂの燃費の良さを活かしたストラテジーでいくよ。コーションというツキも見方している。ここからはどのドライバーもトップフォームでくるので、リーダーをキープして ビクトリーレーンに立ちたいね。
ダッヂの好燃費は定評がありますが、そう上手くいきますかどうか。なんせ、あの人がいますから。think
LAP-60に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)、#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。

リスタート直後に#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)が#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)をパスして2位浮上。up

しかし、インナーループで#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)をパスして2位浮上。up

LAP-62に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Ford EcoBoost)をパスして7位浮上。up

LAP-63、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)にコンタクトされた#5 Kasey Kahne(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Farmers Insurance)がスピンしますが、ノーコーション。

#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Diet Mountain Dew)をパスして6位浮上。up
LAP-64に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M)をパスして4位浮上。up

ここで#49 Jason Leffler(America Israel Racing/Toyota/America Israel Racing)がエンジンブローでコーション。impact
カメラにポツポツと雨粒がつく様になってきました。
ここで、Clint BowyerのクルーチーフBrian Pattieにインタビューです。
ー このコーションブレイクては 何をしたのでしょうか?
Pattie : ボウヤーらしいいいレースができている、先ほどオーバーヒートがあったけど さっきのコーションで修正済さ。それから 何もしてないよ。
ー リスタートしてからの作戦は何があるのでしょうか?
Pattie : 私はリアリストだからね、何かあれば もちろん勝ちにいくさ。でも 今はチェイスを争っているんだ、スマートにトップ10フィニッシュでも十分だね。
ロードコース スウィープ成るか?
ここで、Kyle BuschのクルーチーフDave Rogersにインタビューです。
ー イエローフラッグが振られてのピットインは、どう判断したのでしょうか?
Rogers : タイミングが全てさ。2ストップで考えているので、ピットインは伸ばしていきたいんだ。28周目のコーションが出た時にピットインしたかったけど、ピットクローズだった。カイルの判断でピットインしなかったけど 正解だったね、おかげでペナルティを受けずに済んだ。その後 燃料補給は済ませたけど2つほど順位を落としてしまった、これからパスしていくよ。
ー マシンの出来はどうでしょうか?
Rogers : マシンはすごくいいけど このラストランでは、燃料セーブをしているので 力を出し切れていない。2番も燃料セーブをしているね、カイルと2番がこの週末ずっと強かった。2人の激しいバトルになるよ。
4番手スタートで何処まで伸ばせるか、楽しみです。
続いて5番手スタートのGreg BiffleのクルーチーフMatt Pucciaのインタビューです。
ー 天気も心配になってきましたが、燃料の方はどうしているのでしょうか?
Puccia : 燃費の方は大丈夫さ。2周ほどショートしていたけど、このコーションラップのおかげで 大丈夫だろう。雨が降ったり止んだりと難しい天気に注意しながら、出来る限りのことんしていくよ。
最近いいとこなしのBiffleですから、ここらで一丁いいところを見せて欲しいものです。
LAP-69に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)、#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。

LAP-70に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)、#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)とまさかの2台抜きで一気にパスして3位浮上です。upup

#15 Clint Bowyer(Michael Waltrip Racing/Toyota/5-hour Energy)は#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)にもパスされ5位後退。down

LAP-71に#14 Tony Stewart(Stewart-Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)のスピンでコーション。impact

LAP-75に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)、#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)の順でリスタート。

リスタート直後にリスタートキングの#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)がリードチェンジ。up

#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)もアウトサイドから#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして2位浮上。up

しかし、#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)がバランスを崩した隙に#2 が2位浮上。up

LAP-81、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)と#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)の2位争いが激しくなるのを尻目に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)はドンドン逃げていきます。dashdashdash

インナーループで#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして2位争いは決着か?

LAP-84に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Diet Mountain Dew)がスピンしますが、ノーコーション。

LAP-87に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's Cortez Silver)が#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)をパスして4位浮上。up
LAP-85に#87 Joe Nemechek(NEMCO Motorsports/Toyota/Genny Light / AM-FM Energy)がスローダウン。despair
LAP-89には再び追い上げて来た#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)をパスして2位浮上。up

Finger_lakes_355_at_the_glen_spin_1
FINAL LAP、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)にコンタクトされた#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)がスピン。sad

リーダーを奪った#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)でしたが、自身もプッシュされて#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)がリードチェンジ。up

Finger_lakes_355_at_the_glen_win_95

去年の悪夢が#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)の脳裏をかすめる中、匠の技でパスする隙を与えない#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)がそのままFINISH LINEを横切り2年連続の優勝です。goodmotorsportsshine

Finger_lakes_355_at_the_glen_win_96 Race Statistics Time of Race: 02 hour, 14 minutes, 48 seconds. Average Speed: 98.145 mph. Margin of Victory: 0.571 seconds Caution Flags: 4 for 13 laps Lead Changes: 10 among 5 drivers Lap Leaders:J. Montoya 0; Kyle Busch 1-26; J. Montoya 27; B. Keselowski 28-38; M. Ambrose 39-45; B. Keselowski 46-56; Kyle Busch 57-58; C. Edwards 59; B. Keselowski 60-74; Kyle Busch 75-89; M. Ambrose 90;

