NASCAR 2011

2011年12月13日 (火)

NASCAR SPRINT CUP Rd.36(CHASE RACE 10) TONY STEWART WINS FORD 400

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.36(Chase Race 10) Ford 400の決勝レースはフロリダ州Homestead-Miami Speedwayで11月20日に開催されました。
Tony_stewarl_shakehand_karl_edward220120122_180423
Homestead_miami_speedway_logo
ポールポジションは#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)。
ナショナルアンセムは、Pia Toscano
Ford4001jw0twendqwl
グランドマーシャルは、Michelle Obama大統領夫人、Biden副大統領婦人とそのファミリー。
Ford_400_start1
フロントローは#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)と#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)。
Stewartはチェイスに入り4勝していますが、ここHomesteadではEdwardsが3年で2勝しています。
「ここ数年テクノロジーを始め色々と変わっている、エドワーズが今まで通りにいく保証はないね。」「彼は初のタトル挑戦だけど、自分達は3回目のタイトル挑戦さ。」とStewartがいえば、Crew ChiefのDarian Grubbも「いつものレースと同じ様にベストを尽くす様に伝えたよ、マシンを上位まで押し上げて勝利しようってね。」とリラックスした雰囲気です。confident
Homesteadの過去の成績から「大きなアドバンテージはあるけど結果はどうなるか解らないね。」「トニーはここ数週素晴らしい走りを披露している、だから油断はできないね」「積極的に攻めて最多リードラップを獲得した上で勝利を狙っていく、それが自分達を楽にしてくれるからね。」と得意のコースで有利に展開したいEdwardsですが、やや緊張気味でしょうか。think
今日の戦略はスチュアートの戦略を見ながらになりますかと聞かれると「自分達の戦略でいくつもりさ、今シーズンここまでやってきたようにベストを尽くすだけさ。」「でもスチュアートの動向はもちろんチェックしていくよ。」とプレッシャーを感じている様子のBob Osborneでした。
さあ、泣いても笑ってもこの1戦で全てが決まります。
スタート直後からインサイドに出てアグレッシブに攻める#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)。
それに対してOPENING LAPを獲ってまずは1POINT GETの#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)。
LAP-3に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がスローダウン。
どうやらドライブシャフトにトラブル発生の様でガレージに向かうことに。despair
LAP-5には15番グリッドスタートの#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が速くも10位浮上。up
LAP-12に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして3位浮上。up
#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)は#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)にもパスされて5位後退。down
LAP-13に雨によりコーションが出ます。impact
ここでのピットで#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が2タイヤチェンジでピットアウトしますが、もう一度入って来ます。wrench
ラジエター前のエアインテークのリペアで大きくタイムロス。wobbly
LAP-22に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)の順でリスタート。
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は何と40番手からのリスタート。
LAP-24、そんな#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が速くも31位浮上。up
LAP-32には25位まで上がって来た#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)。up
Ford_400_spin_352
LAP-34に#35 Dave Blaney(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Big Red)のスピンでコーション。impact
ここでのピットでもリペアの為にせっかく上げたポジションを落とす#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)。down
LAP-38に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)の順でリスタート。
リスタート直後に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がリードチェンジ。up
LAP-46に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)をパスして2位浮上。up
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)をパスして19位浮上でポイント差を23に詰めます。
LAP-49に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。up
LAP-74、リーダーを守る#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)ですが、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)もポイント差を19とじわじわ追いあげています。up
LAP-77に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)がピットインでスケジュールピットがスタート。wrench
LAP-80にリーダーの#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が入ります。
Ford_400_white_smoke_61
LAP-83、#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)が白煙を上げますが、エンジンブローでしょうか。despair
これにてコーションになります。impact
ここでのピットで#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がリペアに時間が掛かっているようですね。wrench
LAP-88に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)の順でリスタート。
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)はもう10位です。
#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)をパスして2位浮上。up
LAP-92に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Amp Energy)をパスして#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が8位浮上。up
LAP-93には#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)が道を譲って7位浮上の#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)。up
LAP-105に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が緊急ピットイン。wrench
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)はもう5位まで上がって来ています。up
LAP-107に再び雨によるコーションが出されます。impact
雨が強くなってきてレッドフラッグが振られます。
複数台のジェットドライヤーの投入でも約1時間14分の中断になりましたが、ようやくレッドフラッグが解除されます。
コーションラップを終えて各車ピットインします。wrench
ここで#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)が2タイヤチェンジを選択。
4タイヤ組のトップは#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)。
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の直ぐ後ろに付けます。good
これで#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)のアドバンテージはほぼゼロに近いです。
LAP-117に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)の順でリスタート。
#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)がナイススタートでリードチェンジ。up
これに#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)も続き2位浮上。up
LAP-118に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が3位浮上。up
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)は#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)にもパスされて5位後退。down
LAP-123に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
LAP-130に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)をパスして2位浮上。up
この時点でポイントタイブレーク。
さあ、えらいことになってきました。happy01
Completed : 1995
Distance : 1.5 miles
Shape : Oval
Banking : 18-20° turns
4° straights
Frontstretch : 1,760 feet
Backstretch : 1,760 feet
Seating : 65,000
Homestead_miami_speedway
LAP-134に#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)がウォールにブラッシュでコーション。impact
ここで#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)、#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)が2タイヤチェンジを選択。
チャンピオンシップを争う2台はコンサバティブに4本を交換して燃料もしっかり入れます。
LAP-139に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)の順でリスタート。
LAP-140に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)をパスして2位浮上。up
LAP-141に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)をパスして3位浮上。up
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)も#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)をパスして9位浮上。up
Ford_400_spin_484
LAP-142にルースを巧く堪えた#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)でしたが#34 David Gilliland(Front Row Motorsports/Ford/Front Row Motorsports)にコンタクトされた為、スピンしてコーションに。impact
LAP-147に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)の順でリスタート。
#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が好発進でリードチェンジ。up
ここで#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が一気にインサイドに降りるアグレッシブな走りで#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をパスして3位浮上。up
LAP-152に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)をパスして3位浮上。up
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)も#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)をリードチェンジでポイントも逆転。good
LAP-154に#51 Landon Cassill(Phoenix Racing/Chevrolet/Thank A Teacher Today / Security Benefit)と#84 Cole Whitt(Red Bull Racing Team/Toyota/Kangaroo Express)のクラッシュでコーション。impact
Ford_400_crash_212
#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)も左フロントタイヤバーストの様です。wobbly
ここでのピット各車2タイヤチェンジですが、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がタイムロスで−9とポジションを落とします。down
LAP-161にステイアウトの#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Amp Energy)の順でリスタート。
#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がリードチェンジ。up
これに#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)も続きます。up
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)も速くも7位まで上がって来た。up
LAP-162に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Amp Energy)をパスして5位浮上。up
LAP-163には#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)もパスして4位浮上の#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)。up
LAP-173に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が粘る#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)をようやくパスして2位浮上。up
LAP-175に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をリードチェンジ。up
LAP-176、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)をあっさりパスして3位浮上。up
LAP-180には#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)もこれまたあっさりパスして#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は2位浮上です。up
LAP-192 に先のピットをステイアウトした#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)がルーティーンピットに入るようです。wrench
LAP-201にリーダーの#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がピットイン。wrench
これでリーダーは#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)です。
LAP-205、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)のスピードがガクンと落ちてきました。
Darian Grubbは燃費走行で残り1回のピットインで済まそうという大ギャンブルに打って出ました。
チャンピオンシップをギャンブルで獲りに行くという大胆は作戦に解説の石見さんも舌を巻きます。coldsweats01
LAP-210には#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)もピットイン。wrench
LAP-213に雨によるコーション。impact
LAP-214にリーダー#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がピットイン。wrench
シリーズ最終戦でチャンピオンシップを争う2台が対極の戦略で最後の勝負を賭けます。
2011年のNASCARは最後の最期まで飽きさせません。happy02
それに路面を乾かすのに15LAP程スロー走行でしたので最早、燃費走行を行う必要もなく全力を尽くしたバトルが見れます。eye
LAP-231に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)の順でリスタート。
リスタート直後にまたもや#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がアグレッシブに動きます。
LAP-232に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)も#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)はパスしますが#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が行く手を阻みます。
これでポイントでも#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が−1のビハインド。
LAP-236に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)もパスして#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が2位浮上。up
これでポイント上では並びましたが、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)は優勝しなければチャンピオンにはなれません。think
さあ、えらいことになって来ました。coldsweats01
これでもう完全に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)と#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)のガチンコレースになりました。
4タイヤと2タイヤの差があるのかじわじわ差を広げられていく#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)。
LAP-260に周回遅れのマシンが出てきたことで#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)にとっては最後のチャンスになるでしょうか。
しかし、2人の差は縮まること無く遂にFINAL LAPのホワイトフラッグが振られます。
Ford_400_win_143
そしてそのまま逃げきりチェイス前は1勝も出来なかった#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がチェイスに入った途端、10戦中5戦で勝利するという前代未聞の勝ち方で見事に3度目のシリーズチャンピオンを獲得。goodshinemotorsportscrown
Ford_400_win_1417
Time of Race: 3 hour, 29 minutes, 00 seconds.
Average Speed: 114.976 mph.
Margin of Victory: 1.306 seconds.
Caution Flags: 8 for 54 laps
Lead Changes: 26 among 15 drivers
Lap Leaders:C. Edwards 1-14; T. Kvapil(i) 15-17; J. Nemechek(i) 18-20; C. Edwards 21-35; J. Montoya 36-37; B. Keselowski 38-47; C. Edwards 48-78; J. Gordon 79; M. Kenseth 80; J. Johnson 81-82; C. Edwards 83-112; G. Biffle 113-114; K. Harvick 115-116; J. Gordon 117-122; T. Stewart 123-135; D. Gilliland 136; K. Harvick 137-146; M. Truex Jr. 147-151; T. Stewart 152-156; J. Burton 157-160; M. Kenseth 161-174; C. Edwards 175-200; T. Stewart 201-211; C. Edwards 212-214; Kyle Busch 215-230; B. Keselowski 231; T. Stewart 232-267.
Ford_400
マシンの修正に始まり、後方からの追い上げで最後は燃費のギャンブルに出て最後の最後にメイクドラマを演出してくれたCrew ChiefのDarian Grubbにインタビューです。
Ford_400_win_143
「最高のチームだね、諦めずに戦ってチャンピオンさ、これが本当のチャンピオンだよ。」
このタイトルはあなたにとってどんな意味を持ちますか?と聞かれると、「全てさ、タイトルを決めた上に家族がそばにいてくれるんだからね。」とほっとした安堵の表情を浮かべるDarian Grubbでした。confident
本当にお疲れ様でした。happy01
Ford_400_champion_1446
一方、最終戦までポイントでリードしながら惜しくもチャンピオンを逃したEdwardsは、「トニー・スチュアートのの夜になってしまった、全力で戦ったけどやられてしまったね。」「ポールポジションから最多リードラップを獲って2位FINISHしたのにトニーに及ばなかった。」「彼等の戦略が当たったね、ピットアウトして彼らが前に出た時点で厳しくなってしまった、出来る限りのことをした結果さ。」ここで大きくため息をついてから「妻には“これで勝てなかったらナスカー史上最強の敗者だね”とは言っていたんだ。」と心なしか力がない感じでしたね。これでまたしてもあと少しで手が届きかけたSPRINT CUPが指の間から滑り落ちてしまったEdwardsでしたが、2012年に期待しましょう。confident
Ford_400_champion_1442
Edwardsとの直接対決を制してシリーズチャンピオンの栄冠を勝ち得たStewartは「最高だよ、みんなに感謝している。」「今シーズンはタフな夏、タフな秋を過ごしたけどこの降り続いた雨がタイトルをもたらしてくれたよ。」「このタイトルは雨が続いた週末にも関わらずスタンドで見続けてくれたファンに贈りたいね。」「今はどれだけ雨が降ろうと全く気にならないよ。」「“このレースに勝てばエドワーズの結果を気にしなくていいんだ”とチームで言っていたんだ、その通りのことができた。」「今日のバトルがナスカー史上最高のバトルでないなら何が最高かわからないね。」最後の100周で2回も後方に下がりながらもリスタートでは3ワイド、4ワイドとアグレッシブに攻めポジションを上げてその後、燃料でギャンブルに出ましたが大きな賭けでしたねと聞かれると、「ジーン・ハースとジョー・カスターにチームを設立するチャンスをもらった時、絶対に諦めないということを学んだんだ。」「エンジンとチャーシーを供給してもらったリック・ヘンドリック抜きには成し遂げられなかったよ。」「ダリアン・グラブをはじめこのチームのみんなは絶対に諦めなかったね。」「本当に素晴らしい夜になった、チーム全員の努力の結果さ、自分は最高のチームを手に入れているよ。」
Ford_400_champion_1452_2
惜しくもチャンピオンを逃したEdwardsについて聞かれると、「エドワーズはいいヤツだし、素晴らしいドライバーだよ。」「ヤツは別格だね、一番最初に俺のところに祝福に来たんだ。」「“この勝利を楽しんでくれ”ってね、そしてこうも言っていた“来年もチャンピオンを賭けていいバトルをしよう”ってね。」「素晴らしい男だよ。」とEdwardsへの勝算も忘れません。confident
Ford_400_champion_1417
NASCARのルール変更が功を奏してシーズン最終戦をドラマチックな展開にしましたが、減量してシリーズに挑んだ2011年、実り多き1年に鳴りましたね。
Congratulations. Tony Stewart。happy02goodcrownshine
Nascar_champions_portraits14

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

NASCAR SPRINT CUP Rd.35(CHASE RACE 9) KASEY KAHNE WINS KOBALT TOOLS 500

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.35(Chase Race 9) Kobalt Tools 500の決勝レースはアリゾナ州Phoenix International Racewayで11月13日に開催されました。
Phoenix_international_raceway_logo2
改修された新しいPhonexについて聞かれたStewartは“感触は良くない”と言っても場所が代わるわけではないし、選択の余地はないだろう。」「感触はいいよ、トラックは違いはあるけど同じところも多い、フェンスの外側から見たグランドスタンドの景色が最高だね、多くのファンが観に来てくれて壮観だよ。」「シーズンの残り2戦の舞台にふさわしいね楽しみだよ。」とやはり余裕があるのかフレンドリーなコメントですね。happy01
2位Stewartとは3ポイント差のリーダーEdwardsはというと「今日はタフなレースになるだろう、リスタートがすごく重要だね。」「速いマシンに仕上がっているので楽しみながら且つハードにレースをしていくつもりさ。」「ホームステッドにはもっと大きくリードしていきたいね。」
ナショナルアンセムは、Catch Penny
グランドマーシャルは、Adrian Fernandez
Kobalt_tools_500_start1
フロントローは#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)と#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Wix Filters)。
好スタートの#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)に対し、スタートをしくじった#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Wix Filters)は後退していく。down
OPENING LAPは#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が獲得。good
替わって#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)が2位浮上。up
LAP-2に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)をパスして2位浮上。up
Kobalt_tools_500_spin_6_782
#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)と#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row Companies)が仲良くスピンでおしりをウォールにクラッシュでコーション。impact
LAP-6に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)の順でリスタート。
Kobalt_tools_500_spin_363
LAP-7に#36 Geoffrey Bodine(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Luke & Associates)のスピンでコーション。impact
LAP-11に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)の順でリスタート。
LAP-12に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#00 David Reutimann(Michael Waltrip Racing/Toyota/Tums)をパスして4位浮上。up
LAP-13に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)をパスして3位浮上。up
LAP-17に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)もパスして2位浮上。up
LAP-37に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
LAP-41にコンペティションコーションが出されます。
LAP-46に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
リスタート直後に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
LAP-51に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして2位浮上。up
LAP-63に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Wix Filters)が#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をパスして2位浮上。up
Kobalt_tools_500_spin_361
LAP-94に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)とコンタクトした#36 Geoffrey Bodine(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Luke & Associates)がスピンでコーション。impact
LAP-98に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)があっさりとリードチェンジ。up
LAP-155、コーションも一向に出ないようなのでアンダーグリーンピットが始まります。
Completed : 1964
Distance : 1 mile
Shape : Tri-oval
Banking : 11° Turns 1-2
9° Turns 3-4
3° frontstretch
9° backstretch
Frontstretch : 1,179 feet
Backstretch : 1,551 feet
Seating : 76,800
Phoenix_international_raceway1
LAP-158に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がリードチェンジ。up
Kobalt_tools_500_spin_362
ここで#36 Geoffrey Bodine(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Luke & Associates)がクラッシュでコーション。impact
ここまですべてのコーションに#36 Geoffrey Bodine(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Luke & Associates)が絡んでますね。coldsweats01
これでリードラップカーがピットイン。wrench
ここでも#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がトップでピットアウト。
LAP-164に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)の順でリスタート。
LAP-166に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。up
LAP-168に#84 Cole Whitt(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull Racing Team)がスピンでコーション。impact
LAP-173に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
LAP-177に#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)に追突された#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がウォールにクラッシュでコーション。impact
マシンはガレージに向かいます。
これはチョット問題ですな。think
LAP-182に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順で順でリスタート。
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が直ぐにリードチェンジ。up
Kobalt_tools_500_garage_182
LAP-187に3番手につけていた#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)がスローダウン。wobbly
エンジンブローの様ですね。coldsweats01
Kobalt_tools_500_garage_172
LAP-212、ガレージで懸命のリペアを受けるKensethにインタビューです。
マーティンズビルの報復とは思っていませんでしたか?と聞かれて「ハハハ、全然そんなこと思ってないさ、残念だけどレースではよくあることだよ。」「誰かにぶつかったり、ぶつけられたりは仕方のないことだと理解している。」「NASCARから何の注意もないのも残念だね、彼のああいうのはもう4週間ほど続いている。」「競争力もないのにトラック上にいて当たりまくっているんだ、先週のカイルのペナルティのケースと全く変わりはないと思うけどね。」「とにかく残念だよ、最悪だね。」
まったくその通りです。think
LAP-208に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Wix Filters)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして3位浮上。up
LAP-220に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして4位浮上。up
ここで#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei)がクラッシュでコーション。impact
LAP-225に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Peak / Menards)の順でリスタート。
ここでリペアを終えた#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がコース復帰。
LAP-236、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Peak / Menards)は#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)、#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)にパスされて5位後退。down
LAP-240に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)をパスして3位浮上。up
LAP-272に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)と#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の差が縮まって来ましたね。catface
LAP-279に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。up
#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)はエンジンストールで予定外のピットインになり優勝の目はなくなりましたね。gawk
LAP-291にリーダーの#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がピットイン。wrench
LAP-296、リーダーは#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)ですが、まだピットインしていません。
LAP-299に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がピットインして#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がリーダーになります。up
FINAL LAPに#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar Global Mining)をパスして3位浮上。up
それに対して#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)を#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)を捉えることは出来ずポイント差を詰められます。
Kobalt_tools_500_win_47
逃げきった#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)は今シーズン初勝利で2012年のHendrickへの移籍に花を添えます。goodshinemotorsports
Kobalt_tools_500_win_425
Time of Race: 2 hour, 45 minutes, 47 seconds.
Average Speed: 112.918 mph.
Margin of Victory: 0.892 seconds.
Caution Flags: 8 for 30 laps
Lead Changes: 14 among 7 drivers
Lap Leaders:M. Kenseth 1-35; T. Stewart 36-42; J. Yeley 43; M. Kenseth 44-45; T. Stewart 46-94; M. Kenseth 95-97; T. Stewart 98-157; M. Kenseth 158-166; C. Edwards 167-181; T. Stewart 182-221; Kurt Busch 222-278; C. Edwards 279-290; T. Stewart 291-294; B. Keselowski 295-298; K. Kahne 299-312.
Kobalt_tools_500_2011
ヘンドリック移籍を前にこのチームで走るのもあと1戦です、この勝利の意味を聞かせてくださいとの問に「ショップのみんなを始めチーム全員がシーズンを通してずっと頑張ってきたんだ、努力の成果が出て素晴らしいマシンを仕上げることができた。」「この勝利は本当に嬉しいし誇りに思う、チーム全員の勝利さ、エンジンショップやチャーシーショップを含むみんなのね。」「個人的にも今までで最も大きな勝利になったよ。」と満面の笑みでコメントするのは#4 Kenny Francis(Crew Chief : Kasey Kahne)本当に嬉しそうですね。confident
Kobalt_tools_500_win_43
Kobalt_tools_500_win_48
約2年ぶりの勝利でビクトリーレーンに戻って来た感想を聞かれて「最高の気分さ、久しぶりだよ、チームがハードワークをしてくれたおかげさ。」「ケニー・フランシスを始めチームのみんなが素晴らしい仕事をしてくれた、トヨタのエンジンも素晴らしかったよ。」「いい走りができた、一時は順位を下げたけどそこからマシンを良くしながら上がっていくことができた。」「ここ3ヶ月ほどいろいろなチーム事情があったけどこのチームは諦めなかった、最高だよ。」と嬉しさを隠し切れない様子で話すKahne。confident
チームの強さの秘密を聞かれると「諦めないことだと思うよ、それとケニー・フランシスの存在だね、彼がハードワークを続けてくれるのでそれに応えて自分も彼以上の仕事をしたくなるんだ。」「先週祖父が亡くなったんだ、この勝利は悲しんでいる祖母と母のものさ。」「勝てて本当によかったよ、彼は一番のサポーターだったんだ。」と言葉を詰まらせるKahneでした。think
Congratulations Kasey Kahnehappy02
2位FINISHで辛くも3ポイント差を残して最終戦のHomesteadに挑むEdwardsですがStewartへの感想を聞かれると「彼は本当にいいドライバーだね、楽しかったよ。」「スチュアートの前でフィニッシュするという目的は達成できた、ポイントをリードしてホームステッドに向かえるねと締めくくります。
一方、3位FINISHのStewartとはというと、「2連勝のあと3位さ、プレッシャーをかけ続けて締め上げてやるよ。」と挑発的です。coldsweats01
過去2度のチャンピオンシップ制覇に経験がある40歳のStewartと初制覇目指す32歳のEdwards。
さあ、勝利の女神が微笑みかけるのはどっちだ。

| | コメント (0)

2011年11月26日 (土)

NASCAR SPRINT CUP Rd.34(CHASE RACE 8) TONY STEWART WINS AAA TEXAS 500

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.34(Chase Race 8) AAA Texas500の決勝レースはテキサス州Texas Motor Speedwayで11月6日に開催されました。
Texas_motor_speedway_logo2
チェイス前半とは違ってマーティンズビル以降自信を感じます、なぜ態度が変わったのでしょうか?と聞かれて「マーティンズビルでは前半の200周は苦しんだけどそこから追い上げるといういい形で勝てたからね。」「でもまだ残り3戦トラブルが起こりやすいトラックが残っている、油断できないけどああいう形で勝てたんだ自信が持てないわけはないよ。」「エドワースはいいドライバーだし彼がポイントリーダーなのも理解は出来る。でも流れは自分達に着ているし、残り3戦は得意なトラックさ楽しみだよ。」と余裕のありげなStewartでした。think
前戦のヴィクトリーレーンでスチュアートから宣戦布告されましたねと問われると、「スチュアートに脅かされるのはいつもの事さ、マシンは凄く速いのでいいレースになると思うよ。」「とにかく出来る限りのポイントを獲得してリーダーをキープしたいね。」とコメントするEdwards。confident
11月4日に開催のCamping World Truck Series Rd.24 WinStar World Casino 350kで#33 Ron Hornaday(Kevin Harvick Inc./Chevrolet/OneMain Financial)とのいざこざから#18 Kyle Busch(Kyle Busch Motorsports/Toyota/Traxxas)がイエローコーション中に体当たりを敢行してクラッシュに追い込んだことに対してNASCARからSprint Cup、Nationwaideに出場停止という厳重処分が下され本日は、Michael McDowellが#18 M&M'sのマシンに乗ることになるようです。coldsweats01
千載一遇のチャンスですからいい走りをしたいですね。confident
ナショナルアンセムは、Trace Adkins
グランドマーシャルは、Bob Bouttier。
フロントローは#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Scotch-Blue Painter's Tape)と#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)。
Aaa_texas_500_start1
OPENING LAPは、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Scotch-Blue Painter's Tape)が獲得。good
LAP-2に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)をパスして2位浮上。up
LAP-9に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)をパスして3位浮上。up
LAP-10に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)をパスして4位浮上。up
LAP-24に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がリードチェンジ。up
LAP-42に#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)がピットインでスケジュールピットがスタート。
LAP-44に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Scotch-Blue Painter's Tape)も入ります。wrench
LAP-47には1〜4位までRoush Fenway勢が占めます。
LAP-57に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Scotch-Blue Painter's Tape)をパスして2位浮上。up
LAP-87にスケジュールピットがスタート。
No_limits_texas2
LAP-112にデブリーでコーション。impact
LAP-117に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の順でリスタート。
リスタート直後に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をパスして2位浮上。up
LAP-119に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
LAP-133、TOP2台は3位以下を引き離します。dash
#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)は#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)にパスされて4位です。
LAP-148に#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして2位浮上。up
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)はと言うと遥かに前で一人旅です。dashdashdash
LAP-157に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)がピットインでスケジュールピットがスタート。
#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が2位に戻している様です。
Completed : 1996
Distance : 1.5 miles
Shape : Quad-oval
Banking : 24° turns
5° straights
Frontstretch : 2,250 feet
Backstretch : 1,330 feet
Seating : 159,585
Texas_motor_speedway
LAP-178に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は6位の#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)とポイント上で並び勝利数の関係でスタンディングもリーダーとなりました。
LAP-181に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)が4位まで上がって来ています。up
LAP-188、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は最早独走状態です。dashdash
LAP-197に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard "Trained by Tradition" / AMP Energy)がピットインでスケジュールピットがスタート。
LAP-201に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)にコンタクトで#36 Geoffrey Bodine(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Luke & Associates)がスピンしてコーション。impact
LAP-202にピットインしようとする#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)の右フロントタイヤの表面が剥がれます。
このコーションで#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)はナイスタイミングのピットインになりリーダーでリスタートすることに。
LAP-207に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
リスタート直後に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)は#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)にもパスされ3位後退。down
LAP-210に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして5位浮上。up
LAP-223に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)が#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の背後に迫ります。
LAP-228に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして5位浮上。up
Aaa_texas_500_spin_482
LAP-240に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)がスピンでコーション。impact
LAP-245に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)、#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)の順でリスタート。
リスタート直後に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)をパスして3位浮上。up
LAP-246に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)は#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)にもパスされて5位後退。down
LAP-254に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして3位浮上。up
LAP-262に#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)がエンジンブローで白煙を上げてコーション。impact
ここでのピットで#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がトップでピットアウト。
LAP-267に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が好スタート出ポイントリーダーの意地をみせるか?
LAP-270にデブリーでコーション。impact
LAP-275に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
サイド・バイ・サイドを制した#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が前に出ます。dash
リスタート直後に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)をパスして3位浮上。up
LAP-277に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)をパスして6位浮上。up
LAP-278に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem)が#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)をパスして7位浮上。up
#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)は#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Scotch-Blue Painter's Tape)にもパスされて9位後退。down
LAP-284に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして3位浮上。up
LAP-287に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして4位浮上。up
LAP-289に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)をパスして3位浮上。up
続く#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)にもパスされて#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)は5位後退。down
LAP-296に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)がルーティーンピット。wrench
LAP-299に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をパスして2位浮上。up
LAP-301にリーダーの#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)もピットイン。wrench
#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)も入ります。
LAP-306に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をパスしようとしましたが、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem)が進路を塞ぎます。
LAP-308、現在のリーダーはステイアウトの#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)。
LAP-320に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Quicken Loans Carrier Classic)がリードチェンジ。up
LAP-321にステイアウト組の#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)がピットイン。wrench
LAP-323に#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がピットイン。wrench
ステイアウト組が一台また一台とピットインしてゆき#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は5番手まで上がって来ました。up
LAP-324に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Quicken Loans Carrier Classic)がピットインで戦線離脱。
LAP-328には最早ステイアウトはリーダーの#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)だけとなり#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は2位に付けます。up
LAP-330に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)は遂にガス欠、ワイフのKim Burtonも目を閉じます。
これで#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が難なくリードチェンジ。up
Aaa_texas_500_win_148
あとはそのまま万全の走りで#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がマーチンズビルに続く2連勝でチェイスに入ってから4勝目です。shinemotorsportsgood
Aaa_texas_500_win_147
Time of Race: 3 hour, 16 minutes, 51 seconds.
Average Speed: 152.705 mph.
Margin of Victory: 1.092 seconds.
Caution Flags: 5 for 21 laps
Lead Changes: 23 among 10 drivers
Lap Leaders:G. Biffle 1-23; M. Kenseth 24-42; T. Stewart 43-45; M. Kenseth 46-88; C. Edwards 89-90; M. Kenseth 91-112; C. Edwards 113; P. Menard 114; M. Kenseth 115-116; T. Stewart 117; M. Kenseth 118; T. Stewart 119-158; J. Johnson 159; B. Keselowski 160-161; T. Stewart 162-202; K. Kahne 203-206; T. Stewart 207-263; C. Edwards 264-274; T. Stewart 275-300; K. Kahne 301; J. Burton 302-319; R. Newman 320-323; J. Burton 324-329; T. Stewart 330-334.
Aaa_texas_500_2011
この週末はずっと自信有りそうでしたが、素晴らしいアジャストで見事勝利ですね。と聞かれると「チーム全員が素晴らしい仕事をした結果さ、最高のチームスタッフだよ。」「8戦で4勝目、あと2勝狙っていくよ。」と嬉しさを隠し切れない様子の#14 Darian Grubb(Crew Chief : Tony Stewart)です。confident
Aaa_texas_500_win_141
2位FINISHでポイントリーダーを死守のEdwardsはスチュアートと何を話していたのか聞かれて「“グッドジョブ”と伝えたまでさ。」「今日の彼は素晴らしかったし、チームはステップアップしているね、でも自分達がポイントリーダーさ。」「チームのみんなを誇りに思う、いよいよ残り2戦になったけど今日は勝ちたかったよ。」「スタンディング3位以下のドライバーと差がついてスチュアートとのマッチレースになって来たね楽しみだよ。」「とにかく今日はスチュアートが素晴らしかったと思う、でも残り2戦ここからが本番だよ、ポイントリーダーの力を示す時が来たね。」「自分とスチュアートのタイトルを賭けた熱いバトルをお楽しみに。」
タイトルを獲りに行く固い決意を感じる4勝目ですねと今の心境を聞かれたStewartは「先週から言っているじゃないか、誰も本気で聞いてなかったんじゃないの?勝つべくして勝った勝利さ。」
Aaa_texas_500_win_1415
「今日はやれることを全てやりきったよ、タイトル云々とは別で気持ちのいい一日になったね。」
チェイス前未勝利でチャンピオンになったドライバーは過去にいません、3ポイント差のポイントリーダーEdwardsにメッセージはありますか?と振られると「今日のパフォーマンスが全てだね、何も言う必要はないだろう、彼はもう十分解っているはずさ。」と自身に満ち溢れているStewartでした。happy01
これで事実二人の一騎打ちになりそうです。catface
J・Jの黄金時代に終止符をうつのはEdwardsか?それともStewartか?
お楽しみはこれからだ。happy02

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

NASCAR SPRINT CUP Rd.33(CHASE RACE 7) TONY STEWART WINS TUMS FAST RELIEF 500

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.33(Chase Race 7) Tums Fast Relief 500の決勝レースはヴァージニア州Martinsville Speedwayで10月30日に開催されました。
Martinsville_speedway_logo
ナショナルアンセムは、North Carolina A&T State University Blue and Gold Marching Machineの皆さん。
グランドマーシャルは、Ashley Young。
フロントローは#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Scotts WinterGuard Fertilizer)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)。
OPENING LAPは#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が獲得。good
LAP-4に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Scotts WinterGuard Fertilizer)がリードチェンジ。up
仕方なく後ろにつこうとしたら#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が勢い良く来て#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)はインサイドに降りれません。despair
LAP-7に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして2位浮上。up
Tums_fast_relief_500_crash_241
LAP-8に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)と#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がコンタクト。impact
そこに#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)、#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/AdvoCare)、#37 Mike Skinner(Max Q Motorsports/Ford/Max Q Motorsports)等が巻き込まれてコーションに。impact
LAP-22に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Scotts WinterGuard Fertilizer)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
LAP-27に#36 Dave Blaney(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Golden Corral)のスピンでコーション。impact
Tums_fast_relief_500_spin_781
その後ろでも縁石に乗りあげた#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row Companies)に当てて2台仲良くスピンしてコーションに。
LAP-36にステイアウトの#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)の順でリスタート。
LAP-40に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)リードチェンジ。up
LAP-46に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/AdvoCare)が#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)をパスして2位浮上。up
Tums_fast_relief_500_spin_831
LAP-47に#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がスピンでコーション。impact
LAP-52に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)、#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/AdvoCare)の順でリスタート。
LAP-55に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/AdvoCare)がリードチェンジ。up
LAP-56には#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)は#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)にパスされて3位後退。down
LAP-63に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)がリードチェンジ。up
Tums_fast_relief_500_spin_002
LAP-67に#00 David Reutimann(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)のスピンでコーション。impact
LAP-72に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)の順でリスタート。
LAP-73、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)と#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)のコンタクト有りの激しいサイド・バイ・サイドの2位争い。
Tums_fast_relief_500_crash_12
LAP-89に#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)にコンタクトされた#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)のクラッシュでコーション。impact
Tums_fast_relief_500_crash_14
これに怒った#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)は#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)に報復のアタックを敢行。coldsweats01
LAP-97に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)の順でリスタート。
リスタート直後に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)が#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)をパスして2位浮上。up
LAP-98に#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Grilling.com)がスピンしますが、ノーコーション。
Tums_fast_relief_500_spin_93
LAP-105に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)にコンタクトされた#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)がスピンでコーション。impact
LAP-112に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/AdvoCare)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)の順でリスタート。
リスタート直後に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)が#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)をパスして2位浮上。up
LAP-119に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)がリードチェンジ。up
LAP-145に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)をパスして2位浮上、up
Tums_fast_relief_500_crash_201
LAP-150に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)にコンタクトされた#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)がスピンでウォールにクラッシュでコーション。impact
LAP-156に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)の順でリスタート。
#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)が直ぐにリードチェンジ。up
LAP-158に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)にパスされた#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)は3位後退。down
LAP-160に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)にもパスされ4位後退の#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)。down
LAP-162に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)は#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)をパスして2位浮上。up
LAP-197 に#71 Hermie Sadler(TRG Motorsports/Ford/Home Smart)のコンタクトで#47 Bobby Labonte(Daugherty Racing/Toyota/Grilling.com)がスピンしてコーションに。impact
LAP-204に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)の順でリスタート。
LAP-219に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)が#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)をパスして3位浮上。up
レース序盤のクラッシュからもうここまで戻って来たんですね、さすが。happy02
LAP-233には2位に上がっている#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)。
LAP-236に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)がリードチェンジ。up
Completed : 1947
Distance : .526 miles
Shape : Oval
Banking : 12° turns
0° straights
Frontstretch : 800 feet
Backstretch : 800 feet
Seating : 65,000
Martinsville_speedway
Tums_fast_relief_500_spin_51
LAP-238に#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Carquest / GoDaddy.com)がスピンでコーション。impact
LAP-264に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)の順でリスタート。
LAP-318には#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)が2位に上がって来た。up
LAP-320に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)がリードチェンジ。up
LAP-363に#34 David Gilliland(Front Row Motorsports/Ford/Front Row Motorsports)のクラッシュでコーションに。impact
LAP-369に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)の順でリスタート。
LAP-372に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)がリードチェンジ。up
LAP-382に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)をパスして3位浮上。up
LAP-398に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)がスピンでコーション。impact
LAP-405に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)の順でリスタート。
LAP-408に#71 Hermie Sadler(TRG Motorsports/Ford/Home Smart)のコンタクトで#47 Bobby Labonte(Daugherty Racing/Toyota/Grilling.com)がスピンでコーション。impact
LAP-413に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
Tums_fast_relief_500_crash_161
LAP-414に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)がクラッシュでコーション。impact
LAP-416に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がイレギュラーのピットイン。
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)とのコンタクトが原因でしょうか。
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)の方はダメージはないようですね。
LAP-420に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)の順でリスタート。
Tums_fast_relief_500_spin_221
LAP-427に#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Richmond / Menards)にコンタクトされた#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がスピンでコーション。impact
Tums_fast_relief_500_crash_271
#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Richmond / Menards)の方もスピンした#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)の右リアが当たって右サイドのパネルがめくれてしまいます。coldsweats02
LAP-433に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)の順でリスタート。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)が直ぐに#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)をパスして2位浮上。up
LAP-439に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)がリードチェンジ。up
そのまま#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)にもパスされた#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)は4位後退。down
LAP-440には#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)にもパスされた#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)は5位後退。down
LAP-441に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)をパスして5位浮上。up
LAP-449にはタイヤチェンジでポジションを落としていた#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が10位まで戻して来ました。up
Tums_fast_relief_500_spin_834
LAP-457に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)にコンタクトされた#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がスピンでコーション。impact
ここでのピットを#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)が珍しくステイアウト。catface
しかし、2位以下は全てピットインの様です。
この作戦、果たして吉と出るか凶と出るか。gawk
尚、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)と#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が2タイヤでポジションを上げます。up
LAP-463に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)の順でリスタート。
LAP-464に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)とのコンタクトから#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)がクラッシュでコーション。impact
#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)も巻き込まれているようです。eye
ここでピットロードから出たところの#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)の左フロントタイヤが外れてコロコロ転がって行きます。coldsweats01
Tums_fast_relief_500_tire_off2
クルーチーフとクルー間のコミュニケーショントラブルですねぇ。think
仕方なくもう一度ピットインすることに。wrench
泣きっ面に蜂とはこのことですな。bearing
Tums_fast_relief_500_repare_171
#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)もガレージで懸命のリペア作業が続きます。
チェイスコンテンダーの2人には辛い結果になりましたね。coldsweats01
これで16回目のコーションになり2011年のレコードを記録。
LAP-474に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)の順でリスタート。
LAP-475に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)をパスして2位浮上。up
ここで#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)からの貰い事故で#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)がスピンでコーション。impact
3回も20位以下に落ちながらフロントロースタートです、ジョンソンより左タイヤ2本は有利ですがいけるでしょうかと聞かれて「今日のスチュアートは良くやってくれているのでいけると思うよ。」
「何度も後方に下がってストレスも多かったけど今はマシンもスチュアートも好調さ、楽しもだね。」と語るのは#14 Darian Grubb(Crew Chief : Tony Srewart)
LAP-479に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
LAP-482にボンネットフードが捲れてしまった#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Target)が緊急ピットイン。wrench
LAP-484に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)が#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)をパスして4位浮上。up
LAP-490に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)をパスして2位浮上。up
そこに#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)も続き#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)は4位後退。down
しかし、その間も#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)は快調に飛ばします。dashdash
LAP-491に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)は#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)にパスされ7位後退。down
LAP-492、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)が#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)をパスして4位浮上。up
ついにクローザーが上がって来た。up
Tums_fast_relief_500_spin_838_2
LAP-493に#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がスピンでコーション。impact
さあ、これで1、2位の差がなくなるリスタートになっていよいよ分からなくなってきました。think
このコーション、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)にとっては痛いが、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)にとっては願ったり叶ったりのタイミングで出たことになりますな。catface
ここまで113周リードし、これから3位リスタートです、勝算は?との問いかけに「難しいことは確かだけどトライして行くよ、トラックポジションもいいし、マシンもドライバーもいい。」
「勝てる条件は全て揃っているんだ、彼はやってくれるだろう。」そう語るのは#24 Alan Gustafson(Crew Chief : Jeff Gordon)
このコーションは相当うれしそうでしたねと聞かれると「まさに望んでいたものだったからさ。」とコメント。
コーションの瞬間ガッツポーズしていましたもんねぇ。confident
LAP-498に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
直後に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がスピンしますがノーコーション。impact
ここで#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
ここはタイヤに一日の長がある#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が有利でしょうか?
Tums_fast_relief_500_brash_201
FINAL LAPに#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)がウォールにブラッシュしますがここでもノーコーション。
Tums_fast_relief_500_win_149
あとは#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)をねじ伏せた#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が逃げ切りの優勝で今シーズン3勝目。
Tums_fast_relief_500_win_1412
Time of Race: 3 hour, 49 minutes, 52 seconds.
Average Speed: 68.648 mph.
Margin of Victory: 0.170 seconds.
Caution Flags: 18 for 108 laps
Lead Changes: 23 among 12 drivers
Lap Leaders:C. Edwards 0; M. Kenseth 1-3; C. Edwards 4-31; T. Stewart 32-39; Kyle Busch 40-54; A. Allmendinger 55-62; D. Hamlin 63-68; R. Newman 69-107; A. Allmendinger 108-118; Kyle Busch 119-151; D. Gilliland 152; T. Kvapil(i) 153; R. Newman 154-155; Kyle Busch 156-203; J. Johnson 204; Kyle Busch 205-234; J. Gordon 235-319; D. Hamlin 320-371; J. Gordon 372-399; K. Harvick 400-412; T. Stewart 413-415; K. Harvick 416-437; J. Johnson 438-497; T. Stewart 498-500.
Tums_fast_relief_ai
全てチェイスに入ってからの勝利です。
これにはStewartもガッツポーズを連発。
ポイントスタンディングもKensethが落ちたので2位浮上です。
この勝利のキーとなったのはどこでしょうか?と聞かれると「絶対に諦めなかった素晴らしいチームさ、みんな本当に良くやってくれたよ。」と#14 Darian Grubb(Crew Chief : Tony Srewart)
Tums_fast_relief_500_win_1413
残念ながら2位FINISHです、最後のリスタートについて聞かれたJ・Jは「スチュアートがアウトサイドから頑張ってターンに入って来たけどクラッシュしないことを優先させたんだ。」
「お互いのタイトル争いのためさ、正しい判断だったと思いたいね、あそこでリスクを冒して攻めるのは正しくなかったよ。」と分析。
「終盤はビッカース絡みのコーションが多かったね“彼がレースを続けていなければ勝てたかも”とは思うけど、とにかく次さ。」と本音もポロリ。confident
450周過ぎのステイアウトについて聞かれると、「トラックポジションが大事だったからね。」
「J・ゴードンは3位FINISHなのでチャドの判断は正しかったんだ、こういう結果になったのは自分の責任さ。」と冷静にコメント。
Tums_fast_relief_500_win_145
20位以下に3度も落ちながら見事に勝利、最後のアウトサイドからのパスについて聞かれると、「何故かわからないけどうまくアウトサイドからパスできたよ。」
「今日はずっとベストなマシンではなかったけどチームには判断力のあるピットクルーがいる、彼等が勝利を可能にしたね。」
「ずっとピリピリしていた一日だったけどトラブルに巻き込まれなかったドライバーになったことは誇りに思う。」
「ヘンドリックのエンジン部門とチャーシー部門、それにグラブを始めとするうちのチームの奴らは最高だよ。」
最後のリスタートの心境を聞かれると、「正直アウトサイドの2番手よりインサイドの3番手リスタートの方が良かったんだ、でも走ってみたら思っていた以上にグリップがあったんだ、あとはジョンソンにペースを与えなかったことだね。」
「バートンのようにやられなくてすんだよ、上手く逃げ切れたしね。」
リーダーのエドワースとは8ポイント差の2位ですねと聞かれると、「彼はそろそろ心配したほうがいいだろう、残り3週かんたんにはいかないよ。」と勝利宣言とも取れる力つよいコメントのStewartでした。


| | コメント (0)

2011年11月 9日 (水)

NASCAR SPRINT CUP Rd.32(CHASE RACE 6) CLINT BOWYER WINS GOOD SAM CLUB 500

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.32(Chase Race 6) Good Sam Club 500の決勝レースはアラバマ州Talladega Superspeedwayで10月23日に開催されました。
Talladega_super_speedway_logo
Good_sam_club_500_pole_position1
ポールポジションは、キャリア51回目の#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)。
ドライバーとして今日の仕事は何ですか?と聞かれて「J・ゴードンとのチームワークを上手くやって作戦を最後に成功させることさ。」
「J・ゴードンとはプレートレースで2戦連続していいコンビを築けている、でもまだトロフィーは勝ち取ってないので今日ぜひ実現したいね。」と意気込みを語ります。
2CAR PACKを走る上で重要なことは何でしょうか?と聞かれて「一人じゃ走れないってことさ、プッシュしたりされたりするパートナーがいないと速く走れない。」
4月のタラデガでは勝利したジョンソンをプッシュする側でした、ああいう状況はある意味つらいのでは?と聞かれると、「そこがこのレーススタイルの最大の問題だね、自分を犠牲にすることが多いので自然なスタイルではできないね。」と苦虫を噛み殺したような顔でコメントするDale.Jrでした。
今回のレースからリストリクタープレートのサイズが変更されるようです。
それと先日なくなったインディーカードライバーのDan Wheldonを偲ぶセレモニーも行われます。
ナショナルアンセムは、82nd Airborne All-American Chorusの皆さん。
グランドマーシャルは、Marcos Lemonis。
スタートこそ出遅れたが2CAR PACKを形成してからは持ち直し、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)のHMペアがOPNENING LAPを獲得。good
LAP-2に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)のSHRペアがリードチェンジ。up
#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)のRFRペアが#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)のHMペアをパスして2番PACKに浮上。up
LAP-3にはそのままリードチェンジ。up
LAP-4にはスイッチします。
しかし、僅かなスピードダウンの隙に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)のRCRペアがリードチェンジ。。up
ここで3番PACKに上がって来たのが#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)ペア。up
そしてその2台の前に久しぶりに見かけるあの人マシンが入ります。
その人の名は#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)。
最後尾からのスタートなのにもうこんなところにいます。
又、#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)ペア、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)、#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)ペアのHendrick勢は後方に下がって様子を見る作戦でしょうか?
LAP-7に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Energizer)のEGRペアが上がって来ました。up
そしてそのままリードチェンジ。up
今日のレースもめまぐるしくリーダーが入れ替わります。
#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)は#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)とのペアになり#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)は、はぐれちゃったみたいですねぇ。
LAP-8に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)、#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)のRFRペアがリードチェンジ。up
LAP-14に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)のSHRペアがリードチェンジ。up
それに#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Serta / Menards)のRCRペアも続きます。dash
逆に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)、#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)のRFRペアは下がっていきます。downcoldsweats01
LAP-16に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Serta / Menards)のRCRペアがリードチェンジ。up
ここで#38 Travis Kvapil(Front Row Motorsports/Ford/Long John Silver's)、#34 David Gilliland(Front Row Motorsports/Ford/World Hunger Relief / FromHungerToHope.com)のFRMペアが2番PACKに浮上。up
LAP-19にはリードチェンジしています。good
しかし、僅かにマシンの間隔が開いた為に下がっていきます。down
ここで#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Serta / Menards)のRCRペアがリードチェンジ。up
後方で様子を見ていた感じの#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)、#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)のJGRペアもじわじ上げてきましたね。up
LAP-21に#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)とのペアを#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)に横取りされて一人ぼっちで走っていた#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)がラップダウンになっちゃいます。despair
LAP-25にデブリーでコーション。impact
ラッキードッグの獲得で同一LAPには戻ったもののペアがいないことには#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)の受難は続きます。
チェイスコンテンダーなのにねぇ。coldsweats01
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Serta / Menards)のRCRペアがリードチェンジ。up
そのあとに#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)のRCRペアが続きます。
LAP-30に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)のRCRペアがリードチェンジ。up
そこに#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)、#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)のRBRTペアが続く。
LAP-31に大外から#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)、#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)のJGRペアが上がって来た。up
LAP-33にはそのままリードチェンジ。up
LAP-41、リーダーは、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)のRCRペアです。
LAP-45に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)のSHRペアがリードチェンジ。up
しかし、スイッチの間に一気に下がります。downdown
LAP-62に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Energizer)、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)のEGRペアがリードチェンジ。up
#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)とのペアを復活させた#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)が2番PACKまで上がって来ました。up
LAP-63にそのままリードチェンジ。up
久しぶりの桧舞台ですねぇ。happy01
き、それもつかの間、#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)のSHRペアがリードチェンジ。up
そんでもってまたぞろ同じミステイク。sad
直ぐにスイッチなんてするもんだから#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)、#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)のRFRペアがリードチェンジします。up
LAP-64に#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)、#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)のRBRTペアがリードチェンジ。up
LAP-68にスローダウンの#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)を上手く避けた#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)でしたが、すぐ後ろの#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)は避けきれずにスピンでコーション。impact
Good_sam_club_500_burst_203
その後、左フロントタイヤバーストでフェンダーからボンネットフードまで捲れ上がっちゃいます。
本当にお気の毒さまです。bearing
#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)の方もピットロードを普通に通り過ぎちゃって、当然ながらピットロードスピードオーバーでペナルティを受けます。coldsweats01
LAP-73に#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)、#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)の順でリスタート。
しかし、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)のRCRペアが直後にリードチェンジ。up
そこに#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Energizer)のEGRペアが上がって来て、大外からは#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)のHMペアも来ました。dash
がこの競り合いを制したのは#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)のRCRペア。good
LAP-76に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Energizer)のEGRペアがリードチェンジ。up
LAP-77に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)のHMペアがリードチェンジしたらスタンドからは、黄色い歓声が上がります。happy02lovelyheart04
LAP-79に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Energizer)のEGRペアがリードチェンジ。up
後方に下がっていた#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)が#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)とJGRペアを復活させて大外から上がって来ました。dash
LAP-80に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army)がクラッシュでコーションに。impact
LAP-86に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#34 David Gilliland(Front Row Motorsports/Ford/World Hunger Relief / FromHungerToHope.com)の順でリスタート。
LAP-87に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Energizer)のEGRペアがリードチェンジ。up
LAP-89に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)のJGRペアリードチェンジ。up
LAP-92に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Energizer)のEGRペアがリードチェンジ。up
そこに#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Serta / Menards)のRCRペアも続きます。dash
LAP-93にはそのままリードチェンジ。up
そこに#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Scott Products)が#51 Landon Cassill(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction / Thank A Teacher Today / Security Benefit)のペアが急上昇。up
LAP-100に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)、#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)の新旧HOME DEPOペアが上がって来ました。dashdash
そしてそのまま一気にリードチェンジ。up
LAP-102 に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)のRCRペアがリードチェンジ。up
ここでまた#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)、#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)ペアが上がって来ました。dash
Good_sam_club_500_spin_433
LAP-103に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)のスピンから#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's Halloween)、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Tracker)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Energizer)を巻き込む大クラッシュに発展してコーションに。impact
LAP-110に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)の順でリスタート。
#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)のRCRペアが飛び出します。dashdash
LAP-116にはリーダーは#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)にチェンジしています。
LAP-121に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)が左タイヤバーストでコーション。impact
LAP-125に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)の順でリスタート。
#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)のRCRペアが好発進。dashdash
そこに#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)、#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)のRFRペアと#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)、#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)ペアが続きます。dash
LAP-127に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)、#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS My Choice)のRFRペアがリードチェンジ。up
#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)、#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)ペアも2番PACKに上昇。up
LAP-128に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)の白煙が止まらずに、ブラックフラッグが振られます。
マシンはそのままガレージへ。wrench
ここで#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)、#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)ペアがリードチェンジ。up
LAP-129に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)のスピンでコーション。impact
LAP-133、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)のガレージにはRCRのクルーが勢揃いで懸命にリペアを行います。wrench
LAP-134にステイアウトの#7 Robby Gordon(Robby Gordon Motorsports/Dodge/Speed Energy / Mapei / Menards)、#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)の順でリスタート。
LAP-136に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)、#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)の新旧HOME DEPOペアがリードチェンジ。up
インサイドから#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)、#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row Companies)ペアも上がって来てそのまま2番PACKに付けます。dash
LAP-146に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)のRCRペアがリードチェンジ。up
LAP-152にリーダーは#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)、#20 Joey Logano(Joe Gibbs Racing/Toyota/The Home Depot)の新旧HOME DEPOペアです。
LAP-160にリーダーは#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)のRCRペアにチェンジしてます。
Good_sam_club_500_crash_711
LAP-163にマシンがブレた#71 Andy Lally(TRG Motorsports/Ford/TRG Motorsports)がインサイドの#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)にコンタクトして#32 Terry Labonte(FAS Lane Racing/Ford/C&J Energy)を巻き込んでウォールにクラッシュでコーション。impact
LAP-168に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Jeremiah Weed Southern Style)の順でリスタート。
#36 Dave Blaney(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Golden Corral)、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)ペアがリードチェンジ。up
LAP-169に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Serta / Menards)がリードチェンジ。up
LAP-170、ここでついに#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew "Paint the 88" / National Guard)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/MyLowe's)ペア、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)、#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)ペアのHendrick勢が上がって来ました。up
温存していた力を今こそ解き放つのか。think
LAP-172に4ワイドの混戦を制して前に出てきた#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Stanley)、#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)ペアが2番PACKに浮上。up
Good_sam_club_500_crash_47_225
LAP174にマシンがブレた#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Scott Products)が#51 Landon Cassill(Phoenix Racing/Chevrolet/Phoenix Construction /Thank A Teacher Today / Security Benefit)にコンタクトしたあとウォールにクラッシュ。impact
そこへ#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が突っ込んでコーションに。impact
LAP-179に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/El Monterey / Office Depot)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Serta / Menards)の順でリスタート。
#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)のRCRペアがリードチェンジ。up
今度は#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)、#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)のHMペアが3ワイドの僅かな隙間にノーズをねじ込んで来ました。
Good_sam_club_500_crash_786
LAP-181にマシンがブレた#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)が#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)とコンタクトして#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row Companies)をスピンさせます。
そのまま#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row Companies)は頭からウォールにクラッシュしてコーションに。impact
ビッグヒットでしたが今の気分は?と聞かれて「もちろん楽しいわけはなかったけど、プレートレースだから仕方ないね。」
「いい一日にしたかったけど、パートナーのカート・ブッシュもクラッシュに巻き込まれてしまった、仕方がないね。」と以外にサバサバした感じのR.Smithでしたね。
LAP-187に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)の順でリスタート。
2番PACK以下を大きく引き離して行きます。dashdash
FINAL LAPに入っても2台に迫る影はないようですな。think
そして、最終コーナー手前で#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)が仕掛けます。dash
Good_sam_club_500_win_335
あとはそのまま僅差で逃げ切り#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Chevy 100 Years)が嬉しい今シーズン初勝利。shinegood[E:motorsports
Good_sam_club_500_win_336
Time of Race: 3 hour, 29 minutes, 14 seconds.
Average Speed: 143.404 mph.
Margin of Victory: 0.018 seconds.
Caution Flags: 9 for 37 laps
Lead Changes: 72 among 26 drivers
Lap Leaders:Martin-pole, Johnson 1, Ragan 2, Kenseth 3, Burton 4, Kenseth 5, Burton 6, McMurray 7, Kenseth 8-13, Newman 14-15, Harvick 16-18, Kvapil 19, Harvick 20-23, Kahne 24-25, Waltrip 26, Kahne 27-28, Harvick 29, Bowyer 30-32, Ky. Busch 33-35, Newman 36, Harvick 37, Newman 38, Bowyer 39-44, Newman 45, Bowyer 46-47, Vickers 48, Montoya 49-62, Stewart 63, Vickers 64, Kenseth 65-66, Montoya 67-68, Ku. Busch 69, Ambrose 70-72, McMurray 73, Bowyer 74-75, McMurray 76, Earnhardt Jr 77-78, McMurray 79-80, Keselowski 81, R. Gordon 82, Lally 83, Burton 84-85, McMurray 86-89, Ky. Busch 90-91, McMurray 92, Harvick 93, McMurray 94, Kenseth 95-96, McMurray 97, Harvick 98-100, Stewart 101, Burton 102-105, R. Gordon 106, Martin 107, Bowyer 108-113, Kenseth 114-121, Martin 122, J. Gordon 123, Bowyer 124-126, Kenseth 127, R. Gordon 128-135, Stewart 136-145, Burton 146-148, Stewart 149-156, Vickers 157, Burton 158-163, Edwards 164, Biffle 165, Bowyer 166-167, Blaney 168, Stewart 169-178, Burton 179-187, Bowyer 188.
Good_sam_club_500
2010年秋のタラデガ以来のこの1勝がRCRにとっては、記念すべき通算100勝目のメモリアルウインになりました。happy02
Good_sam_club_500_win_335_2
Good_sam_club_500_win_339
"プレッシャーも何もないので勝ちに行くだけさ”と言っていて本当に勝利しました、今の気持ちを聞かせてください。と聞かれて「本当に良かったよ、チームは一生懸命やっていたんだ、チェイスは逃したけど惜しい走りをしていた。」
「チームはいいグループになっているよ、素晴らしいマシンを仕上げてくれたみんなのことを誇りに思う、とにかくうれしいね。」とコメントするのは、#33 Shane Wilson(Crew Chief : Clint Bowyer)
ずっと一緒にレースをしてきたJ・バートンについて一言ありますか?との質問には「彼らは2カーパックの走行が上手かったし、一緒に走れたからこその結果があると思っているよ。」と話します。
11位FINISHでスタンディングでは今シーズン最大の14ポイント差をつけたリーダーのEdwardsは、今日の走りについて聞かれると「まず最初に"パートナーのビッフルは素晴らしかった”と言わなくてはいけないね。」
「信じられないほどすごいドライバーだよ、彼のようなチームメイトを持つと助かるね。」
「フォードをヴィクトリーレーンに連れて行けなくて残念だけど、クラッシュに巻き込まれなくて良かったと思っている。」と本音がポロリ。confident
秋のタラデガ2連勝です、残り4戦で今シーズン初勝利ですが、どんな気持ちですか?と聞かれたBowyerは「シボレーの100周年記念なんだ、勝ててうれしいよ、オーナーのリチャード・チルドレスにとっても100勝目だしね。」
「さっきチルドレスには"おめでとう101勝目もがんばるよ”と伝えたんだ。」
「それとパートナーのバートンには本当に感謝している。」
「最後のリスタートを2人で抜け出せたのが勝因だね。」
レースを通じてコンビを組めた数少ないペアですが、最終ラップのバトルについて聞かれると「チャンスが来るまでいいポジションをキープして"勝負になったら勝負しよう”とも言っていたよ。」
「どこで仕掛けるかを考えながら"一度くらいは勝負させてくれよ”と伝えていたんだ、面白いドラッグレースになったね。」と本当にうれしそうですな。happy01

| | コメント (0)

2011年10月29日 (土)

NASCAR SPRINT CUP Rd.31(CHASE RACE 5) MATT KENSETH WINS BANK OF AMERICA 500

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.31(Chase Race 5) Bank of America 500の決勝レースはノースカロライナ州Charlotte Motor Speedwayで10月15日に開催されました。
Charlotte_motor_speedway_logo2
Bank_of_americ_500_seremony1
先週のカンザスで勝って意気揚々と乗り込んで来たJ.Jですが、「警戒すべきドライバーが4、5人ほどいて、その中でも要注意なのが2人ほどいるけど、彼らの前にいられれば結果は付いて来るだろう。」と強気なコメント。confident
ポールポジションは#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)。
今シーズン初のポールポジションのStewartは「今日はモービル1の関係者もいっぱい見に来てるので500マイル先でリーダーに立っていられる様に正しいアジャストをして最多リードラップも狙っていくつもりさ。」と頼もしい発言ですな。think
ナショナルアンセムは、Sara Evans
グランドマーシャルは、Cindy Moss。
フロントローは、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)と#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)。
OPENING LAPは勢い良く飛び出した#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)が獲得。good
しかし、直ぐ後ろには#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)が迫ります。
2台は3位以下を引き離して行きます。dash
LAP-27に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Chevy 100th Anniversay)が#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)をパスして5位浮上。up
LAP-43にはルーティーンピットが始まってますね。eye
リーダーの#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)、2位の#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M "Give Kids A Smile")も入って来ます。
ここでのピットで#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がジャッキを引きずったままピットアウトしてしまいペナルティを喰らいます。wobbly
LAP-50に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M "Give Kids A Smile")がリードチェンジ。up
LAP-77にデブリーでコーション。impact
Charlotte_motor_speedway_logo3
LAP-82に2タイヤチェンジの#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Cookies for Kids' Cancer / Gene Haas Foundation)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)の順でリスタート。
LAP-83に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M "Give Kids A Smile")が#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)をパスして3位浮上。up
そなまま#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)もパスして2位浮上。up
LAP-85に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)をパスして3位浮上。up
#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M "Give Kids A Smile")がリードチェンジ。up
#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)をパスして4位浮上。up
LAP-87に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)が#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Cookies for Kids' Cancer / Gene Haas Foundation)をパスして2位浮上。up
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Chevy 100th Anniversay)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)をパスして5位浮上。up
#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Cookies for Kids' Cancer / Gene Haas Foundation)は#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)にもパスされて4位後退。down
LAP-88に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Chevy 100th Anniversay)は#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Cookies for Kids' Cancer / Gene Haas Foundation)もパスして4位浮上。up
LAP-90に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac "Now Hiring")が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)をパスして6位浮上。up
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)は#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS Freight)にもパスされて更に下がります。down
これでTOP 7にラウシュの4台が勢ぞろい。
LAP-105に#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS Freight)が#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Cookies for Kids' Cancer / Gene Haas Foundation)をパスして5位浮上。up
LAP-123に、そろそろルーティーンピットが始まります。
LAP-124にはリーダーの#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M "Give Kids A Smile")も入ります。wrench
LAP-128に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M "Give Kids A Smile")がラグナットトラブルでもう一度ピットインするはめになりラップダウンになります。
あ〜あ、もったいないなぁ。weep
これにてリーダーは#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)ということに。
LAP-147にデブリーでコーション。impact
ここでのピットで#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が+5とポジションアップ。up
LAP-153に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)の順でリスタート。
4タイヤチェンジを選択の#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Chevy 100th Anniversay)をちょっと落としましたね。catface
LAP-155に#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com / Chevy 100th Anniversary)がピットインしていますが、ガレージに向かうみたいです。
ここでコーションが出されます。impact
LAP-159に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)の順でリスタート。
LAP-162に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)が#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Express)をパスして7位浮上。up
Completed : 1959
Distance : 1.5 miles
Shape : Quad-oval
Banking : 24° turns
5° straights
Frontstretch : 1,980 feet
Backstretch : 1,500 feet
Seating : 165,000
Charlotte_motor_speedway1
LAP-193に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil Ultra)がスケジュールピット。wrench
ルーティーンピットが終わる頃にはリーダーは#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)です。
LAP-217に46LAPダウンで#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com / Chevy 100th Anniversary)がコース復帰していますねぇ。
LAP-234に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)が がスケジュールピット。wrench
ルーティーンピットがスタートですね。
LAP-238に#21 Trevor Bayne(Wood Brothers Racing/Ford/Motorcraft / Quick Lane Tire & Auto Center)がガス欠でスローダウンになりコーション。impact
ピットインを延ばしていた#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)にとってはいいタイミングででましたね。happy01
LAP-243に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)の順でリスタート。
LAP-285にルーティーンピットがスタート。
LAP-287に#36 Dave Blaney(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Golden Corral)のトラブルによるデブリーでコーション。impact
ここでも#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)はピットイン前にコーションが出て本当についてます。
LAP-293にに#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)の順でリスタート。
#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)がさすがの好スタート。dashdash
Bank_of_americ_500_spin_41
リスタート直後に#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS Freight)と#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)のコンタクトを皮切りに#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger / Chevy 100th Anniversay)も巻き込んで3台仲良くスピンでコーションに。impact
LAP-299に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac "Now Hiring")の順でリスタート。
LAP-300に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M "Give Kids A Smile")がウォールにクラッシュでコーション。impact
LAP-304に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac "Now Hiring")の順でリスタート。
LAP-305に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)が#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac "Now Hiring")をパスして2位浮上。up
LAP-310には#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)がリードチェンジ。up
前に出るや2位の#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)を引き離しにかかります。dash
LAP-316に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Jimmy John's Gourmet Sandwiches)
が#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Cookies for Kids' Cancer / Gene Haas Foundation)をパスして6位浮上。up
Bank_of_americ_500_crash_488_2Bank_of_americ_500_crash_486_2
LAP-317に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Cookies for Kids' Cancer / Gene Haas Foundation)のインサイドから勝負をかけた#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Chevy 100th Anniversay)のマシンがルースで#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Cookies for Kids' Cancer / Gene Haas Foundation)にコンタクトしたあとスピンから制御を失ってコースを横切りウォールに頭から突っ込んだ。impact
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Chevy 100th Anniversay)のまさかのクラッシュでコーションに。coldsweats01
インタビューで「ターン①でアウトに並んで来たニューマンが凄くタイトで引き寄せられてしまった。」とコメント。
LAP-323に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)、#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)の順でリスタート。
#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)が好スタート。dash
2位争いを尻目に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Fluidmaster)はドンドン引き離します。dashdash
Bank_of_americ_500_win_175
そのまま最後まで逃げ切り今シーズン3勝目。shinegoodmotorsports
Bank_of_americ_500_win_1710
Time of Race: 3 hour, 25 minutes, 37 seconds.
Average Speed: 146.194 mph.
Margin of Victory: 0.968 seconds.
Caution Flags: 8 for 34 laps
Lead Changes: 16 among 10 drivers
Lap Leaders:T. Stewart 1-42; M. Kenseth 43; C. Edwards 44; J. Johnson 45; J. Yeley 46; T. Stewart 47-49; G. Biffle 50-78; R. Newman 79-84; G. Biffle 85-123; D. Ragan 124; Kyle Busch 125; J. Montoya 126-127; M. Kenseth 128-147; T. Stewart 148-196; J. Yeley 197-199; Kyle Busch 200-309; M. Kenseth 310-334.
Bank_of_america_500
“グレイトなマシンではないかも・・・”とレース前は言っていましたが、見事勝利ですと聞かれて「ピットストップを決めてくれたクルーやエンジニアなどチーム全員がいい仕事をしてくれた結果さ。」
「マシンはギリギリの状態だったけどケンゼスがいいスタートを決めてくれたので勝てたね。」と誇らしげに語る#17 Jimmy Fenning(Crew Chief : Matt Kenseth)でした。
Bank_of_americ_500_win_179
Bank_of_americ_500_win_1713
カイル・ブッシュとは何を話されていたのですか?と聞かれて「レースについてさ、今日はとにかく本当にいい一日になったよ。」
「リードラップを取った上でいい走りが出来ればと思っていたんだ、その通りに出来てよかったよ。」「まだポイントリーダーかい?」と聞き返して、5ポイントリードしていますよと言われて「じゃあ差が広がったんだね。」とおどけるEdwardsは3位FINISHです。
レース中盤を支配しながら惜しくも2位FINISHのKy.Buschは「ケンゼスは誰も知らない秘密を掴んだようだね、全く歯が立たない感じだったよ。」
「自分達も良くやったと思う、チームの素晴らしい仕事のおかげでマシンは速かったし、久々にいい走りが出来た、でも勝利まではあと少し足りなかったね。」とちょっとお疲れの様です。think
燃費レースが予想されましたが、戦略のレースになりました、そのレースで見事勝利ですねと聞かれたKensethは「リスタートが悪くてジョークを言われていたけど最後にいいスタートを決めることが出来た。」
「あそこでやられていたらみんなに合わせる顔がなかった。」
「終盤にいい走りをさせてもらえてチームには感謝している。」
「実は来シーズンのスポンサーがまだ決まってないんだ、だから今日の勝利はいいPRになったんじゃないかな。」とコメント。happy01
これでポイントスタンディングも3位です。

| | コメント (0)

2011年10月22日 (土)

NASCAR SPRINT CUP Rd.30(CHASE RACE 4) JIMMIE JOHNSON WINS HOLLYWOOD CASINO 400

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.30(Chase Race 4) Hollywood Casino 400の決勝レースはカンザス州Kansas Speedwayで10月2日に開催されました。
Kansas_speedway_data
ポールポジションは#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/Sherwin-Williams)。
先週の勝利から一転、今週のプラクティスでは27位、27位、29位でしたが大丈夫でしょうか?と聞かれて「フロントエンドの調整で時間が掛かったね、先週のヒーローから一転してゼロからのスタートになってしまった。」「でも、ファイナルプラクティスの終盤はいい感じに仕上がっていたんで、グリップのいいタイヤを履いて仕切り直しだね。」とポジティブなKu.Busch。catface
昨日のNationwideで勝利したKeselowskiは、「今日の燃費もいいしマシンの速さも負けてない、12番グリッドは良くはないけど悪くもない、だからストラテジーを駆使すれば勝てるさ。」とこちらも強気なコメント。happy01
ナショナルアンセムは、Tim Dugger。
グランドマーシャルは、Thomas P.Burke。
フロントローは、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/Sherwin-Williams)と#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)。
スタート直後に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)が#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をパスして2位浮上。up
OPENING LAPは#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/Sherwin-Williams)がGET。
LAP-2に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をパスして3位浮上。up
#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)は#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)にもパスされ5位後退。down
LAP-3、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Schrock Cabinetry / Menards)にもパスされ6位後退の#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)。down
LAP-4に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)にもパスされ#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)は8位後退。down
LAP-12に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)にパスされた#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Schrock Cabinetry / Menards)が7位後退。down
LAP-20に#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Bush's Best Baked Beans / Kingsford)のスピンでコーション。impact
ここでのピットで#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が+8、#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)が+18とポジションを大きく上げます。up
LAP-24にステイアウトの#38 Travis Kvapil(Front Row Motorsports/Ford/Long John Silver's)、2タイヤチェンジの#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)の順でリスタート。
リスタート直後に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がリードチェンジ。up
逆に#38 Travis Kvapil(Front Row Motorsports/Ford/Long John Silver's)はドンドン下がっていきます。downdown
LAP-41にリードチェンジがあったようで、現在のリーダーは#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)です。
LAP-60に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/Sherwin-Williams)が#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)をパスして2位浮上。up
LAP-65に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)がリードチェンジ。up
ここでルーティーンピットがスタート。
LAP-75、リードチェンジがあったようで、現在のリーダーは#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)です。
LAP-85にデブリーでコーション。impact
ここでピットでも#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Schrock Cabinetry / Menards)、#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Carquest / GoDaddy.com)、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Bass Pro Shops / Arctic Cat)等が2タイヤチェンジでポジションアップ。up
LAP-89に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Schrock Cabinetry / Menards)の順でリスタート。
リスタート直後に#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Carquest / GoDaddy.com)が#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Schrock Cabinetry / Menards)をパスして2位浮上。up
LAP-90に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Schrock Cabinetry / Menards)をパスして3位浮上。up
LAP-91に、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)は#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Carquest / GoDaddy.com)もパスして2位浮上。up
LAP-92に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)と続けてパスされ6位後退。down
LAP-94に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がリードチェンジ。up
LAP-95に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)は#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Carquest / GoDaddy.com)をパスして3位浮上。up
そのままの勢いで#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)もパスして2位浮上。up
LAP-97に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)は#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)にもパスされ4位後退。down
LAP-107に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)をパスして2位浮上。up
LAP-126に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がピットイン。wrench
そろそろルーティーンピットが始まります。
Completed : 2001
Distance : 1.5 miles
Shape : D-shaped oval
Banking : 15° turns
10.4° frontstretch
5° backstretch
Frontstretch : 2,685 feet
Backstretch : 2,207 feet
Seating : 81,687
Kansas_motor_speedway3
LAP-168に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がピットイン。wrench
そろそろルーティーンピットです。
LAP-173に入って来た#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)ですがリアアクスルにトラブルありの様です。
LAP-175に仕方なくもう一度ピットインする#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)。wrench
Hollywood_casino_400_repare_562
マシンの下を覗いてますが、どうやらピットボックスでは直せる訳でもなくガレージにいくようですね。bearing
一方、リーダーは以前#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)で全く危なげない走りです。dashdash
LAP-204に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)をパスして4位浮上。up
LAP-207にデブリーでコーション。impact
さあ、また燃費レースになるんでしょうか。
LAP-211に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
しかし、リスタートをミスした#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)は#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)にパスされ3位後退。down
リスタート時に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がコンタクトしていたんですね。
LAP-213に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)が#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)をパスして3位浮上。up
LAP-216に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)は#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)もパスして2位浮上。up
LAP-220に#78 Regan Smith(Furniture Row Racing/Chevrolet/Furniture Row / Farm American)にコンタクトされた#51 Landon Cassill(Phoenix Racing/Chevrolet/Thank A Teacher Today / Security Benefit)がコースアウトでコーション。impact
LAP-225に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)の順でリスタート。
出遅れた#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)を#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がすぐさまパスして2位浮上。up
逆に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)は集団に埋もれてしまいます。wobbly
LAP-227、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がリードチェンジ。up
#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)は13位まで下がります。downdown
LAP-229に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして2位浮上。up
LAP-240にデブリーでコーション。impact
Chad Knausは思わず頭を抱えます。coldsweats01
LAP-245にステイアウトの#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)、#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Freight)の順でリスタート。
LAP-246に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)がリードチェンジ。up
LAP-250に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が4位まで上がって来た。up
LAP-252に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして3位浮上。up
この間にも#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)は逃げる逃げる。dashdash
LAP-258に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)は#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)もパスして2位浮上。up
さあ、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)に届くのか。
LAP-260に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして4位浮上。up
LAP-262に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)は#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/Sherwin-Williams)にパスされて6位後退。down
LAP-264に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして6位浮上。up
Hollywood_casino_400_whitesmoke_243
LAP-265に先程からチョロチョロ白煙を吹いていた#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)がついにエンジンブローでTHE END。
これにてコーションが出されます。impact
これでレースはグリーン・ホワイト・チェッカーで雌雄を決することに。
残り3周でのエンジンブローでリタイアと残念な結果になったJ.Gordonは、「1日通してエンジンの調子は良かっただけにこんな形で終わるとは思わなかった。」と力無くコメント。
最後のピットは2タイヤですが、4タイヤのKahneと並んでスタートすることについて聞かれると、「ケインはいいドライバーだけどいいフィニッシュを決めて気持ちよくシャーロットに行きたいね。」と自信たっぷりの#48 Chad Knaus(Crew Chief : Jimmie Johnson)。
久々の勝利のチャンスですが、あと2周いけるでしょうかと聞かれると、「なんとも言えないよ、あと少しだけど激しいバトルになるだろう、リスタートがとにかく重要だね。」と千載一遇の大チャンスに慎重なコメントの#4 Kenny Francis(Crew Chief : Kasey Kahne)
さあ、残り2周のサバイバルレースがスタート。
Hollywood_casino_400_restart1
しかし、#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)はこの大事な場面でスタートをミステイク。bearing
対する#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)は好スタートで前へ出ます。dashdash
Hollywood_casino_400_win_485
FINAL LAPに入って持ち直した#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)ですが、ついに及ばず#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が今シーズン2勝目です。shinegoodmotorsports
Hollywood_casino_400_win_4821
Time of Race: 2 hour, 58 minutes, 27 seconds.
Average Speed: 131.181 mph.
Margin of Victory: 0.548 seconds.
Caution Flags: 6 for 25 laps
Lead Changes: 19 among 9 drivers
Lap Leaders:Biffle 1-20, Kvapil 21-23, Johnson 24-40, Kenseth 41-64, Biffle 65, Kenseth 66-67, Cassill 68-69, Biffle 70, Johnson 71-84, Biffle 85, Ky. Busch 86-93, Johnson 94-130, J. Gordon 131-132, Johnson 133-206, Keselowski 207, Johnson 208-220, Ku. Busch 221-226, Johnson 227-240, Keselowski 241-244, Johnson 245-272.
Hollywood_casino
今日のレースを完全に支配してポイントスタンディングも3位に付けます。
貴重なチェイスに入ってカラの1勝目でディフェンディングチャンピオンついに始動でしょうか。think
“勝利が必要なんだ”と言っていましたが、その通りになりました、6ヶ月ぶりの勝利です、うれしいでしょうねとイジワル質問のレポーターに「もちろんさ、説明が必要かい?」と満面の笑みで答える#48 Chad Knaus(Crew Chief : Jimmie Johnson)。
Hollywood_casino_400_win_4818
Hollywood_casino_400_win_4827
惜しくも2位FINISHのKahneは「リスタートでは、タイヤをスピンさせてしまいジョンソンに先に行かれてしまった、ケセロウスキーがプッシュしてくれたのでジョンソンを追えたけど、トラックを上手く使われて、クリーンエアを受けられなかったね。」とコメント。
レース序盤はアジャストが決まらず20位FINISHでもラッキーだと思っていたのが終わってみれば見事トップ5FINISHのEdwardsは、「今日は勝ったような気分さ、信じられないようなカムバックだよ。」と最高の形で復活できたことを本当に喜んでいます。
ポイントスタンディングもリーダーですよ。confident
3位FINISHでスタンディングも4位のKeselowskiは、「今日はやり遂げたよ、ポール・ウルフのストラテジーも機能してくれた、全力を出し切った結果さ。」「ジョンソンに昨日のネイションワイドのマシンを盗まれたようだね、今日の彼は別格だった、誰もかなわなかったよ。」とジョーク交じりにコメント。
アップアンドダウンのあったシーズンでしたが、今日はこのビクトリーレーンのようなクレイジーなレースで勝利ですねと聞かれたJ.Jは「NASCARはタフなスポーツだけに本当にうれしい勝利になったよ、ここ数戦は惜しい走りをしながらも結果が出せていなかった、今日は結果につながって最高の気分さ。」トラブルで音声を拾わなかったマイクを交換するレポーターに「横にいるビンスとマイク交換する素晴らしいチームワークを放送したほうがいいんじゃないの。」とユーモアたっぷりのコメントを披露。「ヘンドリックの199勝目でシボレーのマニュファクチャラーのタイトルを決めることが出来た、でも残り6戦を浮かれずに1戦1戦戦うだけさ、ファンのみんなありがとう。」と締めくくります。

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

NASCAR SPRINT CUP Rd.29(CHASE RACE 3) KURT BUSCH WINS AAA 400

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.29(Chase Race 3) AAA 400の決勝レースはデラウエア州Dover International Speedwayで10月2日に開催されました。
Dover_international_speedway_logo1
チェイス前は未勝利と苦しんだものの、チェイス開幕2連勝で勢いに乗りたいStewartは、「マーティンズヴィルとドーバーでは苦戦を強いられてきたけど全力で頑張るよ。」とコメント。
今日のレースは乳がん撲滅 ピンクリボン運動のピンク色をしたマシンが走ります。
ポールポジションは、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)。
Aaa_400_sprint_cup1
さぁ、今シーズン2度目のモンスターマイルを制してコンクリートサーフェスの向こうにあるスプリントカップの頂きに歩みを進めるのはどのドライバーか。
ナショナルアンセムは、Melora Hardin
グランドマーシャルは、AAAのCOO、Bernie Kochさん。
フロントローは#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)と#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)。
先ずOPENING LAPを獲ったのは#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)。
LAP-3に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がリードチェンジ。up
LAP-5に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)をパスして5位浮上。up
Aaa_400_spin_433
ここで#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)にコンタクトされた#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)がスピンでコーション。impact
スピンはしたもののグッドジョブで態勢を立て直した#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)は猛烈な勢いでコーションラップのマシンを追い抜いて#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)の横まで行き抗議します。pout
LAP-9に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)、#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)の順でリスタート。
#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)が#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Pittsburgh Paints / Menards)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をパスして3位浮上。up
LAP-10に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)をパスして3位浮上。up
#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)が#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Pittsburgh Paints / Menards)をパスして5位浮上。up
LAP-11に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Pittsburgh Paints / Menards)をパスして6位浮上。up
LAP-13、#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)は2位以下を引き離して快調に飛ばします。dash
#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)は#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)にパスされて3位後退。down
#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Amp Energy)はリスタート時にトラブル発生の様でピットでは対応策がスタートしていますね。
LAP-19に雨によるコーション。impact
#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Amp Energy)はリペア出来たんでしょうか。
LAP-23に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の順でリスタート。
#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が好スタートで飛び出します。dash
LAP-25に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)が#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)をパスして4位浮上。up
LAP-27に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)は#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Cubitron)にもパスされ6位後退。down
LAP-28には#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)にもパスされて7位後退の#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)。down
LAP-38に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Office)をパスして5位浮上。up
LAP-41に入ったところで規定通りコンペティションコーションが出されます。impact
LAP-51に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)が#2 をパスして3位浮上。up
LAP-52に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。up
LAP-108にはルーティーンピットが始まります。wrench
ここで#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Cubitron)がピットスルーペナルティで手痛いタイムロス。wobbly
LAP-137に#13 Casey Mears(Germain Racing/Toyota/GEICO)がスローダウン。despair
これにコンタクトした#32 Mike Bliss(FAS Lane Racing/Ford/Street King)がウォールにブラッシュでコーション。impact
LAP-143にステイアウトの#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の順でリスタート。
しかし、直後に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。up
#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)は#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)にもパスされ3位後退。down
LAP-145に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして4位浮上。up
LAP-148に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)は#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)をあっさりパスして3位浮上。up
LAP-150には#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)は#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)をパスして4位浮上。up
LAP-151に#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)は#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)にもパスされて6位後退。down
この間にも#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)はドンドン差を開いて行きます。dashdash
LAP-158に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)をパスして2位浮上。up
LAP-169に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして4位浮上。
LAP-174にデブリーでコーション。impact
ここでのピットで#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem "Chasing the Cure")、#00 David Reutimann (Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)が2タイヤチェンジでポジションを大きく上げます。upup
LAP-180に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem "Chasing the Cure")の順でリスタート。
Aaa_400_crash_471
1周もしない内に#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Grilling.com / Kingsford)がインサイドのウォールにクラッシュでコーション。
ここで#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)がピットボックスからタイヤがはみ出していたとしてペナルティを受けます。
LAP-185に#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem "Chasing the Cure")の順でリスタート。
直後に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem "Chasing the Cure")がリードチェンジ。up
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#00 David Reutimann(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)をパスして3位浮上。up
LAP-186に#00 David Reutimann(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)は#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)、#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)にもパスされて6位後退。down
LAP-187に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#00 David Reutimann(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)をパスして6位浮上。up
LAP-188に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)にもパスされて#00 David Reutimann(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)は8位後退。down
LAP-189には#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#00 David Reutimann(Michael Waltrip Racing/Toyota/Aaron's Dream Machine)をパスして8位浮上。up
LAP-190、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)をあっさりパスして2位浮上。up
LAP-195に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。up
Completed : 1969
Distance : 1 mile
Shape : Oval
Banking : 24° turns
9° straights
Frontstretch : 1,076 feet
Backstretch : 1,076 feet
Seating : 140,000
Dover_international_speedway
LAP-205には#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem "Chasing the Cure")は後方へ下がり#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が2位に付けます。
そんな中#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)はブレるマシンをねじ伏せながら3位をキープ。good
LAP-213に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)をパスして3位浮上。up
LAP-216に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)をパスして4位浮上。up
LAP-232に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が5位まで上げて来た。up
LAP-235、2タイヤでは辛い#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem "Chasing the Cure")が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Drive to End Hunger)にパスされ11位まで落ちてきました。down
LAP-241に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)がピットインしています。
そろそろルーティーンでしょうか。
LAP-249にリーダーの#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が入って来ます。
ここでのピットで#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がピットスルーペナルティで手痛いタイムロス。sad
LAP-253、リーダーは#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)。
LAP-255に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。up
LAP-256に雨によりコーション。impact
ここで#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がピットでリペアの為、ボンネットフード開けています。
どうやらパワステのトラブルみたいです。
LAP-264に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)の順でリスタート。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が好スタート。
Aaa_400_repair_881
LAP-271に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/National Guard / Amp Energy)がバイブレーションでピットイン。wrench
LAP-289には#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が2位に上がっています。
LAP-300に#38 J.J. Yeley(Front Row Motorsports/Ford/Drive Sober, Arrive Alive)がウォールにブラッシュでコーション。impact
LAP-306に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)の順でリスタート。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がまたまた好スタート。
リスタート直後に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)パスして2位浮上。up
LAP-308に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がスローダウンでそのままピットインしますがノーコーション。
LAP-335に先程ステイアウトの#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がピットイン。
LAP-345に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして4位浮上。up
LAP-352に#32 Mike Bliss(FAS Lane Racing/Ford/Street King)がクラッシュでコーション。impact
LAP-359に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)、#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)の順でリスタート。
ここが勝負どころと#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が好スタートで一気に前へ出ます。dash
Aaa_400_crash_161
LAP-361に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Cubitron)がクラッシュでコーション。impact
LAP-366に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)の順でリスタート。
ラストピットは2タイヤチェンジでしたがKurt Buschに勝つのに十分ですかと聞かれて「コンペティションコーションの42周目に2タイヤチェンジしたけど、あの時はすごくよかったから勝てると思うよ。」
「さっきのリスタートではKurtに先に行かれたけど、大丈夫じゃないかな。」と自信をのぞかせる#48 Chad Knaus(Crew Chief : Jimmie Johnson)。
ここでも#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が好スタート。
一方の#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)はChad Knausの言葉とは裏はらにスタートをミステイク。bearing
LAP-370に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がようやく#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をパスして4位浮上。up
LAP-373に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がようやく#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem "Chasing the Cure")をパスして7位浮上。up
LAP-374に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Rheem "Chasing the Cure")は#43 A.J. Allmendinger(Richard Petty Motorsports/Ford/Best Buy)にパスされて9位後退。down
LAP-375に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)をパスして3位浮上。up
LAP-381に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)をパスして4位浮上。up
LAP-384に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Interstate Batteries)は#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)にもパスされて6位後退。down
Aaa_400_win_227
FINAL LAPに入っても#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)を脅かすものは現れずオーバルトラック初勝利で今シーズン2勝目を飾りました。goodshinemotorsports
Aaa_400_win_224
Time of Race: 3 hour, 30 minutes, 59 seconds.
Average Speed: 119.413 mph.
Margin of Victory: 0.908 seconds.
Caution Flags: 10 for 44 laps
Lead Changes: 24 among 13 drivers
Lap Leaders:M. Truex Jr. 1-2; Kurt Busch 3-41; M. Bliss(i) 42; M. McDowell 43; R. Sorenson(i) 44; Kurt Busch 45-51; C. Edwards 52-110; Kyle Busch 111; J. Johnson 112-113; B. Keselowski 114-115; C. Edwards 116-138; J. Burton 139-142; C. Edwards 143-176; A. Allmendinger 177-184; K. Harvick 185-194; J. Johnson 195-247; M. Kenseth 248; J. Burton 249-252; M. Kenseth 253-254; J. Johnson 255-300; Kurt Busch 301; J. Johnson 302-353; Kurt Busch 354; J. Johnson 355-358; Kurt Busch 359-400.
Aaa_400
コントロール出来ることは、コントロールしていくよと言っていましたがとの問に「ウエッジとタイヤプレッシャーをいじって最終的にいいマシンに仕上げることができた。」と誇らしげに語る#22 Steve Addington(Crew Chief : Kurt Busch)
Aaa_400_win_228
大事なレースになると言っていましたが見事に勝利ですねとチームの出来について聞かれると、「やるべきことを完璧に遂行出来て素晴らしい一日になった。」
「チェイスで勝利出来るなんてこれ以上うれしいことはないよ、このために頑張って来たんだ。」
「今日を境にいいレースを続けていきたいね。」
チャンピオンも狙えそうですねと聞かれると、「候補として名乗りを上げることは出来たんじゃないかな。」と控えめなコメントのKu.Busch。
でも「僕が勝った翌週の水曜日はシェルのスタンドでこのカードを見せればガロン当たり22セント引きさ、だからこのメンバーカードをお勧めするよ。」とセールスコメントも抜け目なしです。confident
Aaa_400_win_2217
最多リードラップも奪いながらあと一歩及ばずに2位FINISHのJ.Jは「マシンはほぼ互角だったと思うけど最後のリスタートで勝ちを逃したよ。」とコメント。
レース終盤の炎の追い上げも届かず3位FINISHのEdwardsはピットロードでのミスが高くつきましたねと痛いところを突かれると、「気付いてたのかい。?」とまずはジョーク。catface
「最悪のミスだったね、コーションでラップバック出来て良かったよ、勝利を狙える素晴らしいマシンだったのに勝てなかったのは完全に自分のミスさ。」
「ああいうミスで勝利を逃すのは正直つらいね、みんな一生懸命やってくれただけに申し訳ないけど彼らのサポートを支えにして次はいいショーをお見せするよ。」とコメント。
それでも、ポイントスタンディングはHarvickと並んでのトップです。think

| | コメント (0)

2011年10月 9日 (日)

NASCAR SPRINT CUP Rd.28(CHASE RACE 2) TONY STEWART WINS SYLVANIA 300

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.28(Chase Race 2) Sylvania 300の決勝レースはニューハンプシャー州New Hampshire Motor Speedwayで9月25日に開催されました。
New_hampshire_motor_speedway_logo4
いの一番でチェイス後の1勝を物にしたStewart。good
このまま勢いに乗れるか。think
レースの見所を聞かれると、「ここは、トラックの幅は広いけど、取りたいラインは狭いからエキサイティングなバトルになるのさ。」とコメント。
ポールポジションは、#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)。
Sylvania_300_1
レース前のインスペクションで引っ掛った為、#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)は急遽対応をしいられます。
その間もセレモニーは続きます。
ナショナルアンセムは、Natalie Turgeon
Sylvania_300_9
#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)のマシンは、スタートにギリ間に合いクルーに押されてやって来ます。
グランドマーシャルは、Alan Barlow。
フロントローは、#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)と#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)。
レース直前でのセッティング変更を余儀なくされたことに対して「リアのハブが0.8ミリほど規定よりオーバーしていたのがNASCARを怒らせたようだけど乗り越えていくよ。」とコメントする#22 Steve Addington(Crew Chief : Stewart)。
マシンの設定変更のレースに対する影響は如何に。catface
OPENING LAPは#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)が獲得。good
LAP-2に#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をパスして2位浮上。up
LAP-3に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をパスして2位浮上。up
LAP-6に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)が#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をパスして3位浮上。up
LAP-9には本日20番手スタートの#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)が6位と徐々に上がって来てますね。up
LAP-17、#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がラジオコミュニケーションでマシンの状態を嘆いております。
LAP-21に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)は#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)にパスされ11位後退。down
#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)も#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)にパスされ13位後退。down
LAP-48に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew / National Guard)が#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)をパスして8位浮上。up
トラフィックの加減でトップ3の差が無くなってきましまね。
LAP-60にはそろそろルーティーンピットが始まる様です。
ここで、#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)をリードチェンジ。up
LAP-62に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がピットイン。wrench
ここでのピットで#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)がタイヤチェンジで手痛いタイムロスでポジションを落とします。down
New_hampshire_motor_speedway_logo2
LAP-83に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew / National Guard)が#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をパスして7位浮上。up
LAP-84に#36 Dave Blaney(Tommy Baldwin Racing/Chevrolet/Golden Corral / Richie Evans NASCAR Hall of Fame)がエンジンブローで白煙を吹いてピットインしますが、ノーコーション。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をパスして8位浮上。up
LAP-85に#83 Brian Vickers(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)は#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)にもパスされて10位後退。down
LAP-87にデブリーでコーション。impact
LAP-92にステイアウトの2台#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)、#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Degree Men)の順でリスタート。
LAP-96に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Degree Men)をパスして2位浮上。up
LAP-97に#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Degree Men)は#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)にもパスされて4位後退。down
LAP-99には#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser Designated Driver)にもパスされ#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Degree Men)は5位後退。down
LAP-114に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)は#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)をパスして3位浮上。up
LAP-132に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/Ford40MPG.com)が#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)をパスして6位浮上。up
LAP-135に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がリードチェンジ。up
LAP-149にリーダー#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がアンダーグリーンでピットイン。wrench
Completed : 1990
Distance : 1.058 miles
Shape : Oval
Banking : 2°/7° turns
(variable)
1° straights
Frontstretch : 1,500 feet
Backstretch : 1,500 feet
Seating : 93,521
New_hampshire_motor_speedway4
LAP-156に#51 Landon Cassill(Phoenix Racing/Chevrolet/Thank A Teacher Today / Security Benefit)がフラットタイヤでコーション。impact
アンダーグリーンピット前の#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)にとっては願ってもないタイミングで出たコーションですな。confident
LAP-163に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)の順でリスタート。
#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)がリードチェンジ。up
LAP-173に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Affliction Clothing: Live Fast)のスピンでコーション。impact
LAP-178に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)、#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)の順でリスタート。
LAP-217、#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)は自身の紹介VTRの間に#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS "We Love Logistics")をパスして4位浮上しています。up
LAP-218に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)はピットインしていますねぇ。
Sylvania_300_flattire_881
LAP-229に#88 Dale Earnhardt Jr.(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Diet Mountain Dew / National Guard)が#42 Juan Pablo Montoya(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/Degree Men)をパスしたと思ったら突然スローダウン。despair
右フロントフラットタイヤの様です。
LAP-230にリーダーの#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)がようやくピットイン。wrench
14racegallery092611sc911lou_0517
しかしここでアクシデントが発生。bearing
ガス欠寸前で入って来た為、キャブレターに直接給油するハメになり手痛いタイムロス。
LAP-248に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がピットアウトしたところでルーティーンピットが終了。
この時点でのリーダーは#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)、#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)が2番手につけます。
LAP-251に#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)がリードチェンジ。up
LAP-252に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)は#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)にもパスされ3位後退。down
LAP-253には#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)が#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)をパスして3位浮上。up
LAP-267に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)をパスして3位浮上。up
LAP-273に#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)が#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)をパスして6位浮上。up
LAP-274には#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)が#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)をパスして6位浮上。up
LAP-275にその#5 Mark Martin(Hendrick Motorsports/Chevrolet/GoDaddy.com)がピットインします。wrench
どうやら右フロントがフラットタイヤの様です。
LAP-276に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Scotts WinterGuard Fertilizer)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)をパスして12位浮上。up
LAP-280には双方セッテイングがまったく決まらない#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)をインサイドからパスしようとしますが、マシンが横を向き#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/M&M's)のマシンに押し当てて辛うじてスピンを免れます。coldsweats01
もう二人共ヨレヨレです。catface
LAP-285に#4 Kasey Kahne(Red Bull Racing Team/Toyota/Red Bull)がたまらずピットイン。wrench
LAP-289に#11 Mike Ford(Crew Chief : Denny Hamlin)からGOサインが出た#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)が#6 David Ragan(Roush Fenway Racing/Ford/UPS "We Love Logistics")をパスして6位浮上。up
LAP-292に出た#2 Paul Wolfe(Crew Chief : Brad Keselowski)からの指令は多分大丈夫だけどセーブしろというもの。
#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)は現在のポジションをキープの方向です。
LAP-296に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Haas Automation)がピットイン。wrench
LAP-297に#14 Darian Grubb(Crew Chief : Tony Stewart)から“3 to GO”の指令が出されました。
LAP-298に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)がまさかのスローダウン。sad
そして#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)は指令通りに#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)をリードチェンジ。up
ここまで頑張ってきた#33 Clint Bowyer(Richard Childress Racing/Chevrolet/Cheerios / Hamburger Helper)はガス欠でマシンを振りながら走ります。despair
おかげで#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)は労せずして2位浮上。up
Sylvania_300_win_1412
そんな訳で見事なピットストラテジーで#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Mobil 1 / Office Depot)がなんとチェイスに入ってから2連勝で幕を閉じました。goodshinemotorsports
Sylvania_300_win_144
Time of Race: 2 hour, 43 minutes, 13 seconds.
Average Speed: 116.679 mph.
Margin of Victory: 7.225 seconds.
Caution Flags: 3 for 14 laps
Lead Changes: 19 among 15 drivers
Lap Leaders:R. Newman 1-62; J. Gordon 63; R. Smith 64-66; K. Kahne 67-88; M. Martin 89-134; K. Kahne 135-147; J. Gordon 148-157; D. Ragan 158; K. Kahne 159-162; J. Gordon 163-229; B. Keselowski 230; J. Montoya 231-232; B. Vickers 233-236; K. Harvick 237; J. Johnson 238; M. Truex, Jr. 239-241; Kurt Busch 242-245; K. Kahne 246-249; C. Bowyer 250-298; T. Stewart 299-300.
Sylvania_300
Biffleもガス欠ですが、辛うじて3位FINISH。
Sylvania_300_win_1411
昨シーズンのロードンとは一転して最高の結果になりましたねと聞かれて「素晴らしいチェイスのスタートが切れて最高の気分さ、チームも完璧な仕事をしてくれた。」
「チェイスに入って2連勝、これ以上ないスタートだよ。」と満面の笑みで答える#14 Darian Grubb(Crew Chief : Tony Stewart)。
チェイスの2連勝スタートは史上二人目です。
Sylvania_300_win_1414「前戦の勝利で今回はずっと楽に挑むことが出来た、肩の荷が降りた気分さ。」
今シーズンはストレスの溜まる結果が続いていましたが、との問に「チーム全体での方向修正がうまくいったんだと思う、みんな最後まで諦めなかった、それが勝利につながったよ。」
昨シーズンとは正反対の結果に「今のBowyerの気持ちは良く分かるよ、彼のスローダウンを観たときは“Oh No ! じょうだんだろ”って思ったよ。」とStewart。
最多リードラップも奪いながら最後のロングピットでのタイムロスがひびき4位FINISHに終わったJ.Gordonですが、スタンディングは6つ上げて5位です。confident
「あと数周走ってピットインする予定だったのであそこで燃料の限界が来て少し驚いたよ。」
「チームのみんなにとってストレスの溜まる結果になってしまった。」
「それにしてもStewartは本当に燃料セーブが得意だね。」
「同じエンジンだけに自分がもっと上手くやらないといけないね。」と反省の弁のJ.Gordonでした。
棚ぼたとはいえ2位FINISHでスタンディングも自己最高の3位につけるKeselowskiは、「レース中盤でのマシンアジャストが決まったおかげで4位付近まで上がることが出来たからね。」
「TOP2のマシンではなかったと思うだけに2位FINISH出来たのはチームの努力のおかげさ、本当に誇りに思うよ。」と優等生的コメント。
一方らしくないマシンと走りで18位に終わったJ.JはKy.Buschとのコンタクトについて「コンタクトしたけどKyleはクラッシュさせようとしたんじゃないよ、彼にも意地があるからね、あれは“レース終盤のメンタリティ”ってやつさ。」
「その後、もう一度コンタクトしたけどあの時は自分のホイールがロックしてしまったと思う、とにかく必死でハンドルを切ったらクラッシュは回避出来たけどいい一日にはならなかったね。」
「修正して次頑張るよ。」とコメント。

| | コメント (0)

2011年9月29日 (木)

NASCAR SPRINT CUP Rd.27(CHASE RACE 1) TONY STEWART WINS GEICO 400

2011年 NASCAR Sprint cup Rd.27(Chase Race 1) Geico 400の決勝レースはイリノイ州Chicagoland Speedwayで9月19日に開催されました。
Chicagoland_speedway_logo
ポールポジションは、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)。
雨の為に月曜日に順延でスタンドも満員とはいきませんね。catface
Geico_400_chace_member1
いよいよ始まるCASE FOR THE NASCAR SPRINT CUPですが、Ky.BuschとHarvickがそれぞれ4勝で2012ポイントからのスタートになり2011年のポイントシステムでは、断然有利なのは間違いありません。think
Chase_for_the_sprint_cup_2011
Geico_400_jeff_gordon6
さぁ、McKEN-Gのフェイバリット・ドライバーのKu.Buschか、MeKYON-2のフェイバリット・ドライバーのJ.Gordonか、もう誰でもいいからJ.Jを止めてくれ。coldsweats01
どちらにしてもチェイス第1戦はチャンピオンシップ獲得に向けて重要である事には違いありません。
Geico_400_caveman1
グランドマーシャルは、GEICOのコマーシャルキャラクターのThe Caveman。
フロントローは、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)と#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Zecol / Menards)。
#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)は好発進ですが、#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Zecol / Menards)はスタートをミスして#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)にパスされ3位後退。down
そんな訳でOPENING LAPは#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が獲得。good
LAP-11に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)が#27 Paul Menard(Richard Childress Racing/Chevrolet/Zecol / Menards)をパスして3位浮上。up
LAP-31に入ったところでコンペティションコーションが出されます。
ここでのピットで2タイヤチェンジで#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)が+6、#31 Jeff Burton(Richard Childress Racing/Chevrolet/Caterpillar)が+19のポジションアップ。up
LAP-36に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)の順でリスタート。
LAP-38に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして2位浮上。up
LAP-40に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)は#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)にパスされて4位後退。down
LAP-42に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)がリードチェンジ。up
LAP-45に#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)をパスして2位浮上。up
LAP-58に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)をパスして3位浮上。up
LAP-70にデブリーでコーション。impact
LAP-76に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)、#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)の順でリスタート。
LAP-77に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)をパスして2位浮上。up
#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)は#99 にもパスされて4位後退。down
LAP-78に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)をパスして4位浮上。up
LAP-80に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)のマシンがバイブレーションが酷いとのことです。
#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして2位浮上。up
LAP-82に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#9 Marcos Ambrose(Richard Petty Motorsports/Ford/Dewalt)をパスして12位浮上。up
徐々に上げてきていますな。think
LAP-84に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして4位浮上。up
LAP-86に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)がたまらず緊急ピットイン。wobbly
LAP-87に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)、#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)を続けてパスして9位浮上。up
LAP-90に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)は#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)にもパスされて11位後退。down
LAP-91 に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army Medicine)が#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)をパスして4位浮上。up
#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)は#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)にもパスされ7位後退。down
このあと#16 Greg Biffle(Roush Fenway Racing/Ford/3M Filtrete)はフラットタイヤで緊急ピットイン。sad
LAP-105に#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)がリードチェンジ。up
LAP-111には#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)は7位、#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)は8位まで上げています。up
LAP-112に#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)がアンダーグリーンピット。wrench
そろそろスケジュールピットのスタートでしょうか。
LAP-114に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして2位浮上。up
LAP-119に#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)が#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)をパスして2位浮上。up
LAP-122に再び#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#22 Kurt Busch(Penske Racing/Dodge/Shell / Pennzoil)をパスして2位浮上。up
LAP-127に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして4位浮上。up
もうここまで来ましたか。think
Completed : 2000
Distance : 1.5 miles
Shape : D-shaped oval
Banking : 18° turns
11° frontstretch
5° backstretch
Frontstretch : 2,400 feet
Backstretch : 1,700 feet
Seating : 75,000
Chicagoland_speedway2
LAP-137に#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして5位浮上、up
LAP-144に#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして8位浮上。up
LAP-145にデブリーでコーション。impact
ここでのピット#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army Medicine)が2タイヤチェンジでトラックポジションをアップ。up
LAP-151に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army Medicine)、#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)の順でリスタート。
リスタート直後に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がアウトサイドから#99 Carl Edwards(Roush Fenway Racing/Ford/Aflac)をパスして2位浮上。up
LAP-159に#47 Bobby Labonte(JTG Daugherty Racing/Toyota/Kleenex Cool Touch / Clorox)がガレージへ向かいます。
#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)をパスして2位浮上。up
LAP-163に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)がリードチェンジ。up
Geico_400_smoke1
LAP-164に#1 Jamie McMurray(Earnhardt Ganassi Racing/Chevrolet/McDonald's)が白煙を上げてコーション。impact
ここで#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がステイアウトのギャンブルに出た。
LAP-169に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)、#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)の順でリスタート。
LAP-181に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)をパスして2位浮上。up
しかし、リーダーの#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)は遥かに先を走ります。
#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)が#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)をパスして7位浮上。up
LAP-198に#2 Brad Keselowski(Penske Racing/Dodge/Miller Lite)がたまらずピットイン。wrench
LAP-199には#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)が#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)をパスして6位浮上。up
LAP-204に#38 J.J. Yeley(Front Row Motorsports/Ford/Long John Silver's)がウォールにブラッシュでコーション。impact
ここでのピットで#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が−3のポジションダウン。down
LAP-209に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)の順でリスタート。
#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
LAP-210に#39 Ryan Newman(Stewart Haas Racing/Chevrolet/U.S. Army Medicine)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして2位浮上。up
LAP-213にデブリーでコーション。impact
ここで#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がステイアウト。
ステイアウトの後のレースプランを聞かれた#56 Chad Johnston(Crew Chief : Truex Jr.)は「ここで燃料を入れても最後までもたないのでステイアウトした、20〜30周後にコーションが出ればみんなと一緒にピットインするよ。」とコメント。
LAP-218に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)、#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)の順でリスタート。
LAP-223に#11 Denny Hamlin(Joe Gibbs Racing/Toyota/FedEx Ground)がタイヤトラブルで緊急ピットイン。despair
LAP-228に#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)がリードチェンジ。up
#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)は#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)にもパスされて4位後退。down
LAP-234に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)は#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)をパスして3位浮上。up
LAP-238にはついに#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がリードチェンジ。up
LAP-241に#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)がクラッチを切る燃費走行をスタート。
LAP-245に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして2位浮上。up
LAP-251に#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)がリードチェンジ。up
#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)を先に行かせて更に燃料をセーブして走る作戦の#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)。
この時点で#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)との差はかなり開いています。
LAP-253に限界の#56 Martin Truex Jr.(Michael Waltrip Racing/Toyota/NAPA Auto Parts)はピットイン。wrench
LAP-259に#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして2位浮上。up
しかし、#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)との差はかなりあります。
LAP-260にクローザーの#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)が#17 Matt Kenseth(Roush Fenway Racing/Ford/Crown Royal)をパスして3位浮上。up
LAP-262には#48 Jimmie Johnson(Hendrick Motorsports/Chevrolet/Lowe's / Kobalt Tools)もパスする#29 Kevin Harvick(Richard Childress Racing/Chevrolet/Budweiser)は2位浮上。up
さすがクローザー。confident
FINAL LAPに入って#18 Kyle Busch(Joe Gibbs Racing/Toyota/Wrigley's Doublemint)、#24 Jeff Gordon(Hendrick Motorsports/Chevrolet/DuPont)が戦線離脱のピットイン。wrench
Geico_400_win_143
そのままFINAL LAPも#14 Tony Stewart(Stewart Haas Racing/Chevrolet/Office Depot / Mobil 1)が悠々走りきり大事なチェイス第1戦を嬉しい今シーズン初勝利でかざりました。shinegoodmotorsports
Geico_400_win_1422
Time of Race: 2 hour, 47 minutes, 41 seconds.
Average Speed: 143.306 mph.
Margin of Victory: 0.941 seconds.
Caution Flags: 6 for 25 laps
Lead Changes: 22 among 10 drivers
Lap Leaders:M. Kenseth 1-32; J. Yeley 33; Kyle Busch 34-40; Kurt Busch 41-103; C. Edwards 104-115; J. Johnson 116; R. Newman 117-118; C. Edwards 119-145; Kurt Busch 146; R. Newman 147-162; J. Johnson 163-164; B. Keselowski 165-168; J. Johnson 169-204; T. Stewart 205; M. Kenseth 206-208; T. Stewart 209-214; M. Truex Jr. 215-217; M. Kenseth 218; M. Truex Jr. 219-227; M. Kenseth 228-237; T. Stewart 238-250; M. Truex Jr. 251-252; T. Stewart 253-267.
Geico_400
ゴール前、J.J、Kenseth、Newmanもガス欠です。
KensethなんてYeleyに押してもらってるもんね。coldsweats01
Geico_400_win_1414
「クルーもStewartもよくやってくれたので燃料セーブに成功して勝利を物にすることができ、最高のチェイスのスタートさ。」と誇らしげに語るのは#14 Darian Grubb(Crew Chief : Stewart)happy01
Geico_400_win_1423
見勝利のままチェイスに入りましたが、燃料セーブも上手くいきガス欠で脱落していくライバルたちもあり、見事に3位FINISHのDale.Jr.
レース終盤、燃料をセーブするライバルを尻目にクローザーの名に恥じない見事な走りで2位FINISHのHarvickは満足気ですな。confident
大事なチェイス第1戦を勝利したのに意外とクールなStewart。think
Dale.Jr.と同じくチェイス前は未勝利ながらチェイスに入った途端に勝利するとは役者ですなぁ。
でもこれで、スタンディングも2位につけてこれ以上ないスタートダッシュを決めましたね。confident

| | コメント (0)

より以前の記事一覧