Finger_lakes_355_at_the_gren

ここで、Kyle BuschのクルーチーフDave Rogersにインタビューです。
ー デイブ・ロジャースです。カイルのマシンに何が起きたのですか?
Rogers : スモークを上げている47番を見ればわかるけど、彼がトラック上にオイルをまき散らしていたのさ。オイル上に乗ったうえに、2番にやられてしまったということさ。マシンは素晴らしかった、チームの仕事を誇りに思う。あと少しだったのにね。
ー オイル以外は全てよかったのですね?
Rogers : 問題は散らばったオイルだけだったよ。
トップでホワイトフラッグを受けていたのに、悔しいてすね。gawk

接戦の末、惜しくも2位FINISHですが、Ambroseのクルーと健闘を称え合うBrad Keselowskiです。
ー 最終ラップについて聞かせて下さい。
Keselowski : 18番が体制を立て直そうとしていたうえ、路面にはグリップが全くなかったんだ。カイルとあそこで当たったけど、彼もオイルで滑っていた。彼のインに入ったらコンタクトしてスピンさせてしまった、申し訳なく思っているよ。言いたくはないけど、他になす術がなかったね。とにかくオイルだらけだったんだ、カイルには本当に申し訳なく思っている。その後 ほぼ1周アンブローズとのバトルになったけど、2人ともオイルで滑りながらの抜きつ抜かれつだったよ。ビート&バンキングのハードな いいレースだった、レースはこうでなきゃね。アンブローズのような素晴らしいドライバーとバトルができてよかったよ。ハードにレースしながらも、2人ともクラッシュはしなかった。いいドライバー同志が多少はコンタクトしながらもクラッシュはしない、レースはこうあるべきさ。
ー どうやって順位を上げてきたのでしょうか?
Keselowski : ひたすらアンブローズの前に出られるように、頑張っただけさ、うまくいったよ。
回を追う度にコメントも上手くなっていく気がしますね。think

Finger_lakes_355_at_the_glen_win_91

レース終盤に見応えのあるメイクドラマを演出してくれたMarcos Ambroseです。

ー 1年前ほとの緊張感はありませんが みんなうれしそうです、ドラマチックは最終ラップでしたね。
Ambrose : ビクトリーレーンに戻って来られてうれしいね、スプリントやフォードそれと全てのスポンサーに感謝しているよ。ここでもう1回勝ちたかったんだ、昨年は安心したけど 今年は純粋に嬉しいよ。父さんに挨拶したいね、彼は入院中で来られなかったんだ。残念だよ。この勝利で元気になって欲しいね、チームも勢いにのってこられればいいと思う。最高の一日だよ。
ー 最終ラップはどうやって制したのでしょうか?
Ambrose : とにかくオイルでスリップしていたんだ、ケセロウスキーにはまずパスさせたけど スリップはひどくなる一方だった。オイルはどんどん流れて 状況は常に変わっていたけど、どこかで勝負しないとね。カイルは不運に見舞われたけど、カイルとケセロウスキーの2人といいレースが出来たと思う。最後は2台のベストのマシンの対決になったけど、レースはこうでないとね。
ー 残り3周で順位を落としチャンスは遠のいたように見えましたが、あの時はどう思っていたのですか?
Ambrose : とにかく全力で攻めていったよ、もともとこの気温の中 3ストップのつもりでレースをしていたんだ。コーションが出てピットインしたら、8位か9位まで順位を下げてしまった。そこからは運を点に任せてプッシュするだけだったね。

Finger_lakes_355_at_the_glen_win__2

正に、これぞNASCARという激しいレースでしたね。confident

ー 5位のサム・ホーニッシュJr.です。昨日は3位と好調ですが、カップカーに乗り続け 証明したいのは何でしょうか?
Hornish Jr. : レースに出てリードラップでフィニッシュできることさ。初めてのチャンスだったデイトナで左リアタイヤをブローさせて以来 ずっと悔しい想いをしてきたからね。毎週少しずつよくなっている、今日は特にロングランで素晴らしかった。最後までいい走りをすることができなかったけど、ショップを始めとするチームのみんなにとって 嬉しい結果になった。チームは素晴らしいマシンを仕上げてくれるし、ケセロウスキーという素晴らしいチームメイトもいる。たのしいよ、もっと乗り続けたいね。
結果を残して是非ともこの千載一遇のチャンスをものにして欲しいですね。confident
10番手を走行していましたが、スピンで後退を余儀なくされたDale Earnhardt Jr.です。
トップ10フィニッシュ目前でしたが 28位、どうしたのでしょうか?
Earnhardt Jr. : コーナーでミスをしたんだ、マシンをオーバードライブしてしまったのさ。
ー スピンした後 ターンで苦しんでいるように見えましたが、何かダメージはあったのでしょうか?
Earnhardt Jr. : タイヤは何とか持ちこたえたけど、路面がオイルだらけになっていたんだ。誰かのオイルさ、路面では見えないけど あちこちだよ。走りたい状況ではなかったね、リーダーが近づいてきた時は コースを譲ったよ。とにかくどこもかしこもオイルで、前でのバトルを見ているだけになってしまった。トラック上にあんなに、オイルがあるべきじゃないんだけどね。タフな展開になってしまったよ、最後の最後であんな状況になるなんてね。
やり切れないといった感じですが、これでポイントスタンディングも4位に後退です。catface

Kyle Buschは、さっさと着替えて怒って帰っちゃいました。coldsweats01

|

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